律「澪!なんで怒ってるんだよ!」

   澪「…律がわからないならいい。私の問題だから」

   唯「わ、私かなぁ?私がなんかしちゃった?」

   澪「唯のせいじゃないよ、私の問題だよ」

   律に誘われて買い物に来ていた私達の空気は最悪だった。

   朝、駅前で待ち合わせをして…先に唯が来てたから二人で話をしながら待っていた。…ムギは午後から違う場所で落ち合う事になってたけど。
   …律もすぐに来たけど、律が不機嫌そうで…。私は必死に空気を良くしようと頑張った。

   服を見に行ったけど、今日はバーゲンだからか…凄い人。
   はぐれそうだなぁ…と思って気をつけようと思った矢先、律は唯と腕を組んで楽しそうに人混みに紛れていった。

   …なんだよ、どうして今日…私も呼んだんだよ…

   悲しいような悔しいような…寂しい気持ちに押し潰されそうになって、泣きそうになった。

   私、なにかした?律に悪いことした?

   そんな風に感じて入り口から動けなかった。

   律「澪はもういいのか?」

   澪「あ…う…うん」

   戻ってきた律は機嫌が良くなっていて、私は逆に気分が重くなる。

   店を出て、私の態度の変化に気付いたのか律が声をかけてきて現在に至る。

   どうして、わからないんだろう…。
   ちょっと無神経なんじゃないか、と私もつい意地になる。

   律「言ってくれなきゃわかんないだろ!」

   澪「…私、居なくても良かったなら無理に声掛けなくても良かったのに」

   唯「えぇっ!?やだよ、澪ちゃんがいなきゃっ」

   澪「…空気悪くしてごめん…私…今日は帰るから」


   それよりも自分自身がこの空気に耐えられなくて…帰ろうと背を向けると、律に抱きつかれて動けなくなる。

   律「待ってよ澪!私が悪かったよ…ごめん…最初…私がちょっと機嫌悪かったし…二人で先に行っちゃったのは謝るよ!…ほんとごめんっ…だから帰るなよ!澪が帰っちゃうのやだよ!」

   澪「いいよ、私がこんな空気悪くしちゃったんだし…悪いから帰る」

   律は離さなかった…律が謝ってくれたから許して良かったのに。それだけで充分なのに。
   すぐに言えない私のばか。


   律「わかった…それじゃあ…誰も悪くない、お互いに擦れ違っちゃった、これでいいだろ?」


   その律の一言で涙が零れた。

   律「な…?ごめん、澪」

   澪「う…んっ…ごめん…律。唯も…ごめんねっ…」

   唯「私は大丈夫!ほら二人ともご飯いこ!ムギちゃんが待ってるよっ」

   律にぎゅっと握られた手に安心する私は単純だ。

   …私は…こうして喧嘩をしても大好きなんだ。
   律が冷たいと不安だし、他の人とばかり仲良くしていると嫌。

   …そんな再確認をした1日だった。


   end+





   ヤマもオチもなくてすいませんんっorz

   律視点で玉砕しましたが、期待を裏切るだろうと言うやつを今からちょっと投下しま><




7