公園!

唯「アンクなんてもう知らないっ、最低だよ…」グスン

唯(そうだ…私がばかだったんだ。アンクは憂の体を乗っ取って好き勝手してるのに、仲良くなろうだなんて…)

唯「ごめんね、ごめんね…憂」


?「唯ちゃん?」

唯「え…あ、ムギちゃん」

紬「どうしたの? こんなところで」

唯「ちょ、ちょっとね!」

紬「唯ちゃん泣いてる…きっと何かつらいことがあったのね?」

唯「……」

紬「私でよければお話聞くよ?」

唯「ムギちゃあん…」


紬「そう、お友達と喧嘩しちゃったのね」

唯「でも、でも…私も私で悪くて…」

紬「そっか…そうだ! 唯ちゃん!」

唯「ふぇ?」

紬「久しぶりに軽音部のみんなでお茶を飲みながらお喋りしよっか。美味しいお菓子も一緒に食べて、ね?」

紬「ほら、最近唯ちゃん部活に来れてないじゃない? みんなも心配してたのよ。ちょうどいい機会だと思うの」

唯「みんなが、心配…(そういえば、アンクと会ってから部活に行ってなかったんだよね)」

唯「そうだね…うん! しよう! ティータイム!」

紬「ふふ、それじゃあ学校に行きましょうか」

唯「え? でも今日休み…」

紬「大丈夫。部室は開いてるわ。それにみんなももういるはずだから…」クス





ブウウゥゥーン、キキィーッ

憂「この辺りか」

タカカンドロイド「ギ、ギギギ…」バチバチ…

憂「…追跡に感づいて破壊したのか、勘のいい奴」

憂(ネットの情報を見る限り…こいつはヤミーの巣。ということは作ったのはあいつ…)

憂「そして破壊したのもあいつか。随分と警戒してやがる」カチッ



JK撮ったら変なの写ってた

1 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:09:39.72 ID:ysscj0j0z
今日あまりにもムラムラしてたから通りかかったJKを撮ったんだが変な物が写った
これ証拠写真な→○

2 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:10:02.41 ID:4545uzee
盗撮乙

5 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:10:39.73 ID:gtrescjhu
通報した

12 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:11:05.32 ID:oooss0h
どうせ合成だろks

34名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:13:39.44ID:inpoyann
このJKまぁまぁ可愛い
でも髪型モップだわ・・・

55 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:16:33.42 ID: ysscj0j0z
1だが写真はマジだ。マジ

撮ってからJK見たら写真に写っていた物が写ってなかった
ほら、頭にくっついてるでっかい変なやつ

58 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:17:00.35 ID: SDKsj0u
test

65 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:18:35.66 ID: ninninj5h
俺この写ってるとこの近所だわw
1特定した

74 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:19:13.11 ID: ysscj0j0z
65ちょwwwシャレにならんwww

ちょっとこのJK探してみる

86 名前:名無しさん 2010/○/×(日) 08:20:33.82 ID: azuazu17
盗撮の次はストーカーか。馬鹿だなこいつw




憂「写真の辺りはさすがにもういないか。まぁ、当然だろう」

憂「さて、ここからはこの女を…」

「う、うぐうう…」

憂「…おい、どうした」

「まゆげの…すごいJKに…う、うぐぅ…」ガクリ

憂「こいつ…まさか女を追跡しようとした奴か?」

憂「しかし眉毛だと? …やはり奴らも人間に偽装しているのか?」

純「……」テクテクテク…





紬「さぁ、唯ちゃん。入って?」

唯「うん」

ガチャリ

律「お、やっと来たな。遅いぞー」

澪「やぁ、唯。おはよう」

唯「えへへ…」

紬「今お茶とお菓子を用意するわね。座って待ってて」

唯「ありがとうムギちゃん。…あずにゃん? どうしたの?」

梓「…何がですか」

唯「なんか機嫌悪そう」

梓「そう見えますか? …さぁ、誰のせいでしょうね」

唯「?」


唯「ふいー、久々のティータイム。最高だよ~」

律「ここんとこお前全然来ないんだもん。みんな心配したんだぞ?」

唯「あ、あはは…ちょっと大事な用事があってね」

澪「へー、大事な用事…」

澪「たとえば?」

唯「たっ、たとえば…えっとぉ…」

紬「唯ちゃんだって色々あるのよ。澪ちゃん」

澪「あ、ああ、そうだな…」

梓「…唯先輩、私達になんの謝りもないんですか(特に私)」

紬「梓ちゃん」

梓「だって…」

唯「ご、ごめんねあずにゃん。…ごめんねみんなぁ」ペコペコ…

紬「みんな。今日は唯ちゃんを責める為に連れてきたんじゃないのよ? もうこの話は終わりにしましょう? ね?」

澪「それもそうだな。私の方こそごめんね、唯」

唯「う、ううん。いいの! 気にしないで?」

律「あぁ…そういや゛憂ちゃん!゛は今日何してんの? ん?」

唯「えっと…たぶん家でお掃除かなぁ!(な、なんかりっちゃん一瞬怖かった…)」

律「へー! そーなんだー! へー! なるほどー!! へぇー!!」

唯「り、りっちゃん?」

梓「律先輩、どうしたんですか?」ニヤ

律「っ! べっつにー!!」

紬「あ、そうだ…」

唯「ん?」

紬「今度、憂ちゃんも誘ってみんなでお茶を飲もう? たまにはいいんじゃないかしら。ね?」

澪「そうだな。きっと楽しいと思うよ」

唯「の、和ちゃんにしようよ!」

澪「なんでそこで和?」

唯「え、いや…その…そう! 憂ってお茶がダメなんだよ! お茶アレルギー!」

梓「そば茶とかじゃないんですか?」

唯「ど、どうだったっけなぁー? あははは」

紬「そう、それじゃあお菓子だけでも御馳走してあげたいから…今度是非、ね?」

唯「か…考えとくよ……」


梓「憂といえば」

唯(まだ憂の話が続くの!?)

梓「前にも聞きましたけど、あの頭どうしたんですか? それに口も悪くなって…」

梓「憂じゃないみたいですよね」

澪「あー」

律「ほんと、そうだなー。何があったんだろうなー。なぁ、唯。何かあったのか?」

唯「うっ…」

唯(みんなにアンクのこと言っても信じてもらえるわけないし…適当に誤魔化そう)

唯「憂…実は不良に憧れちゃって…うう」シクシク

紬「まぁ、それは一大事だわ! 今ならきっと間に合うはず…私たちで憂ちゃんを説得して更正させましょう」

律「よし唯! 今すぐに憂ちゃんをここに呼びだせ! 今しかないっっ」

唯(うぎゃあ~!? な、なんでこうなるのー!?)

唯「む、無理だよ…」

梓「こうしている合間にも憂は悪い子になっちゃうんですよ?」

唯「だから、その…」

律「この際だ! 唯の家に押し掛けて憂ちゃんを…」

紬「りっちゃん。押し掛けはよくないと思う」

律「なんだよ! チャンスだろ!」

唯「チャンス?」

律「やべっ! …なんでもなーい! てへ♪」

唯「んー?」

唯(こうなったら…)

唯「じ、実は!!」

澪「ん?」

唯「さっき言った憂が家で掃除しているっていうのは嘘なの!」

唯「ほんとは憂…今、家出中で…」

梓「あの憂が家出ですか?」

唯「そう! 連絡も取れないの!」

紬「あら、そうなの?」ジッ…

唯「っ!」

唯(な、なに…? …なんかムギちゃん…変だよ…)

紬「そうなの? ねぇ、唯ちゃん」

澪「どうなんだ、唯」

唯(ムギちゃんだけじゃない…なんかみんな様子がおかしいよ…)


梓「唯先輩」

律「唯」

唯「あの…あの…」

唯「わ、私! 用事があったの思い出しちゃった!」

律「え?」

唯「みんな本当にごめんねっ、それじゃあ!」ガチャリ、バタン! タタタタ…




律「なんだよ、情報の一つも漏らしてくれやしない!」

紬「そう上手くいくとは限らないわ。それよりもわかっていることが一つ…今、アンクと唯ちゃんは喧嘩中みたいよ。つまり」

澪「つまり?」

紬「アンクから唯ちゃんを…オーズを引き離すことができるかもしれないわ」

梓「ほんとですか!?」

紬「ええ、また上手くいけば、の話だけれど」




9