シュッ…パシッ!

唯「あいたたた…もう怒ったぞー! へんしん!」キィン、キィン、キィン…

タ・ト・バ! タトバ! タ・ト・バ!

オーズ(唯)「てえーいっ」ブンッ

ウヴァ『ふんっ』ガシッ

オーズ(唯)「攻撃を受け止めた…!」

ウヴァ『ふん、頼りのオーズがこの程度かよ。アンク? おりゃあ!』ドカッ

オーズ(唯)「う!?」

憂「ちっ…」

ウヴァ『ったく、どうしてお前がオーズにっ!』バチバチバチバチ…

憂「電撃だ! くるぞ!」

ドカーン!!

オーズ(唯)「う、うわわ! あ、危なかったよぉ…」

ウヴァ『…一撃で終わりだと思うなよ』ニッ

ドカーン!!

オーズ(唯)「うぎゃっ」ビリビリビリ…

憂「何をもたついている!」

オーズ(唯)「これでも一生懸命避けてるよ…でも電気が早すぎてっ」

ウヴァ『当然だ。お前に私の攻撃が見切れるはずがないっ!』ドカーン!!

オーズ(唯)「っ!」

憂「早すぎる…そうか、この手があった」

憂「唯! このメダルを使え!」ヒュ…

パシッ

オーズ(唯)「これは?」

憂「聞くよりも使った方が分かりやすい! バッタをチェンジしろ」

カシャ…キン、キン、キン!

タカ!トラ!チーター!

オーズ(唯)「お、おぉう…なんか足が…」

ウヴァ『何をしても無駄なんだよぉー!』バチバチ…ドカーン!!

…ヒュゥン!

ウヴァ『なに!?』

オーズ(唯)「すごいよこれ!? 速く走れる!」

憂「それだけじゃない、敏捷性も上がったはずだ」ニヤ

ウヴァ『くぅ~~っ!! なんで当たんないんだよ!?』ドカーン!!ドカーン!!

オーズ(唯)「ちょろい、ちょろ~い!」ビュン、ビュンッ、ドタタタタタ…

バッ、ガシ

ウヴァ『!』

オーズ(唯)「必殺ぅ~…」

ダンッ、ダカダカダカダカダカダカダカダカダカ…

ウヴァ『う、うぐぅ?!』

オーズ(唯)「連続! ダカダカ走りキック~!!」ダカダカ、ダンッ

ドンッ!!

ウヴァ「うわああぁぁあ!!?」


…チャリン

憂「!」


パシッ

憂「クワガタメダル、貰ったぞ。ウヴァ!」

ウヴァ『ア、ンクぅぅ…!! くそぉっ…!!』

オーズ(唯)「よーし、このまま一気に…」


バシャン…ザブーン!

オーズ(唯)「うわっ!! 水!?」

憂「メズール…!」

メズール『久しぶりね、アンク。そしてオーズ…』

ウヴァ『メズール!! 手を…出すなぁっ…こいつは私が…』

メズール『そんな状態では無謀よ、一旦引きましょう』ガシッ

ウヴァ『うぐぅ…お、覚えてろよ!! きっと、きっと私がお前を…!』

ジャラジャラジャラジャラ…


憂「行ったか」

憂(それにしても嬉しい誤算だ。まさかコアメダルを手に入れることができるとは)

唯「あれが…グリード」

憂「そうだ。まぁ、俺もグリードなんだがな」

唯「腕だけのねー」

憂「舐めてるのか!」

唯「ふーんだ!」

憂「唯、お前っ…」

唯「今回はアンクが変なことしたからあの緑色のグリードさんが怒って襲ってきたんだよ! 反省しなさい! めっ」

憂「ちっ!」




カアー、カアー、カアー

「お母さーん、今日の晩ご飯なーにぃ?」「さぁ、何でしょう?」

「えー! ずるーい!」

梓「……」

「おい、あの子あそこでずっと突っ立ってるぜ」「結構可愛いなぁ、よし! 声かけてくるわ!」

「ねぇねぇ、君! もしかして暇なのかなぁ?」

梓「……るさい」

「え?」

梓「うるさいって言ったの!!」ドン!

「ぐぇあ!」バタ…

「お、おい! 大丈夫か!?」

梓「…もう帰ろう」

梓(……唯先輩の…ばかっ)





律「はぁ、はぁ…」

メズール『セルメダルが減ってしまったのね…可哀想に。大丈夫、今分けてあげるから』

ジャラジャラジャラ…

律「う、ぐ…ちくしょー…!」

ガメル『律…大丈夫?』

律「…ガメル。これぐらいなんともないっての。なんせ私は無敵のりっちゃんだしな!」

ガメル『そう、だよね…うん! 律なら大丈夫だよな。よかった…心配したんだぞ?』

律「ったく、お前は…」


スタ、スタ、スタ…ゴロン

メズール『あら、お帰りなさい。どうだった? 一杯楽しめたかしら?』

梓「…ええ、楽しめましたとも」

メズール『そう? ならよかったわ。よかったじゃない、嫌な一日で終わることがなくて』

梓「……」





和「しかし」

さわ子「んー?」

和「あの時はハラハラしましたよ、もうあんな無茶やめてください」

さわ子「ふふっ、心配してくれているのね。ありがとう和ちゃん」

さわ子「あれぐらい張り合えなきゃこの先やっていけないわ」

和「ですけど、あれは悪魔で人ではなく怪物なんですよ?」

さわ子「だからよ。…ふふ、アンクくん達とは長い付き合いになりそうだわ。良くも悪くも、ね」

和「……」

和(…唯、私にはあなたを支援するか応援するぐらいしかできないけれど…無茶だけは、しないで…)




憂「唯」

唯「ん、なーに?」

憂「おらよ」ス

唯「何これ? んー…おぉ! アイスぅ~!」

憂「今回はよくやった、と褒めてやる。そいつは俺からの褒美だ」

唯「ひゃ~! おいひー♪ ありがとっ、アンクぅ~!」

憂「そいつがまた貰いたかったら、もっと俺の為に頑張ることだな」

唯「エサでつるなんて邪道だよ~」パクパク…

憂「そのわりには喜んでいやがるな」

憂(所詮、こいつも欲望の塊。上手く利用してやれば使えなくもない)

憂(平沢唯。こいつの馬鹿っぷりは使える…くくっ)

唯「おいひ~」




次の日!

憂「グリードを形成している核がコアメダル、そして体を構成している細胞の代わりがセルメダル…と言ってもお前はしっくりこないわけだ」

唯「うん。さっぱり」

憂「…いいか? この棒アイスを見ろ」

唯「…見たよ!」

憂「つまりはこの棒がコアメダル、そして周りについているアイスがセルメダル。そういうことだ」

唯「すっご~い! 分かりやすかったよ! アンク!」

憂「やはり馬鹿か…まぁ、いい。俺達グリードは3年前に復活した、だが多くはコアメダルをだいぶ失った状態で復活…完全体じゃない不完全状態、セルメンという形でな」

唯「つまり、棒がないアイス!」

憂「続けるぞ。俺達はこのセルメンの状態を早く脱したいわけだ。そういうことから俺達グリードはコアメダルを探しまわっている」

唯「へー…ねぇ、やっぱしまだよくわかんないよぅ」

憂「…もういいっ」

唯「えー! ちゃんと教えてよー」

憂「お前に教えていたら日が暮れるっ」

唯「そんなぁ…ねぇ、アンク。その゛かんぜんたい゛ってのになったら次はどうするつもりなの?」

憂「…さぁな、内緒だ」

唯「ずるいよぉ」

唯「…さて、色々教えてもらったし、今度は私がアンクに色々教えてあげよう!」

憂「ほぉ、何を教える?」

唯「じゃーん! ギー太だよー!」ババーン

憂「…何だって?」

唯「だからギー太!」

唯「ギターのギー太! 私の3年間の相棒ですっ」ジャンジャカジャジャーン♪

憂「ギター…楽器か。で? それがどうしたんだ?」

唯「アンクにギターを教えてあげよーう!」

憂「断る。時間の無駄だ」

唯「えー! そんなことないよぅ! 音楽はいいよ? 楽しいよ?」

憂「俺にはなんのメリットもないな」カチッ…

唯「そんなぁ…ん? 何それ?」

憂「お前の妹の部屋を漁っていたらでてきた」

唯「あ! iPod touch!」

憂「そういう名前なのか、しかしこいつは使える…今まではPCでネットを開いて情報を集めていたが…こいつはいつでもどこでも情報をかき集められる。おまけに様々な機能が備わっている様だしな。ほら、お前が好きな音楽とやらも聞けるぞ」

唯「そ、そんなの知ってるよ! 常識だよっ」


唯「んーもういいっ、アンクが相手にしてくれないから憂と遊ぶっ」

唯「憂~! この前のゲームの続きしようよー」

シーン…

憂「゛平沢憂゛がどうしたって?」ニヤニヤ

唯「あ…うう」

憂「残念だったな。今は俺の体だ」

憂「なんなら今返してやろうか? ほら」パ

唯「あ!」

憂「……」

唯「憂! 憂! 返事して!」

憂「…はぁ、はぁ」

唯「う、憂っ…」

アンク『前にも言ったが、こいつは俺が離れれば10分も持たない状態だ』フワフワ…

アンク『どうする? ん?』

唯「…アンク、戻って」

憂「はい、よ」ヒュン…カチャ

唯「……」

憂「残念だったな。まぁ、俺は何とも思わないが」

憂「唯、俺はお前と慣れ合うほど暇じゃないんだよ。仲良しごっこなら他でやれ」

憂「俺とお前は言うならば゛ビジネスの関係゛ってやつだ。そこのところを履き違えるなよ」

唯「…アンクの」

憂「あ?」

唯「ばかぁっ!! もう怒ったよ! アンクなんて大っ嫌い!!」タタタ…

憂「ふん、馬鹿が。……ん?」




8