唯「はあ。奇麗な海だな~」

スタスタ

唯「…」

唯「…人気者に…なりたいなあ…」

唯「こんな小さな事ばっかやってるのは嫌だよ…」

唯「りっちゃん達はそうは思わないのかなあ…」

「おい。お譲ちゃん…ちょっとええか?」

唯「ん?」

「俺の事…知ってるか?」

唯「…!!あ!!!テレビに沢山出てる…!ヘキサゴンとかやってる人!!!」

紳助「そうや。知っとるかあ」

唯「な、なんでこんなところに…」

紳助「さっきのライブ。見てたんや」

唯「え!?見てたんですか!?」

紳助「ああ。人気者になりたいんやってなあ」

唯「は、はい…」

紳助「お譲ちゃんの話聞いたら涙出てきたわあ。苦労してがんばってるんやってなあ。素敵やん」

唯「あ、ありがとうございます」

紳助「あのな。ここだけの話なんやけど…おじさんが人気者にしてやろうか?」

唯「えっ!?」

紳助「俺、お譲ちゃんの事気にいったんねん。結構バラエティもイケる思うんやけど」

唯「バ、バラエティ番組…」

紳助「そうや。えーと…グループ名なんて言うてったけ」

唯「放課後ティータイムです」

紳助「そうや。放課後ティータイムや。どっかの事務所は入っとるんやろ」

唯「は、はい。一応…」

紳助「だったらもう芸能界入っとるやん!どうや?俺の番組出てみないか?」

唯「え…。紳助さんの番組?」

紳助「そうや。まずヘキサゴンかなあ」

唯「え!?ヘキサゴンに出れるんですか!?」

紳助「うわ。目光りだしたなあ。だったらオーケーって事でええんか?」

唯「…で、でも」

紳助「どうした?何か不満なことがあるんか?」

唯「私達…バンドだから、演奏とかしたいなーって…」

紳助「演奏とばかりはいかへんけど…歌なら歌わせてあげるで」

唯「本当ですか!?」

紳助「ああ。さっきのライブやとボーカルやったやろ」

唯「はい」

紳助「だったらソロで歌いなはれ。俺が作詞してやるから」

唯「作詞してくれるんですか!?」

紳助「ああ。お譲ちゃんのためならなんでもするで。もうさっきの話で涙して涙して…」

唯「紳助さん…」

紳助「で、俺の番組出てくれるか?」

唯「…わかりました!出ます!!」

紳助「素敵やん」



お土産屋

梓「両親へのお土産にこのストラップとかどうですかね?」

紬「いいと思うわよ。私も何か探さなきゃ」

澪「…それにしても唯の奴遅いな。何やってるんだろ」

律「海をゆっくり散歩してるのか…それとも…」

澪「それともってなんだよ」

律「行ってみただけー」

澪「ったく」

唯「あ。みんな~」

梓「唯先輩!」

律「おお。来たか」

澪「随分遅かったな」

紬「何かあったの?」

唯「え!?…ああ…何もなかったよ!」

律「ならいいんだけど」

梓「唯先輩もお土産買って行ったらどうです?」

澪「憂ちゃんに何か買ってやったらどうだ」

唯「そうだね!憂が好きそうなのを買っていくよ!」

律「私も何か買うか」

唯「お土産~。お土産~」

梓「…」

唯先輩が何かを隠してると感じたのは私だけではないハズ…

そう思う中、沖縄の仕事は終わり…私達は帰りました



数週間後

律「今週も仕事は一つだけだ」

澪「今週もか…」

唯「あ、あの!」

律「ん?なんだ唯?」

唯「その仕事って…金曜日じゃない!?」

律「ん?ああ…火曜日だけど」

唯「よかった…」

紬「どうしたの?唯ちゃん」

梓「金曜日、何か予定とかあるんですか?」

唯「え!?ま、まあちょっとね!」

梓「(やっぱり…何かおかしいです)」




唯「じゃあ、みんな。また明日ね~」

律「おお。じゃあな~」

梓「…」

澪「さて、私達も帰るか」

紬「そうね」

梓「あの…皆さん。ちょっといいですか?」

律「なんだ?梓?」

梓「唯先輩の事なんですけど…」

律「…!」

澪「唯の…」

紬「…」

梓「やっぱり皆さん。思ってたんですね。唯先輩が何かを隠してるって」

澪「…あのさ!その辺の喫茶店で話さないか?」

紬「そ、そうね!」

梓「…わかりました」



喫茶店

梓「…で。皆さんどうですか?」

律「まあ、私も思ってたよ。唯が隠し事してること…」

澪「ちょうど、沖縄行った時に私達が唯と別行動してた時だよな」

紬「その後から唯ちゃん。何かおかしかったもんね」

梓「そうですよね…。唯先輩は私達に隠し事するような人じゃないです」

律「私もそう思ってる…。唯に何があったんだろうな…」

紬「…もしかして。唯ちゃん、一人で海にいた時に誰かと会ったんじゃないかしら?」

澪「誰かと?」

紬「その誰かに何か話されて黙ってるよう言われてるとか…。まあそんなことあるわけ」

梓「ありえますね」

紬「えっ?」

梓「ムギ先輩の言うことが正しければ唯先輩のあの様子はなんとなくわかります」

律「でも誰にだ?沖縄の人か?」

梓「そこまではわかりませんよ」

澪「唯にそのまま聞くのもなんかなあ…」

梓「もう少し唯先輩の様子を見てみましょう。落ち着いたら、唯先輩に聞くとか」

澪「そうだな…」

律「唯もなんかいろいろ考え事あるみたいだしな。そっとしておこう」

梓「はい」

こうして、私達は話を終えて喫茶店を出ました



数週間後

澪の家

ヴーン ヴーン

澪「…ん?律から電話?」

ピッ

澪「もしもし。なんだ?」

律『み、澪!テレビ見てるか!?』

澪「テレビ?今は見てないけど」

律『今すぐテレビつけて見ろ!』

澪「え?…ああ」

律『フジテレビにしてみろ!』

澪「ああ…」

カチ

澪「…んなっ!?」

紳助『ほら唯ちゃん早く抜けなあかんて』

唯『えへへ~。ごめんなさい~』

品川『こりゃ凄い新人来ましたねー』

紳助『そやろ。…じゃあマッキー次の問題頼むわ』

唯『ヘキサゴン!』

紳助『ヘキサゴン言うの早すぎやて』

アハハハハハハ

品川『唯ちゃん面白いですね~』

澪「…こ、これは…!?どういう事だ!?」

律『私も何が何だかわからないんだよ…。たまたまテレビ見てたら唯が一人で出てて…』

澪「私達にも黙ってか!?」

律『…今度唯に会った時に聞いてみよう』

澪「ああ…」

律『じゃあな』

ピッ

澪「…」


紬の家

紳助『唯ちゃん親太郎といい勝負やて~』

唯『えへへ~』

紬「唯ちゃんがヘキサゴンに…!?」


梓の家

梓「ゆ、唯先輩…」

紳助『じゃあ今日のクイズはここらで終わりやな』

紳助『じゃあエンディングに唯ちゃんに歌って貰おうか』

唯『はーい!』

ナレーション『カシアス島田作詞の期待の新人。平沢唯のデビューシングルです!』

梓「ゆ、唯先輩のデビューシングル!?」

『ジャジャジャー♪』

梓「唯先輩…ソロで歌ってる」

梓「…メジャーデビューする時は放課後ティータイム5人って決めてたのに…」

梓「唯先輩…」




3