ガチャ。

「ハァ……はぁ……せ、せんぱい……」

 ドアを開けて入ってみると、ムワっとしたこもった熱気が襲ってきた。
 締め切った部屋。もうみんな帰ってしまったのでは? とも思ったが、だったらなぜ施錠されていないという疑問。

「……せ、せんぱい……いないんです、か……?」

 息を整えつつ、先に進む。
 心臓が口から出そうだ。

「っ!?」

 本当に心臓が口から出そうになった。
 オルガンの後ろに、ムギ先輩が座り込んでこちらをジッと見つめていたのだ。

「ム、ムギ先輩……?」

「あら、梓ちゃん? どうしたの?」

「あ、その……えっと……」

「唯ちゃんとは上手くいった?」

 どことなく疲れている様子のムギ先輩。
 ふんわりとしたウェーブのかかった長い髪を揺らし、ゆっくりと立ち上がった。
 喉が渇く。上手く言葉が出てこないことが、理由のわからない焦燥をかりたてる。

「唯ちゃんとは上手くいったの?」

「……あ、えっと」

「……疲れちゃった? やっぱり人の最後の抵抗って、予想以上にすごいものね」

「えっ」

 ムギ先輩は私が既に唯先輩を殺したと思っているのだろうか。
 それにしては、何か言葉が不自然な気がする。違和感を抱かずにはいられない。
 ムギ先輩の様子。締め切った部室。

「私も疲れちゃった。それで、ちょっとうとうとしちゃって」

「ムギ先輩……私も、って……?」

「へ?」

 あたかも、自分も人を殺したような口ぶりだった。
 見当たらない他二人の先輩の姿。嫌な予感が汗とともに吹き出した。

「どうしたの、梓ちゃん?」

「あ、あ、あの、他の先輩方はどうしたんですか?」

「へ?」

 ムギ先輩が私の言葉に反応し、とぼけた顔で物置のほうを見やると、ニコっと笑った。
 物置の扉が開いている。

「うふふ。どうしたの梓ちゃん」

「ム、ムギ先輩こそ」

「へ?」

「あ、あはは……まさか、そんなことありえないですよね……ね?」

「へ?」

「……まさか、殺し――」

 瞬間、目の前が真っ白になった。
 一瞬遅れて、鼻に鈍い痛みと熱い感覚が広がった。

 もの凄い音がして、気がつくと天井を見上げていた。
 何が起きたの?
 わけもわからず顔に手を伸ばすと激痛が走った。

「痛かった? ごめんね」

 目の前にムギ先輩の笑顔が広がった。
 声にならない叫びが喉の奥からせりあがる。恐怖で体が床に釘付けになったような錯覚まである。
 なんで? どうして!?
 鼻血が逆流して、むせそうになり、頭が恐怖でパニックになる。

「ム、ムギ先輩……?」

「すぐ楽にしてあげるからね」

 ぐぅ、と喉から変な声があがった。
 カーッと頭が真っ白に、目の前が真っ赤に染まっていく。
 ムギ先輩が、ムギ先輩が私の首を……。

「わあああああああああああぁぁぁぁっ!!!」

「きゃ!」

 自分でも驚くほどの力だった。けれど、その代わり、既に肩の感覚が無くなっている。
 私は無様に鼻血を流しながら、駆け出した。
 けど、気が動転していたらしい。

「あはは。どこに行くの、梓ちゃん」

 出口と反対側に駆け、机に激突した。
 けたたましい音とともに机が倒れる。パラパラと何かが床に散乱した。

「ガリガリ君食べるのも楽じゃないよね。冷たいもの食べ過ぎると、お腹壊すでしょ? もう本当に大変だったのよ」

「わぁぁっ、うわぁぁっ!! こ、こないで、こないでください!!」

「でも楽しかったわ……お墓作りなんて何が楽しいのかな、って最初は思ってたけど。やってみると結構楽しいのね」

「助けてーーっ!! だ、だれか、だれか――むぐっ!?」

 口を押さえつけられた。怖くて頭がどうにかなりそうだった。
 噛み付こうと思っても、もの凄い力であごを掴まれていて、口を開く事さえ出来ない。
 なんで、なんでなんでなんでよ! なんでこんなことに……!
 どうして? ムギ先輩は変わった人だけど、まさか人殺しまでするなんて、そんなのって。
 今更、そんな疑問は白々しい。この現状、冗談で通じない今この瞬間が、ムギ先輩の狂気を証明してるじゃない。

「梓ちゃんもそう思わない?」

「うううっ!! むーっ!!」

「そっか。残念だわ」

 また首に白い手が伸びる。
 目玉が飛び出そうになって、次第に意識が真っ白に溶けていく。
 死ぬのかな。

「梓ちゃんのお墓は、あずきバーで作ってあげるね。好きだったでしょ、あずきバー?」

「ぐっ……ぅぅぅぅ……っ……」

「何本ぐらいがいいかしら……トンちゃんの時はちょっと趣向を凝らして、トンと十をかけて、10本立ててみたんだけど、気付いた?」

「……っく……くっ……っっ!!」

 死にたくない。
 やだよ……憂とあんなことやこんなことしたかったのに。どうしてこんなところで殺されなくちゃいけないのだろう。
 殺されたくない……殺されるなんてヤダよ。
 のんきなかんがえがうかんではきえた。もう意識があるのか無いのかよくわからなかった。

 ……。
 ……。
 ……。

 ――ムギ先輩の絶叫で私は白濁した世界から引き戻された。

「きゃあああぁぁっ!! あああっ、ああああぁぁっっ!!」

 ムギ先輩は自分の顔を押さえて、髪を振り乱しながら大声を上げていた。
 透き通るような白い肌から、赤いものが流れている。
 そして、私の手にもそれが付着していた。血だ。おそらくはムギ先輩の。

「いたいっ、いたいよっ!! あぁぁぁっ……!!」

 けど、一体何をしたのよ私。

 ……あっ。そっか。

 暴れまわるムギ先輩の顔のちょうど、目の辺り。そこに、見慣れた木の棒が何本か突き刺さっているのが見えた。

「だ、だれかぁっ!! たすけてたすけてたすけて――」

「む、ムギちゃん!? どうしたの!!」

 あれ? この声はひょっとして。

「えっ……いやっ、いやあぁぁっ!!」

 部室の出口に息を切らせた唯先輩が立っていた。
 そして、ムギ先輩がその声に驚き……それとも私と同じように気が動転したいたのか、あらぬ方向へかけていった。


 直後、けたたましい音が響いた。
 尾を引くように、ムギ先輩の絶叫が遠くなっていき、やがて消えた。

「む、ムギちゃん……?」

 窓ガラスを破って、ムギ先輩が転落したのだった。

 ……。
 ……。
 ……。
 ……。
 ……。
 ……。


「ムギちゃん……」

 割れた窓ガラス。遠くから聞こえてくる生徒の悲鳴、慌しい先生たちの声。
 私は唯先輩の肩を借り、よろよろと立ち上がった。
 見たくなかったけど、唯先輩の横に並び、恐る恐る窓から身を乗り出してみる。

「……」

「ムギちゃんが……ううっ」

 あり得ない方向に曲がった白い足。あり得ない方向に曲がった色白の腕。
 見る見るうちに広がっていく、赤い血だまり。
 私は、倒れるようにして吐いた。
 ヒクヒクと胃が痙攣を始め、食べたものを洗いざらい外に出す。
 視界が滲み、けれど、吐瀉物の上に落ちる自身の鼻血はしっかりと見えた。また吐く。

「……ムギちゃん……ぐすっ……ムギちゃん……」

 唯先輩の嗚咽が聞こえる。
 私はこみ上げる吐き気で顔を上げて少ししか確認出来なかったが、唯先輩はとても泣いているようには見えなかった。
 それどころか、窓を見下ろす唯先輩の口元は不気味に持ち上がって、奇妙な笑顔を作っていた。

「……っ……ゆ、ゆいせんぱい……?」

「あずにゃん……ひぐっ……ムギちゃん、死んじゃったかなぁ……?」

「……えっ?」


 目の前を誰かが横切って、倒れた机の方へと近づいていった。
 誰って、唯先輩しかいないけど。

「……ムギちゃん、死んだよね、あれじゃあ……ねえ?」

「ゆい、せんぱい……?」

 ゴシゴシと涙を腕で拭う。ぼやけた視界がクリアになり、私の目にはっきりと唯先輩の姿が映った。
 倒れた机。散乱したアイスの棒。誰のものかわからない筆記用具の数々。
 唯先輩が床にしゃがみ込み、そこから何かを拾い上げていた。

「唯先輩? ねえ、唯先輩ってば……」

 アイスの棒。
 そして、ボールペン。

「ねえあずにゃん……ムギちゃんさ、勝手に死んじゃったんだよね。私が殺したんじゃないよね」

「な、なにを……? 唯先輩、さっきから何を言って――」

「だからさ、ムギちゃんのお墓作っても怒られないよね?」







 Fin





おしまいです。何気に三日もかかってしまった。
いや、この板だと三日は短い部類なのかな。製作板で書くのは初めてなのでよくわからないけど、なんか新鮮でした。
vipほどカツカツしてなく、けど、スレは着々と伸びていく。500とかざらなのを見て、すごいなあと思った。


それにしても、やっぱり俺には台本形式は無理だったww
ホント、みんなどうやって考えるんだろう。すげえな。萌え萌えとかほのぼのも、いつかそれで挑戦したい。
それじゃあ、ここまで読んでくれてありがとう。