コンテニュー


――

―――


#6 学園祭!

スネーク「おお、和ちゃんの警察コスプレか」

リキッド「やはりりっちゃんは天使だな」

マンティス「あずにゃんペロペロ」

オタコン「まだあずにゃんは登場してないよ」

やいのやいの


ピンポーン

リキッド「ん?」

オタコン「またお客さんだね」

スネーク「今日はずいぶん多いな…悪いが一時停止しておいてくれ」ヨッコラセ

マンティス「俺がリモコンを使わずに停止させてやろう」

マンティス「フンッ!」

ピッ

リキッド「おお!」

マンティス「ウェァーハッハッハ!!」


スネーク「まったく今度は誰だ?」

ガチャリ

グレイフォックス「スネーク」

スネーク「グレイフォックス!」

フォックス「久しぶりだな、スネーク」

スネーク「まさか、お前はザンジバーランドに…」

オタコン「就職したはず…」

フォックス「アルバイトだがな」

スネーク「今日はシフトのはずじゃなかったか?」

フォックス「バイトはやめた」

スネーク「またかフォックス!!」


スネーク「まったく…」

フォックス「ん?リキッド、マンティスまでいるのか」

スネーク「ああ。だが今日はいったいどうした?」

フォックス「スネーク、今から俺の部屋で鍋パーティをやらないか?」

フォックス「もちろん、オタコンたちも一緒でな」

スネーク「鍋か…確かにまだ夕飯を食べてないが…」

オタコン「フォックス、悪いんだけど僕たちはいま『けいおん』を観ているんだ」

フォックス「『けいおん』…」

フォックス「それなら良い案がある」

スネーク「?」

フォックス「うちの部屋で夕食を摂りながら続きをみるといい…ブルーレイがあるぞ」

スネーク「本当かフォックス!」

フォックス「ああ」

フォックス「けいおん鍋パーティとしゃれ込もうじゃないか」

リキッド「俺のカレーもあるぞ!」

オタコン「それならけいおん鍋カレーパーティだね」

一同「はっはっは!」



――

―――

フォックス「どうぞくつろいでくれ」

スネーク「相変わらずすぐ仕事を辞める割りに妙に機器の揃った部屋だな」
          ナオミ
フォックス「金なら毎月妹が振り込んでくれている」

スネーク「お前…妹に養ってもらっているのか…」

フォックス「持つべきものは家族だよスネーク」

リキッド(ああなったら終わりだな…)

マンティス(血の繋がらない妹…ゴクリ)



――

―――

ワイワイ

リキッド「おい、マロニーはあるか?」

フォックス「もちろんあるぞ」

オタコン「やっぱり鍋にマロニーは欠かせないよね」

マンティス「リキッドのカレーもなかなかいけるな」ムシャムシャ

スネーク「ああ、スパイスが効いている」ムシャムシャ

リキッド「そうだろう、自信作だからな」

ワイワイ


リキッド「お、次はクリスマス回だな」ムシャムシャ


憂『お姉ちゃんもいろいろ手伝ってくれました!」


オタコン「やっぱり憂ちゃんは健気で良い子だなぁ」ムシャムシャ


和『あ、それ私だわ』


スネーク「プレゼントに海苔とは…意外に天然だな和ちゃん」モグモグ


律『エアドラムーちゃちゃーんちゃちゃーん』


リキッド「りっちゃんは天使!あ、ちょっと味ポンとって」

オタコン「ほんとにキミはりっちゃんが好きだね。はい、味ポン」

マンティス「あずにゃんペロペロ」

オタコン「あずにゃんはまだ出てないよ」

やいのやいの


紬『マンボウのマネでしたー』


フォックス「むぎゅうううううううううううううううううううううう!!!」ブルブルブルブル

一同「!?」


フォックス「むぎゅうううううううううううううううううううう!!!」ブルブルブル

スネーク「どうしたフォックス!薬が切れた人みたいになってるぞ!」

オタコン「ひいい…」チョロチョロ

リキッド「とりあえず抑えるんだ!飯がこぼれる!」

マンティス「あずにゃんペロペロ」

ワーワー ムギュウウウウウ ドタバタ



――
―――

フォックス「すまない、取り乱してしまったようだ」

オタコン「いやあまさか君があんなにムギちゃん好きだとは…驚いたよ」

スネーク「人騒がせなヤツだ」

フォックス「ムギちゃんのあまりに可愛すぎる姿をみると興奮を抑えられなくてな」

オタコン「もはや病気だね」


リキッド「まったく、続きを観るぞ…ん?」

スネーク「どうしたリキッド?」

リキッド「フォックス、ブルーレイの次の巻が無いぞ?」

フォックス「そんなはず…ああしまった、そういえば今雷電に貸しているのだった」

スネーク「雷電…?雷電ってあの雷電か?」

フォックス「ああ、マンション『アーセナル』に住んでいるあの雷電だ」

スネーク「だがしかし…あいつはリア充だぞ?リア充はアニメなど観ないだろう」

オタコン「スネーク。驚くことに『けいおん』はいまやリア充御用達のアニメでもあるんだ」

スネーク「そんなバカな!それじゃあヤツは今彼女が居る身でありながら『けいおん』を観ているのか!?」

オタコン「そうだよ…そしてあろうことか『俺アニメとかみちゃうオタクだしーwww』なんて会話をしているんだ!」

スネーク「なんということだ…」


スネーク「フォックス!そんなやつに遠慮する必要は無い!」

スネーク「今すぐ呼び出して持ってこさせるんだ!」

フォックス「そのつもりだ」

プルルップルルッ



――
―――


ピンポーン

フォックス「来たな」


ガチャリ

雷電「来たぞ、フォックス」

ローズ「こんばんは」

一同「!!」

一同(コイツ彼女連れてきやがった!!)


リキッド(メガバンク勤務の上イケメンしかも彼女持ち…!)ビキビキ

オタコン(クッ…僕たちがこんな安アパートの一室でけいおん鑑賞会をしている間コイツは…!)ビキビキ

雷電「なんだみんなで『けいおん』を観てるのか?」

雷電「面白そうだな、俺たちも混ぜてくれよ」


スネーク「ふざけるな!」

雷電「!?」


スネーク「俺達の領域に踏み込むな!」

スネーク「リア充は帰って彼女とイチャイチャしてればいいんだ!」

雷電「なんだと!」

リキッド「そうだ!リア充はDVDを置いてさっさと帰れ!」

一同「かーえーれ!かーえーれ!」


雷電「くっ…なんて連中だ…」

ローズ「い、行きましょう?ジャック…なんだかこの人たち怖いわ…」

雷電「ああ…」

カーエーレ カーエーレ スタコラサッサ



――

―――

スネーク「ふぅ…まったくとんでもないヤツだ」

リキッド「あんなクソリア充に貸すなんてどうかしてるぞ」

フォックス「面目ないな」

オタコン「まあまあ、気を取り直して続きを観ようよ」

スネーク「そうだな。どうせだ、今日は徹夜でパーっとやるか」

オタコン「そうしよう!」

フォックス「それなら俺はお菓子と飲み物を持ってこよう」

マンティス「あずにゃんペロペロ」

一同「はーはっはっは!」





3