紬「もういっそ純ちゃんをけいおん部に入れたらどうかしら…」

純「えっ」

唯「じゃあ今日からじゅんにゃんだね!!」

純「じゅ…じゅんにゃん!!微妙に言いづらい!!」

  「っていうか、お誘いは嬉しいけど私ジャズ研に入ってまして~」エッヘヘ~

紬「じゃ いいわ」

唯「そうだね」

純「あっなんかさびしい」



憂「ところで貴様らいつ帰るんですか?」

律「あっすいません」

唯「ごめんなさい」

憂「お姉ちゃんはいいんだよ~♪」

唯「えっ、そっか~ビックリしたぁ~」

憂「それより梓ちゃんをここに呼び出して

  歯と爪を全部引き抜きましょう」

純「サラリと怖い事をっ!!」

紬「まぁリンチはともかく…」

澪「いつまた私たちもタメ口叩かれるかわからないしな」

 「みんなでガツンと言ってやろうよ!」



律「よし、がんばれ!私たちはそれを影で見守るから」

澪「えっ」

紬「じゃあ私、その時にお茶を用意するわね~」

唯「澪ちゃんファイト!!」フンス -3

澪「ちょ、みんなで言おうよ!?私一人じゃ怖いだろ!?」

憂「今、梓ちゃんに電話したんですぐに来るそうですよー」

澪「えぇっ!?アイツ何しに来るんだよ!?」

憂「だから澪さんがガツンと」

澪「うえぇっ!?みんな手伝ってくれるよな!?」

律「みーお!」ワーワー

唯「みーお!」ピューィ

紬「みーお!」パチパチ

純「みーお!(コッチ側にいると楽しいなぁ)」



紬「じゃあ私、お茶の用意しようかしら」

憂「私も手伝います」

唯「わーい、なんだか楽しそうだね!」

憂「ふふ、よかったね、お姉ちゃん♪」

律「じゃあ、澪は梓に何言うか決めとけよ」

澪「えぇっ、わ、私が何を言うんだよぉ…?」

律「調子こいてんじゃねぇぞクソ虫とか」

澪「そそ、そんな怖い事言えるワケないだろ!?」

純「この前、私に言わせようとした

 「先輩にタメ口きいてんじゃねーぞクソゴキブリ」とか」

律「あー、それでもいいんじゃないか?」



澪「そ、そんなの直接言えないって!!」

純「普段、言いそうにない澪先輩が

  言うからこそ効果てきめんなんですよ!」

律「そーだそーだー!」

澪「くそっ、純!あとで泣かすからな!!」

純「(ここで引くな…)」

  「な、泣かすなら今泣かせばいいでしょ?さぁどうぞ」ドンッ

澪「えっ?」

純「殴りたきゃ殴れよ!!」カーッ

澪「ひ、ひぃ」



澪「あぅう…なんだよぉ」ウッ

純「(…勝っちゃった?)」

律「純のヤツわかってきたみたいだな」

 「コイツ、偉そうにしてるけど基本ヘタレだからちょいとスゴめばこの通り」

澪「うぅ…」グス

純「あぁん!何かに目覚めそう!」

ピンポーン

憂「あっ、梓ちゃんきた」

澪「ひぃっ!?」



ピンポーン

ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポ
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポ
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポ
ピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポピンポーーーーーーーーンンンンンヌ

紬「うるさッ!」

律「アイツどんだけピンポン連打してんだ?」

憂「ブッ殺すぞコラアアァアアッ!?」ガチャッ

梓「来たよ」

憂「梓ちゃん、いらっしゃ~ぃ♪」



唯「あっ、あずにゃんだ!あずにゃんがウチに来たよ~!」エヘヘ~

梓「よぉ平沢、相変わらずバカか?」

憂「梓ちゃん、屋上に」

純「通報」

憂「梓ちゃんの卑怯者!!小沢一郎!!琴光喜!!」

梓「そんなにヒドイ事したかなぁ」

  「それでなんの用ですか」

律「あー、澪がお前に話あるんだってさ」

梓「はぁ」

唯「さ、澪ちゃんがんばって!」

紬「みーおちゃん!がんばれ~!」

澪「う、ホ、ホントに言うのぉ~?」



澪「あ、梓!!」ドキドキ

梓「はい」

澪「えっと…だな」

梓「…」

澪「…」

 「…」

 「…」

 「す、好きだ!!」

梓「えっ」

律「えっ」

紬「キマシタワァァァッ!!」オッシャー!!



律「待て!!一体どういう流れで…」

澪「いや、最初は怖かったけど、よく見たら梓ってちっちゃくて可愛くて

  それでいて気が強くってなんかすごくツボだなぁって…///」ポッ

純「ストックホルム症候群?」

律「待て待て待て待て!!」

 「さっき私と両想いみたいな事言っておいて!!」

澪「お前こそ、重い関係になりたくないとかゆってたくせに!!」

律「あれは…!!」

唯「思わぬ修羅場だねっ!憂!!」

憂「うん!私、人の修羅場見るの大好き~♪」



純「それで肝心の梓の答えは?」

梓「私、澪センパイのことは…」

紬「ことは…!?」キラキラ

梓「26番目に好きです」

澪「それってどんな評価?」

唯「じゃあ あずにゃんだいしゅきランキング

  1位から30位まで発表~!!」

梓「調子こくなよ平沢」

唯「はぅっ!」

憂「あず屋」

純「警」

憂「卑!」

紬「わからないわよ!」



梓「さすがに全部発表するのは おっくうですが

  けいおん部内のランキングは平沢>紬センパイ>澪センパイ>律センパイです」

唯「えっ、私が1位?」

紬「あらあら、2位でも嬉しい!」

澪「私3位!?」

 「大体なんで呼び捨て状態の唯が1位なんだよ!!」

律「…」

梓「平沢は最近、痩せて胸が小さくなりエロ生き物として価値が下がりましたが

  それでも基本1位ですから」

唯「エロ生き物やめてよ!!」

紬「ホントにエロ生き物だから敬語使ってたのね~」

澪「エロ生き物っていうなら私もなかなかだろ!?」

梓「ライブでパンツ全開のビッチはちょっと…」

澪「チクショオオオオオオオオ!!」



律「澪!おいで!!やっぱりお前には私しかいないんだよ!!」

澪「つるぺたは黙ってろ!!この非エロ生き物!!」

律「ひどっ!!」

純「梓のだいしゅきランキングってエロ生き物ランキングなんだ…」

  「あっ、ちなみに私、何位!?」

梓「あずにゃん2号>たわし>純>ムカデ」

純「…」

梓「おやっ、よく見ると平沢…いえ、唯センパイ

  さっきより ふくよかになりました?」

唯「えっ…胸を見つめないでよあずにゃん」

紬「そういえば純ちゃんの家で りっちゃんウンコを見てたら

  カレー食べたくなったって言って食べてたよね」

憂「お姉ちゃんのおっぱい分の30パーセントはカレーライスでできてるから…」



梓「それでこそ私の大好きな唯オッパイ!!いや、唯センパイ!!」

澪「最低だなコイツ」

律「冷めたのか」

梓「では いつものように抱きついてきてよいですよ!!」

唯「…やだ」

梓「えっ」

唯「あずにゃんが私をそんな風に思ってたなんて…気持ち悪いよ」

梓「えっ、ちょ、そんな事…」

唯「だまれ 中 野」

梓「!!!!!!!!!!!!!!!!」



9