次の日!

唯「ほっほっほっほっ…」タッ、タッ、タ…

澪「おーい、唯ー」

唯「ん? 澪ちゃん! おはよー」

澪「ああ、おはよう。今日は早いな…でもなんで遅刻しそうにもないのに走ってるの?」

唯「えっとねー、色々と考え事があって頭の中がぐちゃぐちゃしてたから…かなぁ?」

澪「…ん?」

唯「つまり! 悩み事があるときは走っちゃえってことだよ!」

澪「何か悩み事があるのか?」

唯「うん、いっぱい。ここ最近になってからすごーく悩んでるんだ。私」

澪「…そっか、大変なんだな(きっとアンクのせいだ…! アンクのせいでこんなにも唯は…)」

澪「唯、私達はいつも唯の味方だから。仲間だからな…」

唯「ん、なんか言った? 澪ちゃん」

澪「いや、何にも言ってないよ。さ、いそごう?(だって…唯は放課後ティータイムの一員なんだから…アンクのやつに渡してたまるか!)」


唯「ふいー」

姫子「唯、おはよう」

唯「おっす! 姫ちゃん」

唯「あれから最近どう?」

姫子「唯のおかげで何ともなく過ごせてるよ。ほんとにありがと」

唯「お礼なんか別にいいよぉ」

姫子「ううん、私ほんとに唯は感謝してるの。ほんとのほんとに…」

唯「…な、なんか照れちゃう」

姫子「ところであとの時、唯の妹さんもいたよね? ちょっと様子が変だったっけど…あれって」

唯「あ…」

唯(アンク…昨日、どうしてたんだろう…ちゃんと寝れたのかなぁ)


姫子「唯? ゆーいー? おーい」

唯「…え!? な、なに?」

姫子「いや、ボーっとしてたから…大丈夫?」

唯「だ、大丈夫! ほら、この通り!」

姫子「そう…?」

和「おはよう、二人とも」

唯・姫子「おはよー」

和「…唯、一年の教室に後で行ってみなさい」ボソ

唯「え…?」

和「さ、そろそろHRが始まるわ。席に座ってましょう?」

唯「う、うん?」




ガヤガヤ…ザワザワ…

「平沢さぁーん、お姉さんが呼んでるよー」

憂(あいつ…)



唯「が、学校に来てたんだ? アンク…」

憂「俺がここにいたら何か不都合でもあるか?」

唯「ううんっ! 別に」ニコ

憂「…まさかお前との約束を俺がちゃんと守った、とか思っているんじゃないだろうな?」

唯「違うの!?」

憂「はっ、俺がそんなに良い子に見えるか? 俺はメダル゛なんか゛のために行動しているんだ。約束とかそういう類のものなんて何とも思わん」ニッ

唯「…あっそ! どうせそんなことだろうと思ってたよ! ふーんだっ」

憂「おい、唯。あいつを見ろ」

唯「あいつ? どこ?」

憂「ほら、あそこのモップ頭だ。ちょうど大量の菓子を食っているあのマヌケそうな奴」

純「むしゃ…ん、ぐ…うっまぁ~!」

唯「純ちゃんのこと?」

憂「ああ。…あいつにはな、今ヤミーが関与しているんだよ」

唯「えぇ!? じゅ、純ちゃんに…すぐになんとかしなきゃ!!」

憂「待て、今すぐにどうこうしようと思うな。お前には見えないと思うが、あの女の頭の上にヤミーの巣が乗っかっている」

唯「うそぉ…」

憂「嘘じゃない。あのタイプのヤミーはメズールが作りだしたものだ。あいつのスタイルは宿主の欲望を糧に巣の中で大量にヤミーの卵を作りだすんだ。まぁ、成長までの時間が長いのがデメリットだが…一気に孵化すれば大量のヤミーが生まれる」

唯「そ、それってまずいよ!?」

憂「グリード的には一気に大量のセルメダルを集めることができるから、都合がいいがな」

唯「自分勝手だよ! そんなの!」

憂「だから言ってるだろ。人間のことなんてどうでもいいってな」

唯「そういうところが…!」

憂「様子を見る限り、今日には卵が孵化する。覚悟しておけ」

唯「……うん」

憂「なに、こちらもあのヤミーに対しての対抗手段はある。心配するな」

唯「…アンク。私、教室に戻るね」テクテクテク…

憂(ふん、これでいい。俺とあいつの関係はこれでいいんだ。これ以上俺の調子を崩されても困るしな)



和「あなた、友達絶対に少ないわよね」

憂「盗み聞きか? せこい女だ」

和「一つ、教えておいてあげる」

和「唯は普通の人間じゃないわよ。良い意味で、ね」

和「誰よりも優しいし、誰よりも強いの」

憂「…なんだそれは。教えてくれるのはそれだけか? アホらしい…」

和「すぐに言葉の意味がわかるわよ。アンク」

憂「しょせん馬鹿は馬鹿に違いは無いんだよ。わかりきったことだ」





ズズズ…

紬「どう? レモンティー」

唯「ムギちゃんが淹れてくれるお茶は何でも美味しいよ~」

紬「そう、ほらお菓子もたくさんあるのよ。いっぱい食べて?」

唯「お菓子ぃ~♪ あーむっ」パクパク

澪「…ふふ」

唯「んー? どうしたの澪ちゃん」

澪「いや、こうやって唯が美味しそうにお菓子食べてると嬉しくて」

唯「? 変な澪ちゃん」モグモグ…

唯「それにしてもこのお菓子美味しいなぁ……お菓子…ん?」

唯「お菓子!!?」

唯(そうだよっ、忘れてた…純ちゃんを助けなきゃ…!)

紬「どうしたの?」

唯「私! また用事が!」

澪「また? いいじゃないか、たまには用事なんて忘れて…」

唯「そ、そういうわけにもいかないのっ。どうしてもやらなきゃいけないことがあるから…」

紬(アンク…やっぱり気づいていたのね)

紬「唯ちゃん? こういうことあんまり聞きたくなかったけど」

紬「私達と用事、どっちが大切なの?」

唯「え…」

紬「答えて」

唯「え、えっと…えっと…」

澪「唯」

紬「唯ちゃん」

唯(そんなこと言われたって…私)

唯「……えっと、ね」

唯「どっちも…大切。私には選べないよ」

唯「みんなのことは大好きだもん。でも、私にしかできないこと…今助けなきゃいけないものだってあるの」

紬「どうして? どうして唯ちゃんが…」

唯「…ここで用事を無視してみんなといることもできるんだよ。でもね、そんなことしたら私一生後悔すると思うんだ」

唯「たぶんほんとにすっごく後悔すると思う…だから私は」

唯「今私にできることをしに行くよ! それじゃあね、また明日!」ガチャリ…バタン



紬「……唯ちゃんは唯ちゃん、ということね…」

澪「ムギ…」

紬「……」




広場!

純「お菓子…お菓子…はぁ、はぁ…」

純「ばくばく! はふっ、はふっ…むしゃむしゃ!」

純(もっと食べたい…! もっと! もっと!)

憂「…ラストスパートといったところか。よく食う」コソコソ

憂「さて、そろそろ唯に連絡を―――」


バキィイッ

憂「あうっ!?」

ウヴァ『こんなところで何コソコソしてんのさ。え? アンク』

カザリ『感心できませんね』

憂(なんだと…! このタイミングでっ、くそっ)


ドカァ、バキィ!

憂「はぁ、はぁ…うぐぐ…」ヨロヨロ…

ウヴァ『無力だなぁ、アンク! 私達相手に何もできやしない!』

ウヴァ『ほら、足掻いてみろよ! このっ』ドン!

憂「っぐ…」

ガシッ

カザリ『手だけになればもっと無様な姿になりますね…くすくす』ギュ…カポッ

アンク『やめ…ろっ、貴様…! カザリぃ…!!』

カザリ『散々私達をおちょくってくれたツケが回ったんですよ。アンク』

ウヴァ『お前には借りがあるからなぁ、たっぷりお返しさせてもらうよ!』バチバチバチ…


ブウウゥゥーン…


ウヴァ『…ん?』


ドカァンッ!!

ウヴァ『うぎゃあ!!』ゴロンゴロン…ズサー



唯「アンク! 大丈夫!?」

カザリ『!』

アンク『ゆい…!? お前っ、ここがどうして!』

唯「ん」クイ

バッタカンドロイド『バッタ!バッタ!』ピョンピョン!

唯「アンク、自分でそれ持ってたこと忘れてたの? 全部聞こえてたんだよ。これからはもう少し独り言減らそうね」ニコ

アンク『余計なまねを…ふん』

ウヴァ『…く、くそをぉ……! よくもっ!』バッ

唯「か、かかってこーい…! 今度はやっつけるよ!?」

ウヴァ『お前は! お前はまた私達の邪魔をするのか! アンクの味方をするのかっ!』

ウヴァ『どうしてっ…どうして!!』

カザリ『妹が…妹がアンクに人質にとられているからでしょう? そうなんでしょう…?』

唯「人質じゃないよ。ちょっとのあいだ預かってもらってるだけ。ちゃんと返してもらうもん! ぜったいに!」

アンク(ほぉ…)

ウヴァ『お前は何にもわかってない! アンクはそんなに生易しい奴じゃないんだ!!』

ウヴァ『お前は私達と一緒にいるべきなんだよぉっ!』

唯 「メダルなんかのために人を傷つけて、何とも思わない人たちにそんなこと言われたって信用できないよっ!!」

ウヴァ『なにぃ!?』

唯「そりゃ…アンクだってそうだけど…でも、私はあなたたちとは一緒にいられない! 私はあなたたちを許さないよ! やっつけてやるんだからっ!」

カザリ『あ…あぁ……』ギリ…

唯「アンク! ベルトとメダル、渡してっ」

アンク『二体のグリード相手によくここまで啖呵を切れたもんだ。おらよ!』シュッ…

パシィッ!

ウヴァ『お前ぇっ…!』

唯「覚悟はできてるよ……ん?」


ジャラジャラジャラジャラ…

メズール『ふふ、忙しいところごめんなさい。…返事を聞かせてもらいに来たわ』

カザリ『メズール!』

メズール『さぁ、私達と手を組む? 組まない? 教えて…』


唯「……」

アンク『……』


バッ! キン、キン、キン!

唯「へんしん!」

タカ! トラ! バッタ!

タ・ト・バ! タトバ! タ・ト・バ!




12