オーズ(唯)「…ふんすっ!」キッ…

カザリ『そんな…』

メズール『…そう、それが答えね。わかったわ』

ウヴァ『ちっ!』

メズール『今後はあなたのことを敵と見なし、全力で潰しにかかるわ。仮面ライダーオーズ』

オーズ(唯)「望むところだよ、悪いやつは全部残らず私が返り討ちにしちゃうから」

メズール『あら、頼もしい…。よかったわね、アンク。素敵な助っ人ができて』

アンク『言ってろ…だがなメズール。お前らが油断できるのも今だけだと思え。こいつは強くなるぜ、確実にな』

オーズ(唯)「アンク?」

メズール『…ふふ、その時を楽しみに待っているわ。今日のところは引きましょう? ウヴァ、カザリ』

ウヴァ・カザリ『……』

ウヴァ(唯…やれるもんならやってみろってんだ! 私はお前を全力で潰す!)

カザリ(唯先輩の…裏切り者、わからず屋…ばか!)

ジャラジャラジャラジャラ…




オーズ(唯)「…ふぅ」ペタン

アンク『お前にしては中々だった』

オーズ(唯)「ど、どうしよっ…腰抜けちゃったよぉ…えへへ」

アンク『…やっぱり馬鹿か』

オーズ(唯)「ところで゛仮面ライダーオーズ゛ってなーに?」

アンク『さぁな、お前のことだろ』

オーズ(唯)「仮面…ライダー」ボー…

アンク『…ところで、お前。ヤミーのことは忘れていないだろうな?』

オーズ(唯)「あ…ああぁぁっ!! 忘れてた! は、早くなんとかしないと!!」

オーズ(唯)「って、純ちゃんがいないよ!?」

憂(アンク)「メズール…さっき退散したときにあの女を連れていきやがったな」

憂「だがまぁ、安心しろ。こんなこともあろうかとタカカンドロイドであの女を見張らせてある」

オーズ(唯)「さっすがアンク! それじゃあ急いで追おうよ! バイクならすぐに追いつけるはず…」

憂「…唯、お前。俺のことはもうどうでもいいんじゃなかったのか? 信用してないんじゃなかったのか?」

オーズ(唯)「……正直、信用はしてないよ。でもメダル集めの時ぐらいはアンクうそつかないもん。それから…」

オーズ(唯)「困っている人がいるならどうでもよくないよ。アンクはメダルがなくて困ってるんでしょ? それじゃあ助けるに決まってるじゃん! ね!」

憂(こいつ…本当に…)

憂(使える馬鹿だ…!)ニヤ




港!

純「うう…ううう…!」ムシャムシャ…バク…バク…

…ピキッ

メズール『さぁ、いよいよ生まれるわ。しっかりメダルを集めてもらうわよ』

ピキピキピキピキ…


ブウウゥゥゥーン! キキィーッ!

オーズ(唯)「純ちゃん!」

憂「メズール! 残念だったな。手塩にかけて育ててきたお前のヤミーどもはぶちのめさせてもらう!」

メズール『あら、早いわね。もうこの場所がわかったなんて…』

タカカンドロイド『キィー!』

メズール『…そう、余計な鼠が着いて来ていたのね。どおりで…』

メズール『まぁ、いいわ。どのみち卵の孵化は始まったのだもの』

ピキピキピキピキ…ピキッ

純「ばくばく…むしゃむしゃ…」

オーズ(唯)「純ちゃん! それ以上食べちゃダメだよー!!」

憂「もう遅い…来るぞっ」

ピキピキピキピキ、バリーン!!

ロブスターヤミーs『グギョギョギョギョッッッッッ』

ワラワラワラワラ…

オーズ(唯)「な、なにあの数!? 1、2、3、4…か、数えきれないよ!? 何匹!?」

憂「とにかくいっぱいだ。数える必要はない!」

純「う、うぎゃあああ!! 化物おおおぉぉ!!! …う、う~ん」バタリ…

オーズ(唯)「純ちゃん! よ、よかった。気絶しただけみたい…どこか安全なとこに移さなきゃ!」タタタ…

憂「おい、唯! くそっ、あいつはまた勝手に…!」

メズール『ふふ…それじゃあ、アンク。せいぜい頑張りなさいな』ジャラジャラジャラ…



憂「ちっ…唯!」

オーズ(唯)「ご、ごめん! 今安全なところに純ちゃん置いてきたから!」

ワラワラワラワラワラ…

ロブスターヤミーs『ギヂヂヂヂヂヂヂヂイイイイイィィィィ…』ワシャワシャ

オーズ(唯)・憂「……」

オーズ(唯)「…あんなにいっぱい…倒せるの? ほんとに…」

憂「…ああ、お前次第だ。唯」ス

オーズ(唯)「そのメダルは?」

憂「クワガタとカマキリのメダル。…こいつを今お前が装備している頭部と腕部のメダルと交換することでお前は昆虫系のコンボ形態へ変身することができる」

オーズ(唯)「…へー、スゴいの? それ」

憂「…まぁな」


オーズ(唯)「…アンク、メダル渡して」

憂「構わないが、どうなっても知らんぞ」

オーズ(唯)「対策あるって言ったのアンクじゃん…これしか手段がないっていうのならやるっきゃないよ! やるしかないよ!」

憂「…ほらよ」

オーズ(唯)「ありがと、アンク」

憂「死んでもメダルなくすなよ。ベルトもな」

オーズ(唯)「…ちぇ、はいはい」

憂「…まぁ、死なない程度にせいぜい頑張るんだ。唯」

オーズ(唯)「……い」カシャ…チャリン、チャリン

オーズ(唯)「いくよ!」キン、キン、キン!


クワガタ! カマキリ! バッタ!

ガータ・ガタガタキリッバ! ガタキリバッ!


オーズ・ガタキリバ(唯)「……」バチ、バチバチ…バチィ…ジジジ

憂「精一杯暴れてこい。唯」ニヤ


オーズ・ガタキリバ(唯)「わああああああああぁぁぁぁぁぁぁっっっ!!!」ドドドドド

ロブスターヤミーs『ギギチヂヂヂイイイィィィ!!!!』グオオオオオ!

オーズ・ガタキリバ(唯)「ああああああ!!!」…ブゥン、ブゥン、ブゥン

オーズ・ガタキリバ(唯分身s)「「「「「わあああああ!!」」」」」ドドドドド


憂(ガタキリバコンボの固有能力、分身…この大量のヤミーどもを相手にするなら打ってつけのコンボだな)


ロブスターヤミーs『ギャアアアオオオオオオオウウウウウ!!!!』ガブッ、ザクッ

オーズ・ガタキリバ(唯&分身s)「「「「「やああっ! てぇーい!! そりゃあぁっ!!」」」」」スパァン、ザシュゥッ、ドカン!

オーズ・ガタキリバ(唯)(はぁ、はぁ、はぁ…! まだ…まだまだだよっ…!)

オーズ・ガタキリバ(唯分身s)「「「「「たあぁぁっっ!」」」」」ズバァァァァンッッ!

ロブスターヤミーs『ギチチチチイイイイイ…!?』シュゥゥ…

オーズ・ガタキリバ(唯)「はぁ、はぁ…もう……1匹…!」

オーズ・ガタキリバ(唯)「…っ……!?」クラ…

…ガッ!

オーズ・ガタキリバ(唯)(ま、まだ倒れるわけには…いかないんだよ! まだ…!)

ロブスターヤミー『ギギギギギギギギギイイイイイイアアアアア!!』グオオッ!


憂「ラストだ! 唯、決めてやれ!」


オーズ・ガタキリバ(唯)「わああぁっ!」スキャニングチャージ!

オーズ・ガタキリバ(唯分身s)「「「「「ふんすっ」」」」」スキャニングチャージ!

シュッ…

オーズ・ガタキリバ(唯&分身s)「「「「「ひっさつぅぅ…ガタキリバキック!! せいやぁーーーーっっっ!!!」」」」」ゴオオォォオオッッ!

ロブスターヤミー『グ…グゲゲ…グゲエエエーーーーーーッ!!?』ドカーン!



チャリン、チャリン、チャリン、チャリン…

オーズ・ガタキリバ(唯)「…ふぅ、アンク。終わったよ―――――」

バタリ…




憂「…ふん、お前にしては上出来じゃないか」

唯「へ、へへへ…」

唯「……ねぇ、アンク」

憂「なんだ」

唯「私、私ね…絶対諦めないから」

憂「は?」

唯「いつか…いつか憂を取り戻すとき…アンクを倒さなきゃいけなくなったとしてもね…絶対に、絶対…アンクを倒してでも、私の…私の憂を助けるから…」

憂「……」

憂「できたら褒めてやる」

唯「約束、だよ…?」ニコ…





梓「……」

律「なんだよ、煮え切らない顔してるぜ。梓」

梓「律先輩こそ」

澪「唯…どうしてわかってくれなかったんだ…」

紬「……」

紬「みんな? みんなの気持ちは痛いほどわかるわ。でももう仕方がないこと」

律「そうだな、仕方がないよ」

澪「唯は…唯は敵なんだ…私達の……」ギリ…

梓「いいえ、もう唯先輩じゃありません。あの人…ううん、あいつは゛オーズ゛。敵です」

紬「ふふ、いい顔になったわね。…まぁ、とりあえず」カチャカチャ…

コト…

紬「お茶にしましょう?」




数日後!

和「ずっと寝たきりだったから心配したのよ? 唯」

唯「えへへー、ごめんね。もう無茶はしないよ」

憂「いや、無茶しろ。まだ足りないくらいだ、お前は」

唯「む! アンクなんていつも見てるだけじゃん!」

憂「俺は頭を使っているからいいんだよ。どこぞの馬鹿と違ってなぁ」

和「ところで唯…本当にアンクをまた家に住まわせるつもりなの?」ヒソ

和「…こんな奴よ? また何かあるかもしれない」

唯「大丈夫だよ、和ちゃん。きっとなんとかなる! それに近くにおいた方が監視もしやすいし!」

和「監視って……ふふ、わかった。唯がそう言うのなら止めないわ」




唯「アンク!」

憂「なんだ」

唯「…何でもなぁい」ニコニコ

憂「何をにやにやと…気色悪い奴だ…」

唯「えへへ」

憂「それより、こんなところでのんびりしている場合じゃないぞ。唯」

唯「ふぇ?」

憂「ヤミーの目撃情報があった。すぐに向かう」

唯「わ、私も!?」

憂「当たり前だ。馬鹿」

唯「ひ…人使い荒すぎだよぉ……」

憂「ふんっ」




「た、助けてー!」「きゃあー!!」

ヤミー『欲望だ…もっとお前らの欲望を!!』

ブウウゥゥーンッ、キキーィッ!

唯「そこまでだよっ」

ヤミー『ん…? なんだお前たちは』

憂「さぁな。…教えてやれ、唯」

唯「゛仮面ライダーオーズ゛の平沢唯と平沢憂あらため゛グリード゛のアンク!」バッ

ヤミー『なんだと…?』

唯「いくよっ、へんしん!」

タカ! トラ! バッタ!

タ・ト・バ! タトバ! タ・ト・バ!



おわり



おわり?







とりあえずこれで終わり。見てくれた人、支援、保守してくれた人、感謝です

まだオーズも序盤だということもあるし、色々とわかっていない設定とかあって書くのが難しかった
完全オナニーSSだったが話は楽しんで書くこともできたしとっても満足できましたわ

ただ・・・今日のオーズ見逃したのが・・・辛すぎる・・・