澪「毎日毎日、ベースを弾くことだけが私の仕事だ」

ベンベベベーン♪

澪「ライブをすれば、それだけ活動費がもらえる」

澪「琴吹紬は喜んで、私に最高級のモンブランを食べさせてくれる」

澪「モンブランのために弾くのかって?それは違うよ……」


ガチャ
梓「あのー入部希望なんですけど」

澪「宝物を弾き当てる事だってある」

ベベン♪


梓「中野梓です。新歓ライブ感動しました!よろしくお願いします!」

唯「あ~?うん、よろしくね~」モグモグ

律「どーぞよろしくぅ~」モグモグ

紬「モンブラン食べる?1個1380円よ♪」

梓「け、結構です……」

梓(なんかすっごいだらけてる…練習しないのかな……)

澪「秋山澪です。ようこそ軽音部へ!」

梓「澪先輩…ですね。よろしくお願いします」

澪「誰も入部してくれないかもって心配してたんだよー、ありがとう!」

梓「いえ、そんな」

梓(この人は、しっかりしてそう)

律「べーっつに新入部員なんてどうでもいいけどね~」ズズー

唯「むぎちゃんのお菓子食べられれば、それで良いいよねぇ~」ズズズー

紬「今度のライブも頑張りましょう♪お茶のおかわりはいかが?」ニコ

律・唯「いっただっきまーす」

梓「……」

澪「あんまり気にしないで。いつもこんな感じだから……」

梓「ダメです!」

律「あ?」

梓「こんなんじゃダメです!!」

紬「何がいけないの?」

梓「練習もしないでだらけてばかりいたら、
  どんどん腕が落ちていっちゃいますよ!?せっかく良い演奏ができるのに」

唯「うるさいなぁ~。梓ちゃん…だっけ?1日や2日サボったってだいじょーぶだってぇ」

梓「あなたは何もわかっていないです!」

唯「??」

梓「楽器は1日練習しないと、3日分腕が衰えると言われているんですよ!?」

唯「もぉーわかったよぉ。明日、明日っから練習するから、ね?」

梓「今日からやるんです!!」

律「チッ、うっさいなー。私らはライブやって、お茶してりゃそれでいいんだよ」

紬「……お言葉ですが、こんな軽音部にライブやる資格なんて無いと思います」

律「あんだってぇー!」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ」

唯「6回」

紬「今日は特別にタダでこのモンブランあげるから、ね?」

梓「……特別ですよ」モグモグ

澪「ハァ……」


梓「澪先輩はどうしてこんな部活入ってるんですか?」

澪「律に誘われたんだ、一緒に軽音部入ろうって」

梓「律先輩から?あんなに怠けてるのに……」

澪「前はあいつもやる気出して、毎日頑張ってる時があったんだよ」

梓「じゃあどうして……」

澪「むぎが……琴吹紬が来てから変わった」

澪「毎日あいつがお菓子を持ってくるんだよ」

澪「最初はちょっとした息抜きだったんだ。だけど、だんだんお茶の時間が長くなってって……」

梓「今に至るわけですか……」

澪「うん……」



数日後

梓「こんにちは……」

澪「あ、梓ぁ」ベベベーン♪

唯「あずたろう、おいっす」モグモグ

梓「何ですか、あずたろうって……ところで唯先輩」

唯「なーにー?」

梓「ギターの練習は進んでますか?」

唯「そ、それは~……」

梓「してないんですか?今日は練習するって行ったじゃないですか!」

律「まぁそう言うなよ。こいつに一人でギターの練習させようってのが間違いなんだって」

梓「誰も独学でなんて言ってません。教則本を読めばいいんです」

律「だからぁ、そんな器用な事ができるおつむじゃないんだってば」

唯「りっちゃんのくせにー……」ブー

梓「じゃあ何で先輩方は軽音部に居るんですか!」

梓「毎日毎日、放課後の度にそうやって踏ん反り返って…それが部活動ですか!?」

梓「軽音部の為に、毎日頑張って練習してる澪先輩を見ても、何とも思わないんですか!?」

紬「まぁまぁ、梓ちゃんお菓子――」

梓「結構です!!」

梓「こんな部活やってられません!私退部します!さようなら!!」

バタン!


紬「騒がしい娘ねぇ」

律「これでやっと静かになるなっ♪」

唯「えへへ~モンブラン~♪」

澪「あずさ……」ベベベン…



その後・生徒会室

和「学園祭、軽音部のライブは無しよ」

澪「そんな……」

律「ずみ゙まぜん!ずみ゙まぜん!ずみ゙まぜん!私たちが悪かったです!」ヘコヘコ

律「お願いです、学園祭ライブやらせてくだざい゙ぃぃ!」ヘコヘコ

和「だめよ。申請書提出の期限はとっくに過ぎたわ」

律「そんな゙ぁ~!そこを何とかぁぁあ゙あ゙!」

澪「…………」


ドンドン、シャーン♪

澪「!」

真律「出し忘れたのか?申請書」


澪「……律が…もうひとり…?」

真律「バカヤロー!」バッ

真律「桜高に激奏轟く軽音部!バンドの魂背中に背負いぃ!才色兼備のあ、鬼部長――」

真律「田井中律様がぁ、そう何人もいてたまるかよぉっ!」

澪「でも二人いるしっ!」

真律「その通り!好きなほうを選べっ!」

澪「そんな、むちゃくちゃだろ!」

真律「忘れたのか!私の無茶に中身をくれたのはお前なんだ!
   私の遊べに中身をくれたのはお前なんだよ!」

澪「はぁ…?」


真律「お前のベースはその辺のデコっぱちとは違うはずだ」

駄律「ずみ゙まぜん!ずみ゙まぜん!」ヘコヘコ

真律「いつまでもこんなダメダメ軽音部でうだうだしてんじゃねー」

澪「りつ…」

真律「お前のベースは何のためにある…!」

澪「律…なのか…?」


駄律「おいっ!」

ガバッ

澪「…わっ」ドサッ

駄律「お前も一緒に謝るんだよ!」

グイッ

澪「……くっ」

駄律「すみません!実はこいつの所為なんです!」ヘコヘコ

澪「私のベースは……」

駄律「私はちゃんと書いたんだけど、こいつが出すの忘れてて!」ヘコヘコ

澪「私のベースはぁ…!」

駄律「ホントどうしようもないヤツで、ハハハ!」ヘコヘコ

澪「胸を衝くベェースだぁぁぁぁあああああああああ!!!」

ボカァッ!!

駄律「ブゲォァァア!!!」


真律「へへっ…♪」

澪「ベースは私の魂だ……」

ベベベーン♪


律「行くぞ、澪」

律「ればーとか、たらことか、細かいことは気にすんなっ」

律「お前の信じたひとつの事が、お前のベースの真実だ」

澪「あぁ、その通りだ」

律「忘れんなー、私のドラムもそこにあるドラムだよっ!」

澪「律…」

律「私だけじゃない、こいつらもな!」

唯・紬「あははは♪」


律「いつの間にか背ぇ抜かれちゃったな」

澪「本当だ……小学校の頃は律の方が大きかったっけ」

律「懐かしいなー、それに胸も抜かれたね」

澪「……ぅ」

律「手もデカくなったよな!」

澪「うるさい!」

ボカッ

律「あだっ!」

澪・律「プッ……アハハハハハハ!」


澪「ハァ………行こうか、みんな」

律「ああ、今度の学園祭でホントに最後だ……」

紬「来年は受験生ね……」

唯「卒業したら、みんなバラバラになっちゃうのかな……」

澪「バラバラじゃない、一緒だろ?」

律・紬・唯「うん!!」

澪「いくぞ、ダチ公!!」

ベベベーン♪



学園祭当日・桜高講堂

和「時間ね、二度と軽音部が壇上に立つことは無いわ。軽音部は……終わりよ」

さわ子「あの子達は、必ず来るわ……」

ベベン…

さわ子「!?」

ベベン♪

さわ子「……!!」

ベベン♪ベベン♪ベベン♪ベベンベベンベベン♪

律「待たせたな、さわちゃん!」

澪「来たよ、先生…!」

さわ子「うん…!」

和「バカな…痴的生命体が、多重追試迷宮を脱出できるワケが無いわ……」

唯「ンジャメナねェ~……
  英語だろうと、数学だろうと、追試地獄だろうと、そんなこと知ったこっちゃないよ」

唯「自分の決めた道を、自分のやり方で貫き通す。それがわたしたち、放課後ティータイムです!!」

和「成長したわね、唯……ならば予習復習、必ず守りなさい……」

唯「とうぜん!わたしはそこまで愚かじゃないよ!」



『次は軽音楽部、放課後ティータイムによる演奏です』

ザワザワ

澪「……」スッ

澪「梓はやめた、もういない!」

澪「だけど…みんなの背中に、その胸に、ひとつになって弾き続ける!!」

澪「ベースを弾くなら胸を衝く、血の気引いても弾き続け――」

澪「ときめいたらなら、私の勝ち!!」

客「何?何を言ってるの!?」

澪「私を誰だと思っている……」

憂(ドキドキ……!)

澪「私は澪だ……梓とキャラ被ってなんかない……!」

さわ子(うん…うん…!)

澪「私は私だ!レフティ秋山だァアア!!」

客「ワァァァァァァァァァァァァァ!」


澪「聞いてください…」

律「ひっさぁあつ!」

紬「ふわぁ…」

唯「ふわぁぁ…!」

澪「タァァァァァアアアアイム!!!」
澪「キミのマジ顔~♪」

唯「マジ顔~♪」

ブチンッ!!

唯「っ!」

唯(弦切れちゃった!ど、どうしよう!!)ジャンガジャンガ

律(やばいな、このままじゃ持たないぞ!)タタタン♪

客「ざわざわ…」

紬(会場のテンションが落ちてるわ)ポロロロン…

澪(ここまでなのか……)ベベン…

憂「でも、お姉ちゃんがこれで終わるはずがない…!」

ギューンギャギャギャーン♪

梓「まだです、まだやれます!!」

梓「ムスタング、マッチングヘーッド!!」

唯「あずにゃん!?」

澪「どうして!!」

梓「年中倦怠の海に沈んでいたみなさんがここまで来れた…」

梓「私のギターが、軽音部の明日を創るなら本望です」

唯「うん…確かにその通りだね……」

澪「唯、おまえ……」

紬「指の皮が……」

唯「わたしたちは、わたしたちのするべき事をするためにここまで来た、そうでしょ?」

澪「……わかった。勝つぞこのライブ、必ずな」

律「当然だ…!」


ギャギャーン♪

唯「あずにゃん、一緒に行くよ!!」

梓「はい!!」

ギュギュギュギューン♪

唯「わたしたちは、一分前のわたしたちよりも進歩する!
  一演奏すれば、ほんの少しだけど夢に近づく、それが軽音楽なんだよ!!」

紬「そう!桜高にだって、色々と凄い人が居たわ!」

律「その人のためにも、私たちは前に進む!」

梓「軽音部の魅力は無限!その大きさに私も賭けた!!」


澪「放課後ティータイムは、この桜高に風穴を開ける!その穴は、後から続く者の道となる」

澪「卒業して行った者の願いと――」

さわ子「!」

澪「後から続く者の希望――」

梓「!」

澪「二つの想いを、四重奏に織り込んで、夢へと続く音を奏でる!!」

紬「それが桜高軽音部!」

唯「それが放課後ティータイム!」

律「私たちのライブは!」

澪「天に響くライブだァァァァァァァァァアアア!!!」
澪「ふわふわ時間~♪」

唯「ふわふわ時間~♪」

憂「オネェチャァァン!!イケェェェエ゙エ゙エ゙!!!」

ブチブチブチ!

唯「ギー太・インパクトぉぉぉおおおおお!!!」

ジャジャッ♪ ジャジャッ♪ ジャーーーン♪



唯「わたしを!」

澪「私達を!」

軽音部「誰だと思っていやがる!!!」



数年後――

ォォォォォオオオオオオオオ!!

唯「すごーい…!」

紬「やっとここまで来たのね……」

律「サイリウムだ!サイリウムがいっぱいある!!」

澪「サイリウムの光はすべて客だ」



澪「あぁそうさ……放課後ティータイムのファンの人々だ」