律「へぇー、それで友達できたのか。やっぱ和っていい奴だな」

紬「さすがね~」

澪「うん、本当に和が同じクラスで良かった」

律「そして澪ちゃんは優しい和くんに淡い恋心を抱いてしまいましたとさ」チャンチャン

澪「そ、そんなわけないだろ!それに和には唯がいるじゃないか!」

澪「唯!本当に違うからな!」

唯「でも私と和くんはただの幼馴染だよ?」

澪律紬「・・・へ?」

律「私てっきり唯は和のこと好きなのかと思ってた」ヒソヒソ

紬「私は和くんが唯ちゃんと幼馴染以上の関係を望んでいるように見えたわ」ヒソヒソ

澪「私は両思いなのかと・・・」ヒソヒソ

唯「みんなどうしたの?」

澪律紬「なんでもない・・・」

バンッ
和「おい律!」

和「講堂の使用申請書、また出してないだろ!」

律「あ・・・ごめん」

和「え?なんだこの空気」

和「まぁ今書いてくれればいいから、明日頑張れよ」

律「おー、明日は唯のボーカルだから楽しみにしとけよー」

和「おー」

和「・・・唯、俺生徒会の仕事もう終わりなんだけど一緒に帰るか?」

唯「ううん!明日に備えてもう少し練習してく!」

澪「唯からそんな言葉が出てくるなんて」

和「そっか、あんまり無理すんなよ」


新歓ライブ

唯「それじゃぁ次の曲!私の恋はホッチキス!」

~~♪

澪「なんでなんだろう 気になる夜 君への」♪

澪「この思い便箋にね 書いてみるよ」♪

和「ん?澪のボーカル?」

唯澪「もしかして きまぐれかもしれない」♪

唯「それなのに枚数だけ 増えてゆくよ」♪

和「演出か・・・?」


その後唯は見事歌いきった。

この前の学園祭のライブでも頑張ってたが、今回の新歓ライブで唯はさらに成長していた。

あいかわらず心配なところもあるけど、唯だって変わっていく。
俺は唯と離れるのが怖くてその関係を変えないようにしてた。
だけど、これからもそばにいるためにはそれを壊さなきゃいけなかったんだ。


和「お疲れ!」

和「唯!すげぇ歌うまかったよ!」

唯「えへへ、ありがとう」

笑顔でそう答えると唯は足早に俺の前から去ってしまった。

律「ゆーいー!」

唯「ごめんなさい」

唯「澪ちゃんありがとうね!」

澪「ギターの出だしは完璧だったんだけどな」

唯「そっちに夢中になっちゃって」

紬「・・・・・・」

紬「唯ちゃん」

唯「なぁにムギちゃん?」

紬「さっきの話だけど・・・本当にギターに夢中になってただけなの?」

唯「・・・・・・」

唯「そうだよぉ。あそこ難しいんだもん。本当にごめんなさい!」

紬「ううん、それならいいんだけど・・・」


なんかあの日以来唯に避けられてる気がする・・・

新歓ライブを見て軽音部にあずさという子が入部したこと
その子を唯があずにゃんと呼んでかわいがっていることは同じクラスの澪から聞いた。
近頃唯はあまり俺にくっついてこなくなった。
もちろんいつもヘラヘラしてるのだが、何かが違う

でも避けるとしたらもっとわかりやすく避けてるだろうからやっぱり気のせいか・・・


梓「・・・澪先輩、今日廊下で二人で話してた人って彼氏ですか?」

律「なにぃ!それは本当か!?」

紬「詳しく聞きたいわ」

唯「階が同じだと筒抜けだね澪ちゃん!」

澪「あー、違う。たぶんそれ和だよ」

梓「誰ですか?」

澪「唯の幼馴染だよ。」

梓「そうなんですか。すごくかっこいいってわけじゃないけど優しそうで、お似合いだとおもったんですけど」

澪「いや、和には唯が・・・」

唯「あずにゃん!私はあずにゃん一筋だよ!」ダキッ

梓「唯先輩やめてください!」

唯「むー、あずにゃんのケチー」


2年生の1学期が終わった。
唯は中間テストでも期末テストでも俺に泣きついてこなかった。
しかも赤点は取ってないらしい
本格的に何かがおかしい

今までの関係を壊さなきゃ何も始まらないのに俺はまだ一歩が踏み出せない。
自分でもいい加減嫌んなる・・・


喫茶店

憂「去年の合宿はお姉ちゃん楽しかったって言ってたよー」

梓「それって充実してたってことかな!?」

キャッキャウフフ

和「よ!」

憂「和くん!どうしたのこんなところで?」

和「夏期講習の帰りに見かけたから声かけとこうと思って」

憂「あ、こちら軽音部の中野梓ちゃん」

梓「こんにちは・・・」

和「あぁ、君が梓ちゃんか」

憂「それでこちらが生徒会の真鍋和先輩」

和「どーも」

梓「あ・・・唯先輩の幼馴染の」

和「よく知ってるな」

憂「これからうちに行くけどせっかくだから和くんも来る?」

憂「お姉ちゃんも家にいるから」

和「!!」

和「行く!」

避けられてるなら逃げられないとこに乗り込むしかない

ガチャ
憂「ただいまー」

唯「あー、ういー、おかえりー」ダラァ

梓「うわー、聞いてた通りだー」

和「お前相変わらずだな」

唯「!?」

唯「なぜ和くんまでいらっしゃる・・・」

和「憂たちとたまたま会ったからついでに」

憂「フフフ」

憂「じゃぁお姉ちゃん、私たち部屋に行ってるから」

唯「えぇ!?ういー」

梓「?」

和「・・・・・・」

唯「・・・・・・」

和「・・・合宿」

唯「え?」

和「今年も行くんだって?」

唯「あ、うん」

和「・・・・・・」

唯「・・・・・・・・・」

和「俺も行っていいかな?」

和「去年みたいに雑用係として」

唯「そんなの和くんに悪いよぉ・・・」

和「『来年もよろしくね』ってさ、行ってただろ、去年」

唯「う・・・」

和「約束した張本人が忘れるなんてあんまりだ」

唯「・・・よ、よろしくお願いします」

和「うん」


合宿当日
唯律「海だー!!」

去年と同様唯と律はさっさと着替えて海へ出て行ってしまった。
・・・梓を強制連行して

というか逃げられたか

和「澪、泳がないのか?」

澪「うん、ちょっと写真取ろうと思って」

和「へー」

澪「和はさ、優しいよな」

和「そうか?」

澪「唯のこと探してても私が一人で座ってたら声かけてくれただろ?」

和「・・・・・・」

澪「だから勘違いされるんだよ」

和「勘違い?」

澪「最近唯の様子おかしくないか?」

和「避けられてる気はする」

澪「それ気のせいじゃないよたぶん」

和「・・・唯が言ってたのか?」

澪「いいや」

澪「でも見てればわかるよ」

澪「唯は、私が和のこと、もしくは和が私のこと好きなんじゃないかって勘違いしてるんだよ」

澪「でも違うだろ?」

和「・・・うん」

澪「そういうこと!好きな子以外には優しくしちゃいけない時だってあるんだぞ!」

和「好きな子って・・・」

澪「バレバレだよ!気づいてないのは本人くらいじゃないのか?」

和「マジか・・・」

澪「でもクラス替えのとき、和が声かけてくれてうれしかったよ」

澪「唯のとこ行ってこい!」

和「おぉ!ありがとうな!」

律「澪ちゅわん」ガサッ

澪「のわあああぁぁぁ!りつぅ!」

澪「ほ、他のみんなは?」

律「あっちで遊んでる」

律「良かったのか?」

澪「何が?」

律「和のこと」

澪「・・・・・・」

澪「和はさ、優しいし話しやすいけど」

澪「唯と話してるときの顔見たら好きになんてなれないよ」

律「そっか」

律「よし!泳ぐぞ澪!」


――――

和「俺、夕飯作ってくるな・・・」グッタリ

律「なんか異様に疲れてるな・・・」

澪「唯がつかまらなかったのか・・・」

ドーン
梓「すごいです!」

律「それでもあいかわらずのクオリティ」

澪「さすが和だな」


―――

律「肝試しをします!」

律「6人だから二人一組の3ペアな!」

澪「」

唯「夏はやっぱり肝試しだよね!」

梓「やってやるです!」

紬「楽しそうだわ~」

和「練習は・・・?」

律「じゃぁくじ引き開始!」

①律和 ②唯紬 ③澪梓


4