姫子「わぁ~!」ドカンガシャーン

唯「なんとか人気がないところまで追い込んだけど…」

憂「まだだ。もう少し様子を見るぞ。もっと好き勝手暴れさせてから倒した方がメダルが大量に手に入れられる」

唯「倒す!? な、なに言ってるの!?」

憂「…あの女の中にはな、ヤミーがいるんだよ。まぁ、昨日俺達を襲撃したタイプとは違うようだがな」

唯「ヤミーってあのおばけのこと?」

憂「そうだ。寄生型のヤミーは確か…あいつか。あのタイプは人間の欲望を増幅させて暴走させている。あの女の場合は破壊の欲望だな」

唯「そんな…放っておけないよ! すぐに助けないと!」

憂「…生身でいくのは止した方がいいぞ。お前じゃ殺されるのがオチだ。変身しておけ(どうせ止めてもこいつは言うことを聞かない…適当に動かしておいた方がいい)

唯「わかった! へんしん!」タ・ト・バ! タトバ! タ・ト・バ!


オーズ(唯)「姫ちゃんもうやめて!」ガシッ

姫子「わあぁー! 離して!」ブンブンッ

オーズ(唯)(す、すごい力! 姫ちゃんってばこんなに力あったの!?)

パッ

オーズ(唯)「あ!」

姫子「えぇいっ!」バキィ

オーズ(唯)「あうっ」

憂「…まだだ、もっと育て。人間は欲望の塊だ…この程度じゃ満足しないだろ。なぁ?」

姫子「わああああ!」ガツンッガツンッ

オーズ(唯)「痛い痛いっ、やめてー!」

姫子「ううう…ううううぅぅ」ググ…

憂「まさか…おい待て! まだ出てくるな!」

オーズ(唯)「…え?」

ヒョウヤミー『うぉおおおおおおおぅうう!!』

憂「ちっ…予定が狂った!」

オーズ(唯)「姫ちゃんが…おばけに!」

憂「ヤミーだ! …面倒だ。この際この状態で我慢してやるっ、倒せ! 唯!」

オーズ(唯)「た、倒せって…中に姫ちゃんがいるんだよ!?」

憂「知るか! やらないとお前がやられるぞ! さっさとしろっ」

オーズ(唯)「できないよぉ…」

憂(この馬鹿が…!)

ヒョウヤミー『うぉおおおっ!!』ザッザッ、ザン!

憂「素早い奴だな…」

オーズ(唯)「ううっ! やめてよ、姫ちゃん…」キィンッ、キィン…

憂「トラじゃ限界があるか…おい、こっちのメダルに変えろ!」ヒュッ

オーズ(唯)「変えろって…どこを!」

憂「トラメダルを抜いてカマキリにしろ!! 馬鹿!」

オーズ(唯)「こ、こう?」タカ!カマキリ!バッタ!

オーズ(唯)「おぉ、変わった…何か変わったよー! アンクー! でも何か歌ってくれないよー?」

憂「そんなこといいからヤミーに集中しろ!!」


キィン、キィィン…

オーズ(唯)「さっきより攻撃が受け止めやすくなった…アンクー! こっちのメダルの方が使いやすーい!」

憂「呑気なこと言ってるなよ…本当にあれで大丈夫なのか」

ヒョウヤミー『…んぐうううぉおおおお!!』クルッ、ザッザッザッザッ…

オーズ(唯)・憂「逃げた!」

オーズ(唯)「待って! 姫ちゃん!」

憂「いや、お前が待て、 唯! 今の状態では奴に対抗できん。対策を練ろう(ツイてる…! まさか途中で逃げてくれるとはな。このままもうしばらく野放しに……?)」

憂「……この感じ」

オーズ(唯)「アンク?」

憂「唯、そのまま変身を解くな。面倒なのが来る」

オーズ(唯)「…なに言ってるの?」


スタ、スタ、スタ……


?『最近顔を見せないと思っていたら…まさかオーズなんかを味方につけてきたなんて。びっくりです』

?『あ、その前に顔すら無い状態でしたね。くすくす…』

憂「…意外とすぐに気づかれていたとはな。相変わらずだ、カザリ」

カザリ『ふふ、やっぱりアンクだった。いつのまにそんな人間に取り憑いたんですか?』

オーズ(唯)「…猫型おばけ?」

憂「唯、こいつがグリードの1人、カザリ。生意気でいけ好かない奴だ」

カザリ『む…散々な紹介ですね。まぁ、いいや』

憂「あのヤミーをけし掛けてきたのはカザリ、お前だな」

オーズ(唯)「…ってことは姫ちゃんをあんな目にあわせているのは」

カザリ『さぁ、どうでしょうね…さて、何でもいいから早く私のコアメダル、返して下さい。持ってるの分かってるんですからね?』

憂「返せと言われて返したくなる奴がいるか? 唯、いくぞ。こいつに構うことはなかった…さっきのヤミーを」

カザリ『おっと、無視は困ります、よ!』バキィッ

オーズ(唯)「ふぐっ!?」ドサ…

オーズ(唯)「い、痛いぃ…」

カザリ『完全体じゃなくてもこの程度なら…』

憂「唯!」

オーズ(唯)「痛い…けど、大丈夫だよ…」

カザリ『…なんだかなぁ』

ガシッ

カザリ『何も知らなければ…あなたは今まで通りの平和な暮らしができたのに…』

オーズ(唯)「え?」

カザリ「片足突っ込んじゃった今こんなこと言っても仕方がないかな…えいっ!」バキィッ

オーズ(唯)「かはっ…」

憂(いくら完全体じゃないとはいえ…いきなりグリードとの戦闘はキツいか)

オーズ(唯)「むぐぐ…せいやっ!」ドカッ

カザリ『っ!?』

オーズ(唯)「こんなところでやられる気は、ないよ…姫ちゃんを助けなきゃいけないし…」

オーズ(唯)「それに姫ちゃんをあんなにしたあなたを懲らしめたいもんっ…!」ガシッ

カザリ『! っこのぉ!!』ザシュッッ!

オーズ(唯)「あうっ!」

カザリ『そういう正義感ぶるの…大嫌いです!』


アンク『ああ! 俺も同意見だ!』ヒュッ、パシッ

カザリ『え? …!』

カザリ『うああああああぁぁぁぁ!!?』ヒュゥン…ガクッ

アンク『上出来だ、唯。お前もたまには役に立つな』

オーズ(唯)「何したの?」

アンク『奴からコアメダルを1枚引っぺがしてやったんだよ』


カザリ『アンクぅぅ…お、まえっ!! よくもっ…』フラフラ…

アンク『ただでさえ力が無い状態でコアメダルを1枚失う気分はどうだ? え? カザリよぉ』

カザリ『かえ…せ!』

アンク『さっきも言ったが…返せと言われて返したくなる奴がいるか?』

オーズ(唯)「なんか可哀想…」

ヒュン…カチャ

憂「なに寝ぼけたこと言っている。こいつはお前ら人類の敵だ…じゃあな、マヌケ。いくぞ、唯」

唯「あ、うん!」

カザリ『こんな…こんな筈じゃ…!』




唯「姫ちゃんどこにいるんだろ…大丈夫かなぁ…」

憂「まだ言ってるのかお前は…ん?」

和「……」

憂「なんだ? お前」

唯「和ちゃん!」

憂「知り合いか」

唯「幼馴染だよぉ~」

和「唯、学校をサボってこんなところでお散歩ってところかしら」

唯「あ! すっかり授業のこと忘れてた…」

和「…ふふ、大丈夫。学校側には私が適当に早退の理由をつけといてあげたわ」

唯「さっすが生徒会長~」

憂「……」


憂「…おい、どうも匂うな」

唯「え!? 私臭いぃ!?」

憂「そういうことじゃない…そこの眼鏡。お前、何を企んでやがる」

和「……」

唯「の、和ちゃん? アンク…じゃなかった、憂なに言ってるの」

憂「…今さら平沢憂のまねなんてしても遅いだろうが」

唯「そ、そうだね…あはは」

和「ふふっ、唯は何があっても変わらないわね。さて、本題に入りましょうか」

和「ついてきて? 大丈夫。とって食べたりなんかしないわ」

憂「…ちっ」

唯「んー…?」





?『はっ! なんて様だ! 奪いに行ったのに逆に奪われてくるなんて』

カザリ『…うるさいです』

?『調子に乗るから悪いんだよ、大した力もないくせにさ』

?『ウヴァ。もうその辺にしておいてあげて? カザリだってちょっと油断していただけなのよ。ね?』

カザリ『…メズール』

ウヴァ『おい、だから私をその名前で呼ぶなって言ってるだろ!』

シュゥゥ…

律『ウヴァは禁止! 律かりっちゃんのみ!』

メズール『ああ…ふふ、そうだったわね。゛りっちゃん゛』

カザリ『ふん、馬鹿みたい…』

律「カザリてめー…」

カザリ『そんな゛欲望の塊゛みたいな名前の何がいいんだか』

メズール『こら…んもうっ、放っておいたらすぐ喧嘩するんだから』

?『メズール! 見て!』

メズール『あら、ガメル。どうしたの?』

ガメル『ほら! また新しい詩が書けたんだ!』

メズール『まぁ、すごいわぁ。ガメルは詩を書く天才ね!』ナデナデ

ガメル『え、えへへ…そうかな』

律「なんだよ、ガメルの奴…メズールばっかに甘えやがって」

メズール『さて、そろそろお茶の時間にしましょう?』

メズール『唯ちゃん抜きの、ね』

カザリ『……』




4