4日目

唯「和ちゃんが、やられた……?」

澪「ああ、エリに。詳しくはよくわからないけど」

唯「そんなバカな話ないよっ」

澪「でも事実だ。それよりも唯、私たちにはまず倒さなければならない相手がいる」

憂「律さんですね」

澪「違う! 奴は膣だ! 律なんかじゃない!」

唯「膣? りっちゃんは?」

憂「膣さんは……律さんのもう1つの人格なの」

澪「奴の能力と運動能力は凶悪だ。1人じゃ敵いっこない。だから……」

唯「嫌だよ!」


唯「手を貸せって言うんでしょ? やだ!」

澪「唯! 膣は本当に強いんだぞ!?」

唯「だったら尚更だよ。ちっちゃんは私がやる!」

澪「唯!」

憂「お姉ちゃん!」

唯「ワクワクするね」

澪・憂「え?」

唯「2日前なら私より強い人なんて……とか思ってたけど」

唯「相手が自分より強いほど、ワクワクする」プルプルプル

唯、武者震い。

胸の高まり、治まることはない。
そう、これが今の平沢唯だ。


憂「……お姉ちゃん、どうして私がこのゲームに参加したかわかる?」

唯「ん?」

憂「お姉ちゃんがもうカンチョーなんて嫌いなんて思うようになるまで」

憂「完膚なきまで叩きのめすために参加したんだよ」

澪「えー……」

唯「ふふふっ、だったらやってみなよ。憂」

憂「この為だけに今日まで生き残ってきた。お姉ちゃん」

憂「今の私を倒すことができなければお姉ちゃんは膣さんに勝つことはできない。だから!」

唯・憂「勝負ッ!」


澪(な、なんだ……この威圧感は……! 互いが互いを……これは……!)

澪「見える、見えるぞ……今の私にはあの子たちのカンチョー力が……!!」

澪、第2の能力を開花させる。
そして始まる平沢姉妹の対決。

澪「唯のカンチョー力が爆発的に上がっていくぞ……9000、いや、9566!」

唯「これが私の全力全開!」

憂「まだまだ、そんなんじゃ膣さんには勝てない!」

澪「11024!? ば、バカな……カンチョニストとして目覚めて間もないのに」

唯「大事なのは数値じゃない。それに私の力はそんなもんじゃ計り知れないよ!」

動く、唯。一歩一歩、力強く、地を踏みしめながら。
負けじと憂迫る。
彼女たちが歩みを進めるたび、大地が大気が地球が震えるッ!

憂(お姉ちゃんには能力がない。つまり力と力のぶつかり合い!)

唯(憂には小手先の手段は通用しない。恐らく、一撃でこの勝負)

唯・憂(決まるッ!)

澪「互いが互いを全く譲らない真剣勝負……見届けさせてもらうぞ、唯。憂ちゃん!」

一瞬の静寂。
そして嵐、吹き荒れる。

憂「はっ!」

静の憂、掌底を瞬時に唯の懐へ叩きこむッ!
だがしかしまだ終わらない!
怯んだ唯の頭をむんずと掴むと膝蹴りをお見舞いッ!

澪(終わった……!)

唯「ううん! まだだよ!」

恐るべし唯。重い一撃を顔面に受けようと戦意を喪失させない。
動の唯、拳を握りしめると憂の腹部目掛けて連続殴打ァッ!
だがしかしまだ終わらない!
打つべし、打つべし、殴るわ、殴るわ、止めることを知らない!

唯・憂「ぺっ……」

互いに血が混ざった痰を顔に吐きつける。

これが姉妹か、これがあの仲良き姉妹の姿か、これがッ!

不和が戦いを呼び、戦いが不和を呼ぶ。

澪「そうかわかったぞ! これが平沢姉妹の姉妹喧嘩……!」


唯「次で終わらせるよ、憂」

憂「奇遇だね、私もそう思っていたところ」

澪「カンチョー力が!! そ、そうか……これはカンチョー合戦! カンチョーしたもん勝ち! つまり!」

澪「あの殴り合いは無意味! そう、挨拶みたいなものだったんだ」

憂「やああああぁぁぁぁー!!」

突っ込む憂。突進。
彼女の心は折れない。
ただただ、ひたすら真っ直ぐのみ。

唯「必殺……!」

迎え撃つ唯。
真っ直ぐ、正面見据えてどっしり構えるその姿、まさに武士。
嗚呼、もはや何も言うまい。

この戦い、勝者は――

唯「唯式・雲丹<うんたん>ッ! かんちょー!」

――ズブリ。




・・・

エリ「たいらのさわただ?」

とめ「そうさ、平 沢唯。平安時代に活躍した超元祖のカンチョニスト」

とめ「彼奴は自分より強き者を欲し、戦そっちのけで日本中を駆け巡ったそうだよ」

とめ「平家の将の癖に、ね」

エリ「そんな話、このカンチョーバトルロワイヤルとなにが関係あるの?」

とめ「まあ、聞きな。そんな沢唯がついに見つけた宿敵、それが……」

エリ「田井中膣?」

とめ「わかってるじゃないか。妖怪・膣。沢唯はなんとか膣を倒したが、あまりにも強大すぎるその力を封印した。ある家系にね」

エリ(その家系、とんだとばっちり受けてない?)

とめ「後に沢唯は自分が編み出した奥義を書き連ねる。それがこの奥義書・京怨」

とめ「私ら姉妹はこの書物に記された秘奥義をこの目で見届ける為に再び膣を解き放ったのさ」

とめ「膣を止める者……天敵、平 沢唯の生まれ代わり、平沢唯。ふぇっふぇっふぇっ!」

とめ「さぁ、時間だ。行こうかい、我が愛弟子よ」

エリ「う、うん」




憂「いたた……」

憂「もう、お姉ちゃんってば思いっきりやるんだから」

憂「可愛いおしりがこんなに真っ赤っか」

憂「……」

憂「止められるよね、お姉ちゃんなら。膣さんを」

憂(それにしてもあの必殺技……とんでもない)

憂「あれがお姉ちゃんの必殺技……!」

平沢憂。敗退ッ!




膣「よう、そろそろ来る頃だと思ってたぴょん」

唯「あれがちっちゃん? りっちゃんが前髪下ろしただけじゃない?」

澪「外見はそうだけど、中身は全くの別人だ……」

膣「澪も来たのかよ。なんだか観客が多いなぁ、げへへ」

澪「観客……?」

膣「さぁ、やろうぜ! カンチョー合戦を! その為に来たんだろう?」

唯「もちろんだよ!」

膣「げっひゃひゃほひー! いいねいいね! せいぜい私を楽しませてくれ!」

唯「それはこっちの台詞だよー!」

澪(一気に辺りの空気が重く……っ。どちらともとんでもないカンチョー力だ!!)

膣「何百年ものあいだ眠り続けてたんだ。しっかり楽しませてもらうさ」

膣「お前のそのそそる尻でなァー! ファーックしてやるぜ!」

唯「むむっ」

澪(膣、ふざけた奴だがあなどれない! なによりも怖いのはあの能力!)

澪「唯、気をつけろ。あいつは私の時間停止能力を使える」

唯「問題ないね! 澪ちゃんはここで黙って見てて」

唯・膣「何人たりとも、私たちの邪魔したら突き殺す」

澪(すでに戦いは始まっているんだ……! 唯、律を、律を助けてくれ! 膣なんかに負けるな!)

――ドドドドド。

今、歴史に残る戦いの火蓋が落とされる。

勝っても負けても文句なし。

それが、カンチョーバトルロワイヤルゥッ!! ファイッ!




10