「ありがとうございましたー」

純「あーむっ」パクッ

純「ん~! 美味しい~」

純「今日もいっぱい買っちゃったなー、へへへ」ガサゴソ…

憂「おい」

純「うひゃあ!? な、なんだ…憂か」

憂「お前、そんなに食うのか? それを」

純「ん? ああこれ? いやー最近すごく食べたくてさぁ~お菓子」

憂(当たりか)

憂「…そんなに食ったら太るんじゃないか?」ニヤ

純「体重なんて一々気にしてらんないよ~」ヘラヘラ

純「あ! 憂といえどもこれはあげられないからね!? 食べたかったら自分で買って」

憂「…じゃあな」ス

純「あぁ!憂! …行っちゃった。ま、いっか。あーむっ」ムシャムシャ…





憂「奴にはもう少しのあいだ好きに食っていてもらうとするか。まだヤミーが成長しきっていないようだし」

和「あなたもよく動くようになったわね。アンク」

憂「…お前は俺のまわりをウロウロするのが本当に好きだな。何の用だ」

和「別に用はないわ、メダルもきちんと60%分貰っていることだし。ただあなたを見張る様に言われているだけよ」

憂「あの女…」

和「それよりも唯は? 一緒じゃないの?」

憂「あの馬鹿なら勝手にどこかへとび出していったが?」

憂「どうせその辺で遊び歩いているんだろ。それかお友達にでも会いにいったんじゃないのか」

和「あら、唯に対しては関心は薄いのね」

憂「あいつのどこに関心を抱けというんだ? あの馬鹿の」

和「…そう」

和「さて、そろそろ行くわ」

憂「ふん、どこへでも行け! 消えろっ、目障りだ」

和「…別れ際に一ついい事教えてあげる」

和「グリード達は案外身近に潜んでいるわよ。あなたや、゛唯゛のね」

憂「なに…」

和「それじゃあね」スタ、スタ、スタ…


憂「身近だと? 何を根拠にそんなことを…」

憂「……」スタ、スタ、ピタッ

チャリ~ン、ガコンッ、ガコンッ

カチッ、プシュ…

バッタカンドロイド2体『バッタ!バッタ!』

憂「一体は唯のところへ行け」

バッタカンドロイド『バッタ!』ピョンピョン…

憂「あの眼鏡の言葉通りだとしたら…唯に張り付いておくのも悪くはない」





バッタカンドロイド『バッタ!バッタ!』ピョンピョン!

唯「あ、バッタ。どうしてこんなところに…」

バッタカンドロイド『聞こえるか、唯』

唯「アンク!? …な、何の用? 私まだアンクのこと…」

バッタカンドロイド『なんでもいいからそのバッタを懐に隠し持っておけ。俺とお前の通信手段だ。いつでもお前が動けるようにな』

唯(むぅ、アンクってば勝手だよ…)

唯「…持ってるだけでいいんだね?」

バッタカンドロイド『ああ、それ以上は求めない』

唯「…わかった」

唯(通信手段って…別に携帯でもいいじゃん)ムス…

唯「はぁ、それにしても途中で抜け出してきちゃって…みんなに悪いことしちゃったかなぁ」

唯「せっかくムギちゃんが誘ってくれたのに…」

唯「ううっ、どうしよう私っ」


?『お嬢さん。こんなところで何を一人で落ち込んでいるの?』

唯「え? ……!!」

メズール『こんにちは、会うのは二度目かしらね。゛オーズ゛』

唯「な、なんのことやらぁ~…」

ウヴァ『今さらとぼける必要はないんじゃねーか? え?』

カザリ『……』

唯「う、うそ…もう2匹!?」

ガメル『隠す必要、ないよ』

唯(見たことないのもいる!?)

唯「ひ、ひっ…」

メズール『ああ、怖がらないで。大丈夫、何も危害を加える気はないわ。安心して?』





バッタカンドロイド『大丈夫、何も危害を加える気はないわ。安心して?』

憂「…さっそくお出ましか。こんなにも早く接触してくるとは…しかも4体揃って現れるとはな」

憂「さて、唯に何を吹きこむ気だ?」




唯「い、いったい何の用なの!? どうする気なの!? わわわ私っ、食べても美味しくないよぉ!?」

ウヴァ『だから危害は与えるつもりはないって言ってるだろうが!』

唯「あなたから言われても説得力ないもん!」

ウヴァ『なにぃ!』

カザリ(それはごもっとも)

ガメル『大丈夫、お話しに来ただけだよ』

唯「お話…?」

メズール『そう、あなたにとって大事な話よ。そして、アンクのこと…』

メズール『単刀直入に言うわ。あなたはアンク側につくより私達についた方がいい』

唯「…え?」

メズール『こんなこといきなり言われも困ってしまう気持ちはわかるわ。だから聞いて』

メズール『アンクが今憑依している人間…つまりあなたの妹さんね』

唯「憂のこと?」

メズール『ええ。アンクはあの子を元の体を手に入れるまで手放す気がない上に、その後はどうなっても構わないと思っている。知っているでしょう?』

唯「…うん」

メズール『酷い話だわ。…でも安心して? 私達ならアンクをあの子から引き]Rがし、元の健康な状態に戻してあげられるの』

唯「え…ほ、ほんと? ほんとのほんと!?」

メズール『ええ、本当よ…』クス

カザリ『元々アンクは私達を裏切って、復活したときメダルを奪って逃げたんです。とんだ裏切り者ですよ! 最悪な』

ウヴァ『まったくだよ!』

唯「でも…アンクはそんなに悪い子じゃないよ…? 確かに口は悪いし、態度も酷いけど…」

ウヴァ『お前はアンクに騙されてんだよ!! あいつはお前をいいようにこき使っているだけだ!!』

ガメル『そうだ。アンクは嘘つきなんだ』

唯(まぁ…だいたい知ってるけど…)

メズール『いい? 悪いことは言わないわ。アンクから離れなさい。きっと今によくないことが起きるから』

唯「…だからあなた達の味方になれっていうの?」

メズール『保証はする。悪いようにはけしてしないから』

カザリ『私達の仲間になった方が絶対にいいはずです!』

カザリ『だから…ね!? 唯せんp』

ガメル『カザリっ』

カザリ『……』

唯「少し」

ウヴァ『あん?』

唯「少し考えさせてほしいんだ…私、まだあなた達のこと信じられなくて…」

カザリ『そんな…』

メズール『…ええ、わかった。それじゃあ数日経ったら返事を聞きにまた来るわ。それじゃあ』

ジャラジャラジャラジャラ…




唯「うー…どうしよ…」




憂「あいつら…面倒な事をっ」

憂(メズールの話術に引っかからなかっただけマシとして、この状況はマズイ)

憂「何よりも今唯(オーズ)を失うことは俺にとって大きな痛手となる…」

憂「いつかはと予測はしていたが…メズールめ」

和「お困りの様ね」

憂「…おい、さっきもう行くと言って消えた奴がすぐに何しに戻って来た」

和「全部聞かせてわ。あなた、どうするつもりなの?」

憂「俺の言うことには無視か? 一々イラつかせる女だ!」

憂「どうするも何も、手は打つ」

和「そうね、今唯を手放せば苦しいのはあなただもの」

和「オーズがいなければメダルを集められなくなる」

和「つまり財団との取り引きもダメになってしまうものね。大変だわ」

憂「お前っ…!」

和「さて、ここからどうするつもりなのか…見物ね。アンク」

和「それじゃあ…」スタ、スタ、スタ…

憂「…ちっ」




10