桜高屋上

唯「あっ、きたよー!」

MUGI「シュゴーーーーー」

律「うわっ!でかっ!!」

梓「見た目もまんまムギ先輩ですね…」

澪「ひいぃぃぃ…」

『みんなー聞こえるー?』

唯「あっ、ムギちゃんの声だ!」

紬『これがメカムギちゃんだよ』

唯「すごーい!かっこいー!」

律「ムギー、私達も乗せてくれないかー?」

紬『ごめんなさい…これ一人乗りなの…』

律「ちぇー」

梓「ていうかいいんですか?寄り道なんてしてて」

紬『あっ、いけない!そろそろ行かないと!』

唯「頑張ってねー!」

MUGI「ゴゴゴゴゴ…シュドーーーン」


オペレーター「MUGI、進路戻しました」

佐々木「なんなんだ一体…」

麻生「頭が痛い…」





デデデッデデデッデデデデデデデデデー♪(ゴジラのテーマ)

ゴジラ「アンギャアアアオェ」ゴーーーー

東京タワー「」ドカーン

ゴジラ「ギャアアオ」ゴーーー

スカイツリー「」ボカーン

ゴジラ「アンギャアアオェェェ」


紬『そこまでよ』

ゴジラ「!?」

MUGI「シュゴォォォ……ガシュウウン」


佐々木「ついにメカムギちゃんの初陣ですな」

麻生「うむ……」


ゴジラ「グゥルル……」

紬「わぁ…本物のゴジラ!初めて見た!」

紬「…って喜んでる場合じゃないわ。やっつけないと!」

紬「えーと、ここを押すと…」ポチ


MUGI「ドントコイデス!!」

ゴジラ「!?」


佐々木「……」

麻生「……」


紬「次はこのスイッチ!」ポチ

MUGI「ウイーン、ウイウーン」

MUGI「プクプクプク」パタパタ

ゴジラ「!?」


佐々木「……」

麻生「……」


紬「次はこれね」ポチ

MUGI「ウイーン」

ガシャン

MUGI「」コポコポコポ


佐々木「な、なんだあれは」

麻生「巨大なティーセット…?」


MUGI「オチャガハイリマシター」

ゴジラ「!?」


MUGI「」ブン

バシャアアアア

ゴジラ「ギョアアアア!?」


麻生「お、おお…?き、効いてるぞ!」


紬「うーん、ここは肉弾戦でいったほうがいいかも…」

MUGI「」ガシャンガシャン

紬「えっと…パ、パンチ!」

MUGI「」ポカ

紬「キック!」ポケ

ゴジラ「…」

紬「そんな!全然効いてないわ!」

ゴジラ「アンギャアアアアオェェェ!!」ゴバーーーー

紬「きゃっ」

MUGI「ボカーーーン」


佐々木「なっ!?」

麻生「お、おいなんだあいつ滅茶苦茶弱いぞ!?」


MUGI「ギギギ」

紬「いたた…。どうしよう、まるで歯が立たないわ…」

ゴジラ「アンギャアアアオェェェ」


麻生「あん……の眉毛親父ッ!!デタラメな設計しやがって!ポンコツじゃないか畜生!!」


ゴジラ「アンギャアアアアア!!」

紬「きゃあああっ!!」


佐々木「まずい!やられる!」

麻生「くっそぉぉ……!」


ゴジラ「」ゴバァァァーーー

『そこまでです!』

ゴジラ「!?」


佐々木「な、なんだ!?」

麻生「あ、あれは…UFO!?」


紬「あ、あなたは一体…」

『紬さん、大丈夫ですか?』

紬「その声は…!」

紬「憂ちゃん!?」

憂『遅くなりました。もう大丈夫ですよ』

紬「ど、どうして憂ちゃんがここに…。それにそのUFOは…?」

憂『今まで隠してましたが……』


憂『実は私、X星人だったんです』


佐々木「な、なんだってーーー!?」

麻生「な、なんだってーーー!?」


紬「X星人!?じゃ、じゃあまさか唯ちゃんも…」

憂『はい、X星人です。X星人の女はみんな同じ顔…。私とお姉ちゃんがそっくりなのも、それが理由なんです』

紬「そうだったの……」

憂『我々X星人は、ゴジラを倒すために地球人には内緒で対ゴジラ兵器を開発していました』

憂『そしてこれがその兵器…』

憂『その名も、メカオネエチャン!!』

フイイィィン…


麻生「なっ!?UFOが変形していく!?」


ウイイイーーーンガシャーン…

YUI「ウーーーイーーー」

ゴジラ「!?」

YUI「アーーーイーーースーーー」ズボァァァァァ!!!

ゴジラ「グゲェェェェ!?」ドカーン

YUI「うん」

YUI「たん」ズゴゴゴゴゴゴ

ゴジラ「グギャアアアア」

ゴジラ「」

紬「やった!勝ったわ!」


佐々木「…やりましたな」

麻生「あぁ…ついに我々の念願が叶った…」

三枝(あれ…超能力いらなかったんじゃ…)


紬「ありがとう憂ちゃん!助かっちゃった!」

憂『いえ、お礼には及びません』

紬「えへへ。…あ。そろそろ戻らないと!みんなとお茶しなきゃ!」

憂『はい。私も家に帰ってお姉ちゃんのご飯作らないと』

紬「うん!じゃあ明日また学校でね」

MUGI「ゴゴゴゴゴ……シュドーーン…」


憂『……』

憂『フフフ……』ニヤリ




その夜 秋山家

モスラーヤッモスラー…♪

澪「うーん…ムニャムニャ…」

『起きて…起きてください』

澪「ん……?あ、あれ…?妖精さんだ…。夢かな…?」

コスモス『私達ははるか遠くのインファント島からあなたにテレパシーを送っています。今、地球に危機が迫っています』

澪「ちきゅうのきき……?」

コスモス『X星人はゴジラを撃退してくれましたが…実はそれには裏があったのです…』

澪「え…?」

コスモス『X星人達には秘密の計画があったんです…』

澪「秘密の計画…?」

コスモス『そう…』

コスモス『全人類お姉ちゃん化計画が…!!』