姫子「私、とんでもないことしちゃったね…」

姫子「こんなことしちゃいけないんだって分かってても、自分を止めることができなくて…それで、それで…」

唯「姫ちゃんのせいじゃないよ。大丈夫、私も迷惑かけちゃったところに一緒に謝りに行ってあげるから!」

姫子「でも唯は」

唯「困った時はお互い様だよ~ね!」

和「そうね」

姫子「ありがとう…ありがとうっ」

和「唯、学校側は私がなんとかしておくから」ヒソ

唯「あ、ありがとっ! さすが和ちゃん」

和「いえいえ…さぁ、どんどん貸しができていくわね?」

憂「知るかっ」




平沢家!

唯「なんだか昨日に続けて今日も色々疲れちゃったよぉ」

唯「アンクは大丈夫? 無理してない?」

憂「ふんっ」

唯(なんかさわちゃんち行ってからずっとご機嫌斜め…)

唯「そうだ!」トコトコトコ…

憂「ん、なんだ? どこへ行く」

唯「ちょっと待ってて!」

憂「何なんだあいつは…」


憂「……」

憂「なんだこれは?」

唯「アイスだよ~。私大好きなんだぁ、アンクにも一本あげる!」

憂「食い物か? ふん、こんな棒についた塊程度で腹に溜まるのかよ」

唯「まぁまぁ、食べてからそういうこと言いなよー」

憂「…あむっ」パクッ

憂「……」モグモグ

唯「ね? 美味しいでしょ?」

憂「……ふんっ」

唯「えへへ」

憂「…おい、早く次のやつをよこせ。しょうがなく食ってやる」

唯「もー、素直じゃないなぁ。ふふっ」




数日後!

唯(もうっ、アンクってば勝手なんだから!)



―――……

唯「やっと休日が来たよ~…てなわけでアンク! 一緒にお出かけしよっ」

憂「馬鹿か、誰がお前なんかと…それより俺は用がある。じゃあな」ガチャリ

唯「あぁ! もー…」

唯「せっかくアンクのために美味しいアイス屋さんにいこうと思ってたのに…」

……―――



唯「もういいや、一人で行ってきちゃおっかな…あ、どうせなら誰か誘おっと!」

ピッピッピ…prrr

唯「んー、なかなか繋がらないなぁ…りっちゃん、お話中かな?」




憂「……」

――これで分かってくれたかしら?私たちと手を組めば、どれだけのメリットが持てるか――

憂(たしかに奴らの道具は役に立つ…悪くはない)

憂(だが、取り引きとやらはかなり馬鹿げている…)

憂「まぁ、簡単な話…力で物を言わせてしまえばいいわけだが」

憂「奴らの持っているもの全て奪えばいい話だ。ふん」

スタ、スタ、スタ…


和「……」

和「頭は悪くはない方だとは思っていたのだけれど…結論を早まったのかしらね」




憂「奴のアジトは確か…」

チャリン…

憂「ん?」

ジャラジャラジャラジャラ…!

憂(こいつは…まさかっ)

?『よおぉ、アンクぅぅ! やっと見つけたぞ!』

憂「…ウヴァか」

ウヴァ『っ、その名前で呼ぶな! この野郎!』

憂(面倒な奴がでてきたな)

ウヴァ『…まぁ、いい。言わなくてもわかるよな? 私がお前の前に立っている理由がさ』

憂「…さぁな」

ウヴァ『とぼけるなよ!! お前が私のコアメダルを持っていることは知ってるんだぞ!?』

ウヴァ『返せっ!!』ブンッ

憂「!」スッ…

ウヴァ『私のメダルを返せぇっ!!』ブォンッ

憂(相変わらず直情的で頭に血が昇りやすい奴…)

憂「ふん、残念だったな。ウヴァ。俺はお前のメダルをもう持っていない」

ウヴァ『何!?』

ウヴァ『嘘を言っているんじゃないだろうな!』

憂「嘘じゃない。その証拠にほら…持っているのはタカとトラとチーターのみだ」チラ

ウヴァ『ほ、本当だ…私のメダルを持ってない…!』

憂(うくくっ、ははは…っ…わ、笑うな…笑ったら…くくっ…)


ウヴァ『い、いや! お前のことだ…持っていないんじゃなくてどっかに隠してるんだろ!?』

憂「違う、奪われたんだ」

ウヴァ『何だと! 誰にだ!? 人間か!?』

憂「いや、カザリだ。カザリのやつに奪われた。あいつはお前のメダルを隠し持っているぞ」

ウヴァ『カザリ…! っ、くそっ!!』ジャラジャラジャラジャラ…


憂「…行ったか、アホが」

憂「さて、さきを急ぐとするか」スタ、スタ、スタ…





ガメル『メズール! はい、ポーズ!』

カシャ

メズール『ふふ、綺麗に写れたかしら?』

カザリ『何してるんですか』

メズール『写真を撮ってるのよ。最近ガメルがハマっているみたいなの』

ガメル『…うん! 綺麗に撮れてるよ!』

メズール『本当? すごいわぁ、ガメルは写真を撮るのも上手なのね』ナデナデ

カザリ(呑気なもんだよ…)

ズン、ズン、ズン…

カザリ『ん? あ、律先輩。どこに行ってたんですか?』

律「カザリぃぃっっ!!!」バキィィッ

カザリ『あうっ!?』

メズール・ガメル『!』

律「お前っ! 私のメダルをよくもっ!」

カザリ『何のことですか!? いきなりっ』

ガメル『ふ、二人ともっ…喧嘩はよくないぞ!』

メズール『ちょっと! 一体どうしたというの? ウ…りっちゃんっ』

律「こいつが私のコアメダルを隠し持っているんだ!」

カザリ『え!?』

律「よくも平然といられたもんだなぁ…よくも、よくも!」

メズール『落ち着きなさい!』バシャ、ザバー…

律「っ……」ビチョビチョ…

ガメル『メズール!? り、律…』

メズール『りっちゃん。カザリがメダルを持っているだなんて誰からの情報なの?』

律「…アンク」

メズール『ああ、なるほどね』

メズール『おそらくそれはアンクの嘘よ』

律「え…?」

メズール『カザリ。本当にりっちゃんのコアメダルなんて持っていないんでしょう?』

カザリ『持ってません!! むしろ私はアンクの奴にコアメダル奪われたんですよ!?』

カザリ『何なら調べますかね!? ゛律先輩゛っ』

律「嘘、だって?」

ガメル『り、律…』

カザリ『あなたは騙されたんですよっ! アンクに!』

律「アンクゥゥゥゥゥゥ!!!!!!」シュゥンッ…

ウヴァ『絶対に許さない! あいつっ…待ってろ! すぐに仕返ししにいってやるっ』ジャラジャラジャラジャラ…

ガメル『律…大丈夫かな…』

メズール『心配しないで、ガメル。大丈夫よ』ナデナデ


カザリ『ふんっ、最悪な気分です!』

メズール『まぁまぁ、許してあげて?』

カザリ『だって…』


prrr…

メズール『あら、携帯が鳴ってるわよ? カザリ』

梓「…もしもし」シュゥンッ…

『あ、もしもしあずにゃーん? 今暇かなぁ? 暇だったら一緒にお出かけしようよ』

梓「唯先輩…はい! 大丈夫ですよ。行きましょう、お出かけ」

『よかった~…じゃあ待ち合わせ場所はいつものとこね! それじゃ、また後で~』

梓「はい」ピッ…

メズール『お出かけ?』

梓「ええ、ちょっと」

メズール『嬉しそうね』

梓「…気のせいです。それじゃあ」ガチャリ




6