律「遊ぶぞーっ!」

   澪「こら、まずは練習だろっ」

   律「えー」

   新入部員の梓も加わり、一段と賑やかになった今年の夏休み。私たちは今年もムギの別荘で合宿をする事になった。

   あれから私と律はギクシャクした関係も無くなり、今までとなんら変わりなく互いに傍に寄り添っていた。

   でも私はどこかそれに物足りなさを感じていて…。

   あの日、律がしてくれたキス。

   私はずっと忘れられる事はなく、それを思い出すだけで心臓は高鳴るし、顔は真っ赤になって嬉しいような、恥ずかしいような…そんな気持ちになっていた。

   …こんな風に思ってるの、私だけなのかな。

   海だ!とはしゃぐ律を、少し複雑な気持ちで見つめていた。



   練習が先か、遊ぶのが先か。多数決で思わぬ裏切りに合い遊ぶ事が先になった。

   水着に着替えると、一応みんなで準備体操をしてからパラソルの下に腰掛ける。

   綺麗な海…ムギはほんとにお金持ちなんだな…。とか、ぼんやり考えていると僅かな砂の擦れる音と共に隣に梓が腰掛けた。

   梓「もうっ!強化合宿なら普通練習が先じゃないですかっ!?」

   澪「あはは、ほんとだよ。多数決でこう決まっちゃったから仕方ないけどさ」

   苦笑を浮かべながらビーチバレーをする律と唯に視線をやる。
   …本当は練習がしたかったけど、律が楽しそうだからまぁいいか…

   澪「ってよくないだろ!」

   梓「えっ!?ど、どうしたんですかっ?」

   澪「あ、な…なんでも…」

   つい声に出す癖、治さなきゃ…凄い恥ずかしかった…



   律「あーずさー、澪ー。んなとこ居ないで二人も来いよ~」

   火照った頬を冷まそうとパタパタと仰いでいると、律に声を掛けられる。
   …あ、今なんかチクッとした。なんで?

   梓「行きませんっ!」

   律「なんだよー。梓は運動苦手なのか?」

   梓「んなっ!それくらい出来ますからっ!」

   梓をからかう様にしながらも、なんだかんだで遊びに引きずり込む律。
   …ああやって私も乗せられてるんだろうか…。

   …あ、また。
   またチクッとした。


   紬「みーおちゃん、どうかしたの?」

   澪「ひゃあっ!ムギ!?」

   ぴと、と頬に冷たいものが当たると一気に体の熱が冷えた様に背筋がぞわっとした。
   驚いて振り返ると、クーラーボックスを持ったムギが居た。

   紬「うふふ、冷えてるでしょ?喉が乾くだろうからジュースを持ってきてたの」

   澪「なるほど、さすがはムギ。ありがと」

   さっきまで梓が座って居た場所にムギは腰を下ろす。

   紬「それで…何かあったのかしら、澪ちゃん?」

   目が合うと、改めてさっきの言葉を投げかけられた。
   ムギの目は、じっと私を見ていて。なんだか何もかも見透かされているような、そんな気分になる。

   澪「な、なんにもないって」

   紬「そう?それならいいけど」

   クスっと笑ったムギ。慌てて視線を逸らして砂浜を眺める。
   やっぱりムギはただ者じゃない様な気がするんだ…。


   唯「みぃーおーちゃーん~っ!一緒に遊ぼうよぉ~ん」

   澪「うわっ!ゆ、唯…急に変な声だすなよっ」

   突然後ろから抱きつかれたと思い軽くそちらを向くと、甘えたな声を出した唯にそのまま頬擦りをされる。
   全く、唯のおねだりには適わない。
   そう思っていると私の横をすり抜けてボールが唯の顔面に直撃した。

   律「あ、ごっめーん!手が滑っちゃった!」

   唯「もうっ!りっちゃんってばこの鬼畜ーっ!」

   ボールを拾いに来た律が、目の前で唯と楽しそうに話ているのを見て少し嫌な気分になる。
   …私はわがままなのかな…

   律「ほら澪!いこーぜっ」

   澪「えっ?わ、わわっ!」

   ぐいっと手を引かれるとそのままみんなと少し離れた波打ち際まで連れて行かれる。
   もう、なんなんだよ。
   ちょっと不満そうに心の中で文句を言うけど、繋がれたままの手にドキドキして顔が熱くなる。

   律「澪」

   波が押し寄せて足を奪われそうになった瞬間、名前を呼ばれた。
   束ねきれなかった髪が風で遊ばれるのを手で直して律を見つめた。

   律「今年も水着、似合ってんじゃん!可愛いなっ」

   多分、律にとっては何気ない一言。でも私の心臓はバクバクと鳴り響いて。
   繋いだままの手からですら、私の鼓動がバレてしまうんじゃないかと言うくらいだった。

   澪「あ、ありが、とう…」



   練習も終わり食事を食べ終えた私達は各自少しだけ休憩時間になっていた。
   とは言え、ムギには別荘を提供して貰ったし、唯は皿を割りそうだし…梓は唯に絡まれているしで、私だけは皿洗いをしていた。

   私も少しは休みたかったかも…なんて。
   ぼんやり洗っていると、ぽん。と肩を叩かれた。

   律「澪、手伝ってやるよ」

   澪「えっ?あ、悪いな」

   律「気にすんなって~」

   カチャカチャと皿が重なる音が響く。
   アイランドキッチンの向こう側で唯と梓がじゃれあって騒いでいるのが遠く感じた。

   二人並んで洗うとすぐに片付いてしまって唯や梓、ムギの笑い声が戻ってくる。


   律「澪」

   澪「ん?」


   律の方を向くと、唇が触れた。

   こんな不意にだなんて、反則だよ…律。



   律「…………さぁーってみんなー!お待ちかねの花火やるぞ花火ーっ!」

   唯「待ってましたぁー!」


   赤くなる私を、律はチラリと見て目を細めた。その表情にすら、ドキッとした…。



   打ち上げも手持ちも無くなり、後は線香花火だけになると騒がしかった面々も静かに見入っている。
   ぱちぱちと揺れる小さな火花を、私は眺めていた。

   傍に誰かがしゃがんだと思い、視線を向けると律が居た。

   律「綺麗だなーっ」

   澪「そうだな。…あ」

   その瞬間にしゅん、と火花が落ち、急に少し周りが暗くなった様な錯覚を覚える。
   目が合うとつい笑ってしまって、二人で笑いあった。







   だから、正面からの気配には、正直気付いてなかったんだ…


   さ「やぁーっとついたぁああ」

   澪「うわぁあああああああああ!!」

   唯「さ、さわちゃん!?」

   律「わっ!み、澪ーっ!」


   気が付いたらリビングのソファーに横たわっていた。


   紬「あ、気付いた?体は大丈夫?」

   澪「ん…あれ?私なんで寝てたんだ?」

   唯「あははー、さわちゃんが急に出て来てびっくりしたんだよね」

   律「心配したんだからなっ!」

   梓「先輩…大丈夫ですかっ…」

   さ「ごめんねー?」

   四方八方から声が聞こえてくる中、繋がれた手の温かさを感じた。
   …律だった。

   澪「せ、先生…」

   でも先生の顔見てうっすら思いだす。うう、まだちょっとぞわぞわするっ…

   律「ま、とりあえず風呂でも入って落ち着いたら寝ようぜ」

   みんなそれぞれに賛成の声が上がり、浴室へ向かった。



   夜。

   広い部屋の広いベッドにポツリと自分一人で寝転んで天井を見上げる。
   …天井も高いな。
   暫くごろごろと転がってみても落ち着かない。

   そうだ。
   昼間の胸に何かが刺さるような感覚。あれはなんだったんだろう?
   …あのとき…律が梓と私を呼んだ。
   その後のは…律が梓と仲良くしてた。

   ……嫌だった。んだと思う。
   私はこんなに律のことばっかり考えて余裕が無いのに、当の本人は梓にばっかり構って。
   本当は私の名前を先に呼んで欲しかった…んだよ、私。

   律に、会いたい。
   今、会いたい。



   ベッドから降りて扉へ向かう。薄暗い部屋に響くのは大きな扉が開く音。
   廊下も薄暗くて、私の足音だけが響いた。

   隣の律の部屋まで思ったより距離あったな。どれだけ広いんだよ、ここっ…


   -- 

   静けさを破る様にノックの音が響く。
   張り裂けそうな心臓。
   もう、寝たかな?
   どきどき、高鳴る。
   まだ、起きてるかな?

   扉が静かに開くと、暗い廊下に光が刺して律の姿が隙間から見えた。

   律「…どうした?」

   澪「あ、いやっ…部屋、広くて落ち着かなくてっ…一緒に寝ないか?」

   律「あはは、澪は子供だからなー。…ほら、入んなよ」

   招き入れられると電気を消してそのまま二人でベッドに寝転ぶ。

   律「なんかこうしてると、修学旅行の事思いだすなー」

   澪「え?」

   律「怖い話の特集見て寝たら、澪が怖いからって私の布団に潜り込んできたのを思いだしたよ」

   澪「あ、あー…そんな事もあった、かも…」

   律「あったよ。朝起きたら澪が隣に寝てたから何かと思ったし」

   一度目が合ってクスクス笑い合う。
   笑いが収まるとどちらともなくぎゅっと手を握った。

   律「……怖くなったり、寂しくなったらいつでも私のとこに来たらいいから」

   澪「うん…」

   律「おやすみ、澪」

   澪「…おやすみ」

   寄り添い合うみたいに向かい合って目を閉じる。
   律が隣にいると思うだけでなんとなく穏やかな気分になった。

   …おやすみ、律。


   手を繋いで、目を閉じて。はっきりこの気持ちが繋がる。

   私は、律がやっぱり好き。
   これからもこの手が握るのは、私の手でありますようにとお願いをして、眠りについた。






   合宿はここまでですっ><
   今夏休みの話を書いてるとこだからもうちょい待ってくれたら嬉しいです><

   それまでの繋ぎと言っちゃなんなんだが、唯憂唯の話…みたい人いる…?(・ω・`)




3