次の日!

憂「…ちっ」

「やっぱあれだよねー」「ねー!」

「あ、携帯買えたんだ!」「そうなの~」

憂(…なんで俺がこんなところにいなければならないんだ)

憂「唯め…調子に乗りやがって」

純「あ、あのー…」

憂「ああ!? なんだ!?」

純「ひっ…そ、その…憂、だよね…?」

憂「だからちが……そうだ、平沢憂だ。それがどうかしたか?」

純「い、いやぁ…すごいイメチェンしたなぁって…ほら、金髪とか…」

憂「悪いのか? え?」

純「いえいえ! めっそうもございませんっ! し、失礼しましたぁっ」タタタ…

憂「何だあのモップ頭は…くそ」




――――……

憂(とりあえず代わりの体は手に入れることはできた。あとは…俺のメダル集めを手伝わせる゛道具゛だけか)チラ

唯「な、なに? 憂のことはもう任せたでしょ…?」

憂「ああ、だがまだお前に用がある。唯」

唯「私?」

憂「お前はオーズに変身することができた。つまり、お前は俺達グリードやヤミーに対抗する力を手に入れたわけだ。だから」

唯「だから?」

憂「俺のメダル集めを手伝え」

唯「ええぇ!?」

憂「なに、問題ない。ただ俺が指示した通りに行動して、戦ってさえいればいいだけだ」

唯「そういう問題じゃないよ!?」

憂「何が不満だ、おい」

唯「だって私、もう戦う理由ないじゃん! おかしいよ!」

憂「俺の為に戦えばいい」

唯「それが嫌なのっ」

憂「ちっ…面倒な奴だ。それなら俺はこの女からすぐにでも離れるぞ。いいのか?」

唯「…は、離れてみなよ! すぐに変身してアンクなんてやっつけちゃうから!」

憂「……俺を? お前が? はっ、できると思ってるのか?」

唯「できるよたぶん。アンクはさっきのおばけにボコボコにされてたし。そのボコボコにしたおばけを倒したのは私だよ? つまり…」

憂「……」

唯「それにさっきのメダルがないと困るのはアンクの方だよね? 腕だけじゃ集めようもなさそうだし…」

憂(この女ァッ…)

唯「…でもそれじゃあアンクが可哀想だし、憂のこともあるし。ということだから、取引しようよ! アンク!」

憂「…なに?」

……―――――




憂(なにが取引だっ、ふざけやがって!)

「平沢さぁーん! お姉さんが呼んでるよー」

憂「…ちっ」


唯「やっほー、憂」

憂「゛アンク゛! 二人の時ぐらいはそう呼べ!」

唯「だって、憂は憂だもん」

憂「今はアンクだっ」

唯「ちぇー…じゃあアンク、調子はどう? 変なことしてない? いい子にしてた?」

憂「…ああ、お前に言われた通りいつもの平沢憂を演じている(その゛いつも゛がわかってないんだがな)」

唯「ほ、よかったぁー…暴れてるかと思ってハラハラドキドキだったよぉ」

憂「こんなところで目立つような行動、誰がするか」

唯「それもそうだよねーえへへ」

唯「とにかく何ごともなくてよかったよ。それじゃ、そろそろ教室戻るね」

憂「おい待て、いつまで俺はこの場所にいなければならない?」

唯「えっと…あ! おーい、あずにゃ~ん!」

憂「…あず?」

梓「唯先輩?」

唯「今日は何限まで授業あるの?」

梓「え? えっと…たしか6限目までですね。それがどうかしました?」

唯「4時ごろには帰れるよ~憂!」

憂「ふざけるなっ」

憂「俺はお前のペットじゃないっ、ふざけるのも大概にしておけよ!」

唯「ちょ、ちょっとぅ…アンク、怒鳴っちゃダメだよ…」ヒソヒソ

憂「知るか! 俺は帰らせてもらうからなっ」


唯「ちょっと待ってよ~! あぁ…行っちゃった」

梓「…なんか、その…憂どうかしたんですか?」

梓「今日は様子がおかしいです。髪だって染まってるし、言葉づかいも悪いし」

梓「…まるで別人みたい」

唯「あー…その、えっとね…」



ガシャーン!

「うわぁー!」

唯「な、なに!?」

梓「1階の方ですね。なにかあったのかな…」

唯(まさか…アンクが暴れて)

唯「わ、私ちょっと見てくるねー!!」


梓「ちょっ、唯先輩! …行っちゃった」

梓「……」

純「お、梓。今日は随分と遅い登校だったねー。何かあったの?」

梓「…まぁね」




ガシャーン!

姫子「えいっ、えいっ!」ガシャーン、ガシャーン、パリーン

「や、やめなさい! 危ないから! こらぁ!」

姫子「うるさぁい! えいっ」ブゥンッ

「ひっ―――」

唯「危ない!」ガシッ、シュ…

「え? ええ?」

姫子「えいえいっ!」ブン、ブン

唯「…姫ちゃんだよね? なんでこんなことを…」

「と、突然図書室に来て、バットで窓を割ったりと暴れだしたんだ…君も危険だからここから離れなさい! こ、ここは私が…」

姫子「えいっ」バコン

「うげぇ…」フラ…バタリ

唯「せ、先生!? 姫ちゃんどうしちゃったの!?」

姫子「わぁぁー!」ブンブンッ


姫子「えーい!」ブォッ

唯「ひっ……あれ?」


ガシッ

姫子「んー! んー!」グググ…

アンク『手間かけさせやがって…』

唯「アンク!」

アンク『今お前がやられたら俺が困る。 ふんっ』ドン!

姫子「っ!」

唯「姫ちゃん!」

アンク「奴を心配している場合かっ。お前、殺されかけたんだぞ」

唯「おかしいよ…姫ちゃんはあんなことしない! とってもいい子なんだよ!?」

姫子「もっと…壊したい! 壊させてー!」

唯「やっぱり…様子がおかしいっ」

アンク『ふん、ビンゴだな』

唯「え?」

アンク『奴の、物を壊したいという欲望が暴走している。つまり…』

ガシャーン

姫子「わあぁ~!!」タタタ…

唯「姫ちゃん!? 待って! ど、どうしよう…」

ヒュン…カチャ

憂「奴を追うぞ!」

唯「う、うん!」

タタタ…



?『…アンク、見つけましたよ』





3