3日目

澪「ん? 憂ちゃんじゃないか」

憂「あ、澪さん」

澪「律はどうしたんだ? ははーん、さては嫌気がさして同盟から抜けたな」

憂「いえ、そうじゃなくて。ちょっとはぐれちゃったんです」

澪「はぐれた……? ふっ、丁度いい。憂ちゃん、私とやろう」

憂「え」

澪「私の能力は遂に覚醒しきった。試し切りのようで悪いが……いくぞ!」

憂「!」

突如として始まる戦い! そう、これがカンチョーバトルロワイヤル!
自分の周りは敵だらけ、進む先進む先、全てに自らを阻む壁が存在する!

澪「さぁ、受けてみるがいい。これが私の、完全無欠の能力だ……!」


チクタク、チクタク。

教室の時計の短針が進む音だ。

チクタク、チ――――

短針の制止。
それはすなわち……

澪「時間停止っ! 私以外の全ての時間は止まったぁっ!」

澪「どうだ? これこそ最強の名にふさわしい能力だと思わないか、憂ちゃん」

澪「と、言っても聞こえてないか。ははは……さぁ、止めていられる限界は約10秒! さっさと仕留めさせてもらうぞ」

憂「10秒なんだ……」

澪「え゛」

澪、驚愕ッ。

そこには時間停止した憂ではなく、何事もなかったかのようにその場に立つ彼女の姿があった。

憂「澪さんが能力を教えてくれたお礼に、私のも教えてあげます」

澪「や、やめろ……くるなァ!!」

憂「私のは――――」



澪「ううぅ……おしりがヒリヒリするよ……」

憂「ごめんなさい。ちょっと思いっきりやっちゃって」

澪「いや、いいよ。これで目が覚めた」

澪「何を舞い上がっていたんだ、私は……」

澪「能力が完成した程度で。そう、私が目指すのは勝利だ!」

澪「自己満足なんかで終わってたまるか! じゃあね、憂ちゃん」

憂「澪さん……」

これが澪の真の覚醒の時である。

それにしても憂は今のところ参加者の中では撃退数が一番。
これは未来のカンチョニストクイーンの誕生か!




・・・

梓「はぁ、はぁ……はっ、ははは!」

梓「ザマァないですねぇ! 唯先輩!」

唯「……」シュ~…

場面変わって校庭だが。
おっと、まさかのリベンジ戦。
なんということか、死闘の末そこに立っているのは中野。
唯といえば地面にキスしてる様な状態ッ!

梓「遂に私は手に入れたぁ! 速さと電気の力! 両方の真の力を!」

唯「っぐ……」

唯(私が……あずにゃんに倒される……!?)

梓「はっはっはー!」

完全無欠、中野ちゃん。


梓「ふふ、後は唯先輩のそそる尻の穴にカンチョーすれば勝ち……へへへ」

勝った! 私は勝利を手にした!
そんな顔をしてカンチョーの構えをしつつ、唯へ近寄る中野。
だが甘いぞッ。勝負は最後までわからないものだ。中野ォ!

唯「そこだぁっ!」

梓「!」

梓「おっと……お痛はだめです。唯先輩」

飛んできた唯の拳を寸でのところで後ろに下がり、避ける。

梓「あなたはどうして能力を使わないんですか? あ、ごめんなさい」

梓「使わないんじゃなくて使えないんですよねぇ~? 能力持ってないんですもんねぇ~?」

唯「そんなもんなくたって私は十分やってけるよ」

梓「甘い甘い! そんなんだからこんなことになってるんですよ……」

瞬間、中野のツインテールが逆立ち、放電を起こす。
そして、クラッチングスタートの構え。

梓「完膚なきまで潰してあげますよ。この最大最強の技で!」


梓「さぁ、くらいなさい! エレキとスピードのコラボレーション!」

視界に唯の姿を入れ、睨みを利かせる。
どうやら狙いはしっかり定めたらしい。

唯「お喋りは隙を生むよ、あずにゃん」

梓「ふん、減らず口を……行きますっ!!」

――ビュンッッッ。

高速。いや、超音速。いやいや超光速ッ!
もはや、その姿を確認することは不可ッ!
絶対的速さ! 彼女に速さで勝てる人間はこの世にはいないッ!
校庭に立つ木々が吹き飛ぶ、だがその中で唯はひたすら踏ん張り、耐えるゥゥッ!

唯(どこ! あずにゃんはどこにいる!?)

目視など不可! 知覚することなど不可ァ!!

梓「わたしのk――――――――」





――シュウウウゥゥゥ~。

唯「……なんだこれ、バター?」

そこにあるのは脂の塊、黄色い固体。唯の言うとおりバターである。
はたしてこれはどういうことか?

唯「そうか……!」

唯「あずにゃんは速すぎた。だから、バターになっちゃったんだ!」

なんという恐ろしい事実。

自身の能力が身を滅ぼしたのだ。
遂にこのカンチョーバトルロワイヤル内に死人が現れてしまった。
そう、彼女は誰よりも速かった。いや、速すぎたのだ。

中野よ。人には越えてはならない限界がある。

中野梓。惜しくもゲーム敗退にして死亡ッ!
強敵(とも)の死を胸に、唯はさらなるステージへ……!



一方……。

和「そろそろ姿を現したらどう?」

「お、気づいていたんだ」

和「当たり前でしょう。あなたのことだからそうだと思っていたわ」

エリ「ふふふ」

和「……私がこのゲームに参加したのはあなたが目的」

エリ「知ってるよ。私を倒したいんだよね、和」

和「ええ。エリ」

和「同じ師から学んだ弟子同士……どちらが優れているのか」

エリ「おーけー……皆まで言うな」

エリ「私もそろそろケリをつけなきゃって思ってたところなんだよねー」

バッ、シュッ


和「いくわよ」

エリ「こっちもね」


彼女らは果たして人なのだろうか。
いや、化物か。

言葉では言い表せられないカンチョー合戦がそこにはあった。
お互い、力の出し惜しみはなし。

真剣勝負。

しかし、このままでは校舎の方が持たないッ。

和「場所を変えましょう! ここでは地球を破壊しかねないっ」

エリ「しゃーねぇ、よしっ、上へいくよ!」

和とエリは高く跳躍すると教室の天井を突き破り、上へ上へと昇っていく!
わかったッ。もうこいつら人間じゃないッ!
まだまだ上昇するッ、空をも抜けるッ。

そして宇宙(そら)へ。



8