2日目

憂「で、どうするんですか?」

律「そこなんだよ」

律「正直生き残る以外にすることがよくわからん」

憂「そ、それで内側から否定するとか言ってたんだ……」

憂、しばし沈黙。そして考える。

隙を突かずとも律を撃破することは容易い。
こうして近づいたのは確実に一人を潰すためだ。
しかし、律のカンチョー否定派としての意見にはとても同意できる。
なぜなら憂も……

憂(いざとなったら切り捨てます。律さん……!)

律(私たちがするべきことは争いじゃないんだ……考えろ、私)




場面変わって軽音部部室。

ここにカンチョニスト最強を純粋に目指す一人の少女の姿が。

唯「うーん」

唯(能力なんて正直反則だよ! ありえないし!)

唯「でも……」

能力なしにしてこのゲームを生き残るには少々厳しい状況となった。
自慢の技も和には通用しない。
もしかすれば次第には和以外にも技が通じなくなるかもしれない。
皆、脅威べき早さで敵を解析し、学習しているような気がしてならない。

唯はショックを受けたッ!

師以外にも自分を越える存在が潜んでいたことに。

と、ここで中野登場ッ!
昨日律に仕掛けたように突然部室に入ると同時、唯へ襲いかかるゥッ。

梓「んあああぁぁぁあああああ~!! 覚悟ぉっ!」

唯「とあぁっ」

梓「へぶんっ!」

唯はソレに落ち着いて対処した。

自分の隣にあった椅子を掴み、中野目掛けて投げつける!
イエス! クリンヒットッ!
これは痛い! 中野ってば弁慶の打ち所を抑えて床をゴロンゴロン。

そこを唯が捕まえ、馬乗りにッ!

これは上手いぞ。 しっかり両膝で中野の両腕を抑えている。
今この瞬間、中野を支配しているのは唯だ!

唯「なに考えてるの」

梓「いや、えっと……ちょっと奇襲をと……」


唯「さて、どうされたいのかな。あずにゃん」

唯「今の私はあずにゃんにも手加減なしだよ」

梓「唯先輩、目がマジです……」

梓「だ、だけど! 私だって大マジです! 真剣ですよ!」

唯「ほぉ、じゃあこの状態からどうするつもりなのかな?」

梓「……くっくっくっ、唯先輩。私、能力を使わせてもらいます」

不敵に微笑む中野。突如、彼女のツインテールが逆立つ。
その姿、まるで……クワガタ!

唯「なにを……」

梓「くくっ、感じますか。電気の力を……ほら、いきますよ?」

梓『アズサエレキフラッシュ!!!!』

唯「!」

バリバリバリバリィィッ。梓を包む電気のバリアは唯をシビれさせるゥゥゥッ!!
どういうことだ中野! お前の能力は一つではなかったのか!?

唯「ぎゃああああぁぁあぁああああああああぁぁぁ!?」

このまま中野にくっついていればコゲコゲは免れない!
しかし、唯は中野を離さない!
なぜだ、なぜなんだ平沢唯ッ!

梓「くっくっくっ! このままだと死にますが!? 唯せんぱぁ~い?」

唯「わあああぁぁぁぁぁあああああ!?」

梓「いいことを教えてあげますよ! 私は現在能力を二つ所持しています!」

梓「唯せんぱぁい。私は逆境に追い込まれるほど強くなるんです! サイヤ人ですっ!」

梓「これも、くくっ! 純のおかげ! 奴のおかげで私はパワーアップしたぁ!」

梓「いわば私はただの中野梓じゃありません! あずにゃんですらない!」

梓「そう、私は……!」

唯「かんちょー!」ズブリ

梓「きゃひっ……!?」

つゥゥゥゥらぬいたァァァァッッッ!!!

唯が中野を貫いたァ!
しかしッ、いったいなにが!?
審判兼解説の山中さわ子! 私、今とても興奮しておりますッ!


梓「バカな! なにが……!?」

唯「ふふっ、あずにゃん。どうやら私もあずにゃんと同じみたいだよ」

唯「追い込まれるほど強くなれる……!」

梓「ちっ……!」

梓「しかし、いつのまに私のアズサエレキフラッシュから逃れてカンチョーを?」

唯「あの電撃の弱点がある!」

唯「威力が強いのは最初だけ。徐々に電気の力も弱くなっていったよ。貧弱だね」

梓「……」

梓「つまり、私のアズサエレキフラッシュに慣れてしまったと……しかしいきなり私に気づかれずにカンチョーした件は?」

唯「あずにゃんってばお話に夢中になってたから、簡単にカンチョーできたんだよ」

唯「ダメだね。自分に酔っちゃうタイプってやつは」

梓「畜生ッ……!」

中野! リーチッ! 唯と並んだ!
さぁ、戦いは加速する。




澪「お前もこのゲームに参加していたとはな、いちご」

いちご「悪い?」

澪「いやぁ、むしろ嬉しいよ。未知の実力を秘めた敵ほど面白い」

澪「いちご、お前は……私に勝てない!」

いちご「逆。あんたが私に勝てない」

澪「は……?」

いちご「断言してあげる。絶対に勝てない」

澪「ふん、私を前にしてこうも言い切れるだなんてな。見ていろ、すぐに私の恐ろしさに気づくことになる。そしてこの能力にな!」

いちご「……」

澪「じゃあな! 今日のところは見逃しておいてやる! あはははは!」

いちご(あそこまで言っておいてなんで戦わない?)

澪、相手を前にして逃走。なにを企んでいる、秋山澪。
そしていちごの絶対的勝利の自身、謎が深まる。




一方こちらはアンチ・カンチョー同盟。
実のところ私は彼女たちが一番気になるところだ。
そして今まさに、彼女たちの実力が開花するとき。

和「律、憂。くだらないマネはやめなさい」

律「くっ……和っ」

圧倒的威圧感! まるで目の前に巨大戦艦でもある様。

憂「和ちゃんには関係ないことだよ。邪魔しないで」

和「言うわね、憂。でも正直言って私にとってあなたたちの様な存在は邪魔なの」

和「早々にこのゲームを棄権するか、私にヤられたいか、選びなさい」

和「どちらか、一つの道を」

律「こ、こいつぅっ……」

憂「すごいプレッシャー……!」

憂(でも待って、ここで和ちゃんを仕留めれば)

和「無駄よ」

憂「!」

和「あなた達如きが私に敵うわけがない。そう月とスッポンの差なのよ」

憂(私の思考を読んだ? まさかこれが能力……?)

和「違う。私ぐらいの猛者になれば相手の思考を読むなんて序の口なのよ」

恐るべし、生徒会長和ちゃん。
もはや人間か疑うレベル。

律「う、うわあああああ!!」

憂「律さん!」

ここで律、和に襲いかかる!
これはあまりにも無謀すぎやしないか。

和「ノロい!」ズンッ

律「あぅ!」

律の突進を華麗にかわし、右手の人差し指を立てて律の背中を突いた。
なにやら律の様子がおかしい。和の前にひれ伏してピクリとも体を動かせずにいるッ!

律「か、体が動かない!?」

和「秘孔を突かせてもらったわ。体の自由が効かないでしょう?」

憂(っ、どうする? ここで律さんを切り捨てて逃げる!?)

憂、選択の時。




6