さわ子「あなたがここに来てくれるのは構わないわ。むしろいつでも大歓迎…それで、アンクくん。何の用かしら?」

さわ子「まさかこの前の取り引きのこと、考えてくれたの?」

憂「ああ、そうだな…ふん!」ガシッ

和「会長っ!」

さわ子「…あら、これはどういうつもり?」

憂「お前を殺して財団とやらが持つ全てを奪わせてもらう」

さわ子「随分と野蛮な発想ね。もう少し物がわかる子だと思っていたのだけれど」

憂「人間ごときに…俺が下手にまわると思っていたのか? はっ、くだらない!」

和「そろそろいい加減にして、アンク…。会長を離しなさい!」

さわ子「ああ、いいの。いいのよこれで…気にしないで」

さわ子「すぐにこの手を離して私との取り引きを呑む気になると思うから」

憂「馬鹿か? いや、馬鹿だな…」

憂「俺はなぁ、ギブは好きだがテイクは嫌いなんだよ」

さわ子「…この映像を見てもそんなこと言っていられるのかしらねぇ」ピ…

憂「あ?」


『はぁはぁ…う、うわぁっ!?』


憂(…唯?)


『お前に恨みはない。けど、アンクを引きずり出すためだ!! うおおおぉぉぉっっ!!』


憂「ウヴァだと!? あいつ…おい! なんだこれは!」

さわ子「ふふ…」





唯「あずにゃんまだかなー。ふふ、楽しみだなぁ~」

唯「アイス食べて…お買い物して…あ、ゲームセンターにも行きたいな!」

唯「ふふふっ」ニコニコ

ジャラジャラジャラジャラ…

「あれ何ー?」「メダル? メダルが湧いてるぞ?」

唯「ん、何だろ?」

ウヴァ『うおおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!』

「きゃー!?」「ば、化物だぁっ」

唯「! う、うそっ…こんな時に…」

唯(ベルトはアンクが持ってるし…どうしたら)

ウヴァ『おい!』

唯「ひっ」

ウヴァ『休日に一人で何してんだよっ!!』

唯(え、えぇ~!? いきなり現れて聞くのはそれ!?)

ウヴァ『私はこれだけ気が立ってるのに…お前はにこにこにやにや…』

ウヴァ『うおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!』ドカーン!!バチバチバチ…

唯「で、電気!?」

ウヴァ「ふぅんっ!!!」ドカーン!!

唯「はぁはぁ…う、うわぁっ!?」

ウヴァ『お前に恨みはない。けど、アンクを引きずり出すためだ!! うおおおぉぉぉっっ!!』ドカーン!!

唯「恨みがないのに何で殺しにかかってるのぉっ!? うわぁぁ~ん!」タタタ…

ウヴァ『逃がすかぁ!』




ウヴァ『はぁ、はぁ…くそっ、どこに隠れた!? 唯の奴…』

ズン、ズン、ズン…


唯「…ほ、あっち行ってくれた」コソ

唯「でもどうしよう…携帯は途中でおっことしちゃったし…アンクぅ…」

唯「…あ、あんなところにライドベンダーが」

唯「……」

唯「そうだ! バッタ使ってアンクと連絡取ればいいんだ! こんなときの為にセルメダル持たせてもらって正解だったね。よーし!」チャリン…ポチ

…シーン

唯「あれ? 出てこない。おかしいなぁ…ちゃんとメダル入れたのに…んー、もう一枚!」チャリン…ポチ

唯「だ、だめだ! 出てこない! もしかして故障…」


ウヴァ『うおおおおおおぉぉぉぉぉ!!! そこだったのか!』

唯「ひっ!?」

唯「こ、こうなったらバイクで逃げよう! えいっ」チャリン…ポチ

…シーン

唯「わあぁあ!? 変わんないっ、どうして!? ほんとに故障!? 早くしなきゃ近づかれちゃうよぉ!!」

ウヴァ『 』ズン、ズン、ズン…





憂「おい! どういうことだ、何をした!?」

さわ子「さぁ? …一つ言っておくけどね。私が死んだらツールは使用できないわ。…というか私の意志ね。私の意志次第で使用も使用不可も自由自在…」

憂「な、にっ」

さわ子「あなたが私と取り引きをする気がないというのなら…わかってるわよね?」


『はやく、はやく変わってよぉ~……はい! 変わったー! …変わってなぁい。わあぁぁっ』


さわ子「このままだと唯ちゃん、グリードに殺されてしまうかもしれないわね」

憂「それが…」

さわ子「残念ねぇ、せっかくオーズに変身できる唯一の協力者だというのに…こんなところで終わってしまうだなんて」

憂「っ…」

さわ子「あーあ、取り引きに応じるだけでいいのになぁ」

憂「…40%」

さわ子「んん~?」

憂「40%だ! 集めたメダルの40%をお前に譲渡する!」

さわ子「…ふふ」

さわ子「だめよー、言ったじゃない。70%って」

憂「40%!!」

さわ子「70」

憂「ご、50!!」

さわ子「70ー」

憂「ふ、ざけるのも大概にしろよっ…50%!!! これが限界だ!」

さわ子「だめ、70%」

憂「ぐぅぅ…っ!」

憂「60%…っ」

さわ子「…んふっ」

さわ子「はい決まりぃ~! 交渉成立よ、これでライドベンダーを動かせるわ♪」

憂「……っ(この…このおおぉぉぉっ…!)」ギリッ…




ガシャンガシャンッ、ウイーン

唯「やっと変わった! よ、よし…」グイッ…ギュルルルル!

ウヴァ『…ば、バイク! あいつ、あんな物をっ』

ブウウウゥゥゥーーゥゥウウウン!!

ウヴァ『…あいつ二輪の免許持ってるのか? …そ、そんなことより逃がすかよぉ!』ダダダダッ

唯(や、やっぱり追ってくるね…もっとスピード出して距離を開けないと…)





梓(すこし遅れちゃったかな…唯先輩に怒られないよね?)テクテクテク…

梓(今日は何して遊ぶのかなぁ。ふふ)

梓「ゆーいせんぱ……」

シーン…

梓「あれ? まだ来てない…」

梓(ちょっと早かったのかなぁ、それとも唯先輩が遅刻? もうっ)




ブウウゥゥーン

唯「だいぶ撒けたかな? もう後ろも走ってないみたいだし…ん?」

ブウウゥゥーン、キキーッ

憂「おい、ウヴァは?」

唯「アンク! もうっ、遅いよ……ていうかウヴァって?」

憂「お前がさっきまで追われていたグリードだ」

憂(あいつ…俺を引きずり出すためにこいつを襲っていたようだが…嘘がバレでもしたのか。まぁ、時間の問題だとは思ってはいたが)

唯「んー、たぶん逃げ切れたんじゃないかなぁ」

憂「…どうだかな。奴は中々しつこいぞ…ほら、言った矢先にこれだ」

ジャラジャラジャラジャラジャラ…!

ウヴァ『見つけたぞ! アンク! この嘘吐き野郎め!』

憂「騙される方が悪いんだよ、ウヴァ」

唯(アンク、またなんかしたんだ…)


憂「唯、今はこいつとやり合う必要はない。逃げるぞ」

唯「え、あ! うん!」

ギュルルルル! ブウウゥゥーーン!

ウヴァ「またか! 逃がしてたまるかよっ、今度はな!」ダダダダッ

唯(ま、また走って追っかけるんだ…電気飛ばして攻撃とかすればいいのに)

憂「適当に走って奴を撒ければいい」

唯「うん!」

ブウウゥゥゥーーブ、ブブブ…ブルルルル…

唯「あ、あれ? あれ!? なんかバイクが…」

憂「なに!? お前どこいじった!」

唯「何も触ってないよぉ! 勝手に…と、止まっちゃう!」

ウヴァ『おい! 急にトロくなったぜ!? ふんっ!』ガツンッ

唯「う、わああぁぁぁっ!!?」ドカ…ゴロゴロゴロ…

憂「唯! まさか…」



―――……

和「ライドベンダーのバイク形態で注意して欲しいことがあるの」

和「このバイクはセルメダルが変形キーの役割を果たしていることは知っているわね? …それと同時にセルメダルはエネルギー源なのよ」

憂「何…?」

和「走っていればエネルギーはどうしても減っていくわ。つまりそのうちメダル=エネルギーが切れるわけ、そうしたらガス欠を起こすの…まぁ、普通のバイクと変わりないのだけれど」

……―――



憂「ちっ…だが、さっき走ったばかりでメダル切れは早すぎないか!? くそっ、とんだ欠陥品だ…」

憂「こうなったら唯! なんとかウヴァを撃退するぞ!」



7