唯「桜ケ丘高校の生徒諸君、我々は軽音部……放課後ティータイムである」

唯「学業という呪縛に囚われた哀れな君達を開放しに来た」

唯「我々には25本のガイアメモリと、音波兵器エクスギー太がある、いかなる武力の干渉も無意味だ」

唯「残る最後の一本のメモリを持って来た者には……ケーキ十個を与えよう」

唯「軽音部への入部も検討しよう」

唯「それでは生徒諸君、検討を期待する」



~~~

部室

和「放送室乗っ取って何やってるのあの子は」

憂「お姉ちゃん……」

梓「変な機械を拾ってから、先輩達はおかしくなっちゃったです」

和「大袈裟な冗談でしょ、誰も本気になんか……」

憂「あ! 校庭を見て下さい!」



~~~

純「ケーキ! ケーキ! 入部! 入部!」

姫子「何か解んないけど、授業は無くなってほしいな」

いちご「唯ちゃん達、面白い事してるねー」

~~~



和「あらら……」

梓「こ、このままじゃ」

憂「桜ケ丘はおしまいだ……」



放送室

唯「宣戦布告完了っと」

紬「お疲れ様、唯ちゃん」クネクネ

唯「ここからが本番だよ、きっと邪魔が入るはず」

律「つーかよ! 唯だけドライバー持っててずるいぞ!」

唯「拾ったんだからしょうがないよ」

澪「……」

唯「きっとロス太と私は引き合う運命だったんだよ~」

律「運命って……まぁ確かになんか引き合うものはあるけどさ」

唯「さて、じゃあちょっと行って来るね」

紬「どこに?」クネクネ

唯「邪魔者になりそうな人のとこ……あとは勧誘かな」

澪「ゲームスタート」



部室

憂「なんとかしないと……」

梓「どうやって?」

和「唯達が探してる最後の一本、それが逆転の鍵になるかもしれないわね」

梓「でも全校生徒相手じゃ数が違い過ぎますよ」

憂「なんとか話し合いで解決出来ないかな?」

梓「それも多分……無理かな」


ガチャ

さわ子「揃ってるわね」

梓「先生!」

さわ子「唯ちゃん達に対抗出来る切り札、あなた達なら適任よ」

和「そもそも先生とか警察……」

さわ子「無理無理、エターナルには勝てないわ」

梓「警察に無理だったら私達なんかに」

さわ子「大丈夫、これを使って」

和「ベルトと……ガイアメモリ?」

さわ子「そもそもガイアメモリって私の知り合いが開発した物なのよね」

さわ子「なんで学校にばら撒かれてるのかは知らないけど、知り合いを捕まえて同じ物を貰って来たわ」

さわ子「これを使って梓ちゃん達も戦うのよ!」

梓「……これで警察が戦えば良いんじゃないですか?」

さわ子「メモリとの相性の関係で、若者のが良いらしいのよ」

梓「ご都合主義な」

さわ子「こっちは梓ちゃんと憂ちゃん用で、こっちは和ちゃん用ね」

さわ子「唯ちゃん達の物に比べたら旧式だけど、大事なのは中身よ!」

憂「……」


憂「私、やります!」

梓「憂?」

憂「お姉ちゃんを止めるのは、私の役目だと思うから」

和「……そうね」

憂「私と相乗りして、梓ちゃん!」

梓「……解ったよ」

さわ子「決まりね!」

和「そうと決まったら、早速放送室に乗り込みましょう。卒業も近いのにアホやってる場合じゃないわ」

梓「はい!」



廊下

和「にしても、唯達の目的は何なのかしら?」

梓「言った通りじゃないですか? 授業を潰したい」

和「そんな単純な……いや、唯らしいっちゃらしいわね」

憂(そうかなぁ、きっとお姉ちゃんには別の何か……)

姫子「和!」

和「あら姫子にいちご」

いちご「助けて……」

和「へ?」

姫子「唯ちゃんに渡されたメモリ……勝手に体に入って……」ウェザー!

いちご「ああ……」ナスカ

和「ひ、姫子! いちご!」

梓「やるしかないっぽいですね」

憂「うん!」サイクロン!

梓「いくよ、憂!」ジョーカー!

梓憂「変身!」サイクロン! ジョーカー!


ダブル「おお!!」

ダブル『私の体倒れちゃってるよ~!!』

ダブル「うへぇ……頭の中で憂の声がする」


和「へぇ……私のはどうなるのかしら」アクセル!

和「やっぱり言わなきゃダメよね……変……身っ!!」

ダブル(ノリノリじゃないですか)


アクセル「真っ赤……」

ウェザー「……」

アクセル「姫子は私がやるから、いちごをお願い!」

ダブル「任されました!」

ナスカ「……」


ダブル「さぁ、いきますよ!」ダッ!

ナスカ「……」ヒョイ

パンチを放つも、左右の動きがチグハグで軽くかわされる。

ダブル「ちょ、ちょっと憂! 勝手に動かないでよ!」

ダブル『そんな事言われても……つい』

ダブル「体は私なんだから、私に任せて!」

ダブル『う、うん!』

ダブル「おりゃー!!」

ダブルの攻撃を飛んでよけるナスカ。空中からの攻撃に翻弄されるダブル。

ダブル「ず、ずるい!」

ダブル『ハーフチェンジだよ!』

ダブル「何それ?」

ダブル『これ!』トリガー!

ダブル「おお、銃が出た!」サイクロン! トリガー!

ダブル「でも校内で撃ったら不味いんじゃ……」

ダブル『ならこうだ!』ルナ! トリガー!

ダブル『これでナスカだけを撃てるはずだよ!』

ダブル「うん!」

ナスカ「……!!」

ルナトリガーの銃撃により叩き落とされるナスカ。

ナスカ「超高速!!」

ダブル「逃がさない!!」トリガー! マキシマムドライブ!

ダブル「いっせーの……」

ダブル『で!!』

ダブル「トリガーフルバースト!!』

ナスカ「……!!」チュドーン


いちご「……」

ダブル「ふう」

ダブル『決まったね』





2