校庭

ダブル「何考えてるんですか!?」

ルナ「私は唯ちゃんに自由に生きて欲しいのよ」

ダブル『それが、他の人の幸せを壊す事になってもですか?』

ルナ「唯ちゃんが幸せなら良いわ」

ダブル「メモリの毒素……酷いもんだね」

ダブル『何にせよ、早く屋上に戻らなきゃ!』

ダブル「オッケー!」

その時、ダブルの足元に小さなメダルがぶつかった。
それを拾い上げるダブル。

ダブル「何これ?」

?「あ、それ私のなんだよ!!」

持ち主らしき、小柄な少女が近付く。
梓達より少し年齢の低そうな少女は、なぜかシスターの格好をしていた。

ルナ「誰? 可愛い子ね、嫌いじゃないわ」クネクネ

ダブル「あなたの……? はい」

メダルを投げ渡すダブル。

?「わ、わ! ありがとうなんだよ!」

ダブル「何でも良いけど、危ないから逃げてて」

?「心配してくれてありがと。でも、逃げるのはこいつをやっつけてからなんだよ」

ダブル「へ?」

そう言って少女はベルトを取り出し、持っているメダルをはめていく。

?「変身!」

タカ! トラ! バッタ! タ・ト・バ! タトバ! タトバ♪

ダブル「変身した!?」

ダブル『上下三色……お姉ちゃん喜びそう』


ルナ「あなたは何者?」

オーズ「オーズ、仮面ライダーオーズなんだよ」

ダブル「仮面ライダー……」

オーズ「ほらほら、ここは任せて、先に行って良いよ」

ダブル「……誰だか知らないけど、ありがとう!!」

オーズ「ライダーは助け合いなんだよ! 今度お腹いっぱい食べさせてくれたら嬉しいな!」

ルナ「おっしゃる通りだわ!」

触手を掻い潜り、突き進むダブル。

オーズ「君の相手は私なんだよ!」

オーズのキックが、ルナの体勢を崩す。

ルナ「可愛くて強いのね! 嫌いじゃないわ!」

その隙に呼び出したバイクで屋上へ向かうダブル。

ルナ「嫌いじゃないわー!!」

オーズ「さっさと決めて、夕飯までに帰るんだよ!」

オーズ「は! でやっ! せいやーー!!」

ルナ「うぐぐ……」

バッタの脚力を活かした攻撃でルナを追い詰めるオーズ。

オーズ「他のメダルの力は、また今度みせてあげるかも」

手にした剣、メタジャリバーにメダルを入れていく。

オーズ「はあぁぁ……でやーーー!!」

空間ごとルナを斬り裂き、やがて空間だけが元に戻っていく。

ルナ「唯ちゃーーーーん!!」

大爆発を起こすルナ。

オーズ「後は任せたんだよ、仮面ライダーダブル」



屋上

エターナル「エネルギーは溜まってるんだ、切り落とせば……」

ダブル「そうはさせない!」サイクロン! メタル!

ハードタービュラーから飛び降りると同時に、メタルシャフトで突きを放つ。

エターナル「しつこい!」

ダブル「悪かったですね!」ルナ! メタル!

エターナル「コロコロ変わらないでよ!」

ダブル「そういう能力なんです!」ルナ! ジョーカー!

エターナル「この!」

ダブル「逃がさないですよ!」ルナ! トリガー!

エターナル「あぐっ!!」

ダブル「まだまだ!!」サイクロン! トリガー!

エターナル「接近戦で!」

ダブル「ほいさ!」ヒート! トリガー!

エターナル「うぐあ!」

ダブル「どりゃーー!!」ヒート! ジョーカー!

エターナル「この……あずにゃんと憂のくせに!」

エッジで切りつけるが、銀色の装甲に弾かれる。

ダブル「そんなナイフ、効きません!」ヒート! メタル!

ダブル『エクストリームで勝負だよ!』

エクストリームメモリを呼び出し、変身するダブル。

ダブルX「プリズムビッカー!!」

ダブルX「もうエターナルメモリは効かないですよ!」

エターナル「だったら!」ゾーン! マキシマムドライブ!

ゾーンの力で自身に残りのメモリを集めるエターナル。
全てのマキシマムを発動させ、緑の光に包まれる。

エターナル「メモリの数が違う……私の勝ちだ!!」

ダブルの足元を斬り裂く。
校舎が削れ、真っ逆さまに落ちていくダブル。

ダブルX「うわーーーー!!」

エターナル「あーはっはっは!!」

ダブルX「ここまでなの……?」

ダブルX『そんな……』



~~~

律「よぉ」

澪「……」

紬「目が覚めた?」

律「メモリ持ってる時は唯が正しい気がしてたけど」

澪「やっぱり、ダメだよな、こんなの」

紬「そうね……生きている限り、時間は進む物だもの」

和「まったく、迷惑掛けて」

律「すまぬ」

和「反省してるなら」

和の視線の先には落ち行くダブルが。

和「応援してあげたら?」

澪「そうだな……」

紬「そうね、もう唯ちゃんを止められるのは、あの二人だけだものね」

律「よっしゃー!!」

律「梓ーー!! 何とかしろーー!!」

澪「憂ちゃん! お願い!」

紬「二人ともー!! 頑張ってーー!!」



~~~

姫子「やっぱり私、学校壊してほしくない!」

いちご「授業だって、大事な思い出だもんね」



~~~

純「梓ーー!! 憂ーー!! 負けないでーー!! 後で謝るからーー!!」

さわ子「そうよ! 私の代から思い出が詰まってるのに、壊されてたまるもんですか!!」

~~~



和「……行きなさい!! そして唯の目を覚まして!!」





ダブルX「これは……声……皆の声が……」

ダブルX『私達に、力を!!』

エクストリームメモリの中心に声が風となって集まり、ダブルが黄金色に輝く。
その背には、マフラーの様な三対の羽根が生えていた。

ダブルGX「はっ!!」

飛び上がるダブル。

エターナル「本当に……しつこい!!」

マキシマムの力を全て光弾に変えて放つ。
巨大な光弾に、両足を揃えた飛び蹴りの姿勢で一直線に飛び込んでいくダブル。

ダブルGX「うおおおおお!!」

回転し、光弾を消し飛ばす。

エターナル「嘘!?」

ダブルGX「だーーー!!」

ダブルのキックが、エターナルに炸裂する。

エターナル「こ、このままじゃ……」

ダブルGX『そう、卒業しなきゃいけなんだよ……』

エターナル「卒業するのは……久しぶりだな……ごめんね憂、あずにゃん……世話掛けてばっかり……」

ダブルGX「……てやーーー!!」

爆発し、砕け散るエターナルメモリと25本のメモリ達。
変身の解けた唯を抱え、校庭に降り立つダブル。
既にその姿は通常のエクストリームに戻っていた。



和「お疲れ様」

ダブルX「終わりましたよ」

少し削れた校舎を見上げるダブル。

ダブルX「すぐに、直るよね?」

ダブルX『大丈夫だよ……きっと』



夜。グラウンドで花火に興じる唯達。

梓「良いんですか?」

さわ子「いーのいーの、あなた達は学校を守ったヒーローなんだから」

唯「そーそー」

和「あんたが言う?」

唯「う、ごめんなさい」

和「まったく」

律「ロケット! マキシマムドライブ!」

澪「人に向けるな!」

紬「あらあら」クネクネ

純「結果的にしばらく授業は潰れたね」

憂「どさくさに紛れて先生を倒した人がいたらしいね……」

律「へっくし!!」


唯「皆楽しそうだね」

憂「お姉ちゃんはこんな日常を壊そうとしたんだよ? めっ!」

唯「ごめんなさい……」

憂「ま、メモリの影響って事で……今度だけは許しちゃう」

梓「私は……許しません」

唯「あ……」

梓「でもまぁ、今後の練習態度しだいでは、考えましょう」

唯「あ、あずにゃん!」

梓「抱きつかないで下さい! 暑い!」

唯「ふふ……二人とも、私よりよっぽど大人だね」

憂「そうだよー、お姉ちゃんも成長しないと置いてくよー」

唯「がーん」

梓「……やれやれ」

ボクノココロニヨワサハスミツイテタ~♪



おわり