商店街

純「…あ!梓~!」

憂「梓ちゃん~」

梓「憂、純」

純「いたいた!」

憂「久しぶりだね」

梓「そうだね」

純「さて、久しぶりに会う約束したんだし、どこ行こうか」

憂「洋服屋さんでもいく?」

純「おお!それいいね!」

憂「梓ちゃんはいい?」

梓「私はどこでも。憂と純に久しぶりに会えて嬉しいし」

梓「…」

憂「…」

唯先輩が私達と活動しなくなってもう1ヶ月か…

憂は唯先輩と毎日家で会ってるはずだよね…

憂は唯先輩が放課後ティータイムとしての活動をしてないって知ってるのかな…?

後で聞けたら憂に聞いてみよう

純「…お!ここの店とかどう!?」

憂「色んな服が置いてありそうだね」

梓「ここ寄って行こうか」

純「そうだね!」



喫茶店

純「ふう。今日はいろいろ買い物しちゃったね」

梓「もう。純ったら服とか買いすぎだよ」

純「久しぶりに梓と憂に会えたからさー」

梓「それ、あんまり関係ないよ」

憂「ふふ。梓ちゃんも純ちゃんも高校から何も変わってないね」

純「何それ?誉めてるのか馬鹿にしてるのかよくわからない」

梓「憂なりに誉めてるんだと思うよ」

純「…!あ。そういえばさあ、唯先輩のことだけど」

憂「…!」

純「最近なんかいっぱいテレビ出てるよね」

梓「そ、そうだね…」

純「デビューシングルも1位取ったんだよね。凄いよね~」

憂「う、うん…」

純「…どうしたの憂?嬉しくないの?」

憂「もちろん!凄く嬉しいよ!」

純「でもなんか嬉しそうじゃないよ…」

梓「う、憂にもいろいろあるんだよ!わかてたげなよ純!」

純「ん?あ、ああ…」


純「じゃあ。憂、梓。またね~」

梓「うん。また今度遊ぼう」

憂「今日は楽しかったよ。純ちゃん」

純「私もだよ!また今度いつか会おうね!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



憂「…じゃあ、梓ちゃんもまたね」

梓「ちょっと待って。憂」

憂「ん?どうしたの?」

梓「聞かせてほしいんだけど…。唯先輩の事、どこまで知ってるの?」

憂「…!!」

憂「お姉ちゃんの事…」

梓「うん。最近、唯先輩は沢山テレビに出てる。一人でね」

憂「…私、できるんなら放課後ティータイム5人をテレビで見たかったんだよね」

梓「憂…」

憂「…知ってるよ。お姉ちゃんが今こんなに忙しい理由」

梓「知ってるの!?」

憂「…うん。梓ちゃんに話すよ。お姉ちゃんには黙っててほしいって言われてたけど」

梓「え?べ、別に無理して話さなくてもいいんだよ」

憂「無理してなんかないよ。私は、梓ちゃんに…律さんにも澪さんにも紬さんにも…この話は知っておいたほうがいいと思ったから…話すよ」

梓「憂…」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

梓「島田紳助…ヘキサゴンとかの番組やってる人だよね」

憂「うん。…お姉ちゃん、沖縄の海を一人で歩いてた時に偶然その人と知り合ったんだって」

梓「うん…」

憂「紳助って人。お姉ちゃんの性格と考えが気に入ったみたいなの」

梓「へえ…」

憂「それで、紳助さんの番組に出て、紳助さんにデビューシングル出させてもらって…」

梓「それで人気者になったんだ」

憂「うん。…あと」

梓「あと?」

憂「紳助さんに、最初にヘキサゴンに出る時の事…他のメンバーには言わないように口止めされてたらしいよ。お姉ちゃん…」

梓「えっ!?」

梓「それで唯先輩はあの時、誰にも言わずに…」

憂「あと、この前嬉しそうに言ってたんだけど…最近は紳助さんが司会じゃない番組にも出られるようになったって」

梓「それまでは紳助さんがやってる番組だけに出てたんだよね」

憂「うん。…お姉ちゃん。紳助さんにこう言われたみたい。『俺の番組以外に出られるってことは芸能界で完全に人気者になったって証拠』って」

梓「うん…」

憂「それでお姉ちゃん…最近は忙しくて…でも嬉しそうで」

梓「人気者になれたからだね」

憂「でもさ…最近お姉ちゃんが出てる番組って、トーク番組とかばかりで…。歌を歌ってるお姉ちゃんは全然テレビで見れないんだ…」

梓「…唯先輩は歌手なんだから、せめて歌ってて欲しいよね」

憂「うん!そうだよね!…私、ずっとそう思ってるんだけどお姉ちゃんに言えなくて…」

梓「…まあ、言えないよね」

憂「私が知ってるのはこれくらいかな…」

梓「うん。話してくれてありがとう。憂」

憂「どういたしまして。…この話。律さん達にも話してほしいんだ」

梓「いいの?」

憂「うん。いいよ。律先輩達も知るべきだって思うから…」

梓「わかった。今度律先輩たちに会った時、話しておく」

憂「ありがとう。梓ちゃん…」



数日後

事務所の部屋

澪「…そんなことが」

梓「はい。憂が全部話してくれました」

紬「唯ちゃん…その紳助って人に使われてるんじゃ…」

律「私もそう思う。…でも、人気者になったのは事実だけどな」

澪「…またニュースで見たんだけどさ。2枚目のシングルも来週に発売するらしいぞ。唯の奴…」

律「…唯の奴はその気ってことか」

梓「…」


ガチャ

律「ん?…!」

唯「やあみんな~。久しぶり…」

紬「唯ちゃん!!」

梓「唯先輩!!」

唯「みんな、元気そうだね」

律「…なんだよ。私達の事なんてもう知らないんじゃなかったのか?」

澪「ちょっと律!そんな言い方!」

唯「…私さ。今、沢山の番組に出てるんだよ」

澪「ああ…。そうみたいだな」

唯「私が出てる番組、何か見てくれた?まあ、テレビ見てれば私が出てる時代だよね」

紬「…」

律「なんだよ。自慢しに来たのか?」

唯「…相談だよ」

梓「相談?」

唯「りっちゃん達に最後のチャンスをあげに来たの」




5