チュン チュン チチ……

唯「むにゃ、むにゃ…」

 ……  姉  …… ちゃ  ……  

唯「うーん、あと五分……」

  ……  姉  …… ちゃ …… !!

唯「んんー、なにー?」


憂「姉者あああああ!遅刻じゃああああああああああああああ!!!!!!」

唯「うおああああああ、なにごとじゃああああああああああああ!!!??」


憂「ガッハッハッハ!姉者はねぼすけさんじゃのう!!!」

唯「ぬうう、まだ目覚ましも鳴っとらんというのに!」

憂「快眠快便が健康の秘訣じゃああ!!!」

唯「まったく、憂の字は相変わらずじゃあ!」 ガバッ

憂「ぬうっ、姉者、それは!!」

唯「むおっ!?こ、これは朝だから仕方ないんじゃあああ!!!!」

憂「立派なサツマイモさんじゃああああああああああ!!!!!!!!!!!」


憂「うんとこしょ、どっこいしょ!」

唯「うんとこしょ、どっこいしょ!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



唯「まったく、ひどいめにあったわい!」

律「おう、唯じゃねえかい!!」

唯「おう律の字!朝からゴキゲンじゃのう!」

律「ハッハー!俺は623日ゴキゲンだぜー!!」

唯「ガッハッハ!律の字も相変わらずじゃのう!!」

律「ヒャッハー!!そんなにほめると惚れっちまうぜー!!!」

唯「えっ」

律「え?」

唯「////」

律「////」

澪「おう、どうしたってんだい、道の真ん中で立ち止まって。邪魔になってしょうがねえや」

唯「お、おう!澪の字かい!いやさ、なんでもないわい!ガハハハッ!」

律「そ、そうさー!俺たちはまだ歩き始めたばっかりさぁ!!」

澪「だったら道を間違うんじゃあねえぞ。学校はあっちだ」 ピッ

唯「おう!行こうじゃねかお前ら!今日も元気に登校じゃあ!!」

律「ヒャッハー!!!」



けいおんぶ!

唯「今日のおかしは大福じゃあああああああ!!!」

律「ヒャッハー!!!」

紬「あらあらうふふふふ」

唯「絶品じゃあ、絶品じゃああ!!」 がふがふ

律「ヒャッハー!ヒャッハー!!」 もぐもぐ

澪「やれやれ……」


梓「押忍!先輩、中野一号生であります!!」

唯「おう、なんじゃあず坊!」

梓「押忍!自分は恐れながら先輩に申し上げたいことがあります!!」

唯「おう、なんじゃあ!なんでも行ってみぃ!!」

梓「押忍!自分はてぃーたいむよりも練習がしたいであります!!」

唯「……」

唯「ワシはてぃーたいむのほうがええのぅ……」

律「……ヒャッハー…」

梓「押忍!先輩の言うとおりであります!!自分が間違っておりました!!」

唯「そうかそうか!ガッハッハッハ!!」

律「ヒャッハー!!」

澪「おいおい……」

唯「なんじゃ澪の字ぃ?」

律「ヒャッハー!なんか文句があんのかァー!?」

澪「お前さんがたァ……ここが何部か、忘れては、いやせんかねェ?」

唯「む?」

律「ヒャア?」

澪「少なくともあっしぁ……茶道部に入った覚えは、ないんですがねェ…?」

唯「おいあず坊!ここは何部じゃあ!!」

梓「押忍!軽音部であります!!」

唯「なんじゃとおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!??」

律「衝撃の事実…発覚だぜェ……」

唯「ぬうう、ムギの字の菓子がうますぎて目的を見失っておったわい」

紬「あらァ~ん、私のせいなのォ?」

唯「いや、結構結構!これからもうまい菓子を頼むぜよ!!」

紬「あらあらァ♪」

澪「さて、そうと決まれば練習といこうかィ」

梓「押忍!!ありがとうございます澪先輩!自分感激でっす!!!」

澪「いいってことよォ」


律「ヒャッハー!いくぜえー!」

唯「おう!いつでもこいやあ!!」

梓「押忍!全身全霊で弾かせていただきます!!」

紬「あぁン、久しぶりねぇ、この感じィ♪」

澪「ああ、何やら魂がうずいてくるねィ……!」

律「壱ー弐ー参ーふぉー!!」


ジャガジャガジャ ジャガジャ ジャガジャー


唯「やってられっかー!!!!」 ガシャーン

律「ヒャーッ!?」


唯「こんな指のチマチマチマチマした楽器、漢のやるもんじゃねえええええ!!!」

律「ヒャッハー!同感だぜー!!」

紬「あらあらァ」

澪「おいおい……」

梓「押忍!先輩は何でこの部活に入部したのでありますか!!」

唯「その場の勢いじゃあああああああああ!!!」

梓「押忍!!納得しましたあっ!!!」


唯「わしゃあ、もっと漢の魂溢れる楽器が弾きたいんじゃあああああ!!!!」

澪「漢の楽器ねェ……」

律「ヒャッハー!ドラムは最高だゼェー!!」

唯「それじゃあああ!律の字、わしと変われえええええ!!」

律「ヒャッハー!やだぜェ!!」

唯「ぬううううっ!!」

紬「じゃアー、二人でドラムやればいいんじゃないかしらァ?」

澪「おいおい、無茶を言いなさんなムギさんよ」

梓「押忍、ドラムは一人で充分だと思います!」

唯「それじゃあああああああああああああああああああああああああっ!!!!」

澪梓「えっ」


ドン ドン ドン カラタッタ

唯「ガッハッハッハ!!和太鼓こそ男の浪漫じゃあああ!!」

律「ヒャッハー!!ソウルフルな音色だぜェー!!」

ドドン ガ ドン

澪「やれやれ……まあ、こういうのも悪くはないねィ?」

梓「押忍!自分の国にこんな素晴らしい楽器が眠っていたなんて……感動です!!」

紬「あらあら……みんなの肉体…す・て・き♪」




律『ヒャッハー!みんなのってるかーい!』

唯『“ほうかごてぃーたいむ”じゃあああああああああ!!』


ワァァァァァァ……


唯『おっしゃああああ!なら最初の曲じゃあああ!!!』

澪『いくぜェ!"私の任侠はホッチキスっ"!!』


ワアアアアアアァァ!!


「すげぇぜ、“放火娯帝鯛夢”……」
「和太鼓があんなにロックだとはなァ!」
「まさに漢のバンドだぜェ!!」


唯「ガッハッハ!大人気じゃのうわしらは!」

律「ヒャッハー!!このまま全国進出だぜェ!!」



その後、“放火娯帝鯛夢”のブレイクと共に、和太鼓の全国的なブームが到来。
“放火娯帝鯛夢”はついに世界に向けてのデビューを果たす。


唯「軟弱な毛唐どもに和の心を叩き込んでやるんじゃああああ!!」

律「ヒャッハー!本当のロックは日本から始まるのさぁーーー!!!!!」

唯「ガッハッハッハ!!!」

果たして唯の太鼓は世界を相手に通用するのか!?
がんばれ唯!いけいけ唯!きみの太鼓が世界を変える!!
                                                 完



めんどくなった