─鈴木邸─

律「誰だよ鈴木って」

純「はい!はい!私です!私、鈴木純ちゃん!!」

澪「へ~、アンタも鈴木っていうんだ」

純「というか軽音部のみなさんがどうして私の家に来たのでしょうか!!」

唯「実はかくかくしかじかこういうワケで」

純「かくかくしかじかじゃわかりませんて」アハハ

澪「ぅわっ、何その返し」チッ

紬「平民思想ここに極まれり」ハァ~

律「まぁそれはそれで個性とも言えるけどなー」ブッ

純「なんだかヒドイ言われようだ!!」



澪「じゃあもう一回チャンスを与えようか」

純「バッチコイ!!」

律「もうこの時点で終了だよな

 『バッチコイ』て」

純「すいません、お肩をおもみしますから~」ヘコヘコ

澪「やる気あるのか!?」

純「ねぇよ」

律「おっ、今のはちょっと良かったよ?」

純「マジですか!?」パァッ



澪「いや、ダメだろ。

 『ねぇよ』なんてまず私に対して無礼すぎる」

律「え、何?アタシのセンスにケチつける気?」

澪「は、なに?センス?その辺の芸人より

  自分の方がおもしろいとか思っちゃってる?アイタタタww」

律「なんだオラやんのかコラ」

澪「うそうそー、律ぅ好きぃ」ムチュゥゥゥムチュッチュゥゥ

律「ん、澪ぉ…んちゅ…はむっ、レロ…」チュッチュッ

純「この人たち、気が狂ってるんですか」

紬「…果たして そうかしら」

 「彼女たちから見れば自分たちを育んでくれる

  空を、海を、大地を汚す私たち人間の方がよっぽど狂っているのかも知れない…」

純「あの人たち、ゴジラかなんかなんですか」



唯「私の話を聞けぇー!!」

律「ボンバアァーッ!!」

澪「そういえば梓が唯にまでタメ口で話すようになったんだ」

律「いちいち対策たてるのも面倒だから梓のオプションである

  純ちゃんになんとかしてもらおうってさー」

純「オプション?オプションって?」ワクワク

紬「よくいるじゃない?」

  「ビッグヴァイパーのまわりを金魚のクソみたいにくっついてまわる子」

純「あの…びっぐばいぱーってなんです?」

律「撤収!!」

純「待って!!金魚のクソでもゲロでもいいので仲間に入れてください!!」

律「目指せ没個性!!」

澪「よし、じゃあ今すぐ梓に電話して

  『先輩にタメ口叩いてんじゃねーぞ小娘』って伝えるんだ!」




─中野あずにゃん邸─

チンコモミモミモ~ミモミ~♪ ピッ

純『あ…もしもし梓?』

梓「純、どうしたの?」

純『…』

梓「なに?」

純『あ、あの…梓…』

梓「なに?」

純『あ、あの、先輩たちにあんまり失礼なしゃべり方するのは…』

梓「え?」

律『ウンコオオオオオオオオオオオオォォォ!!!!!!』

澪『マンコオオオオオオオオオオオオォォォ!!!!!!』

紬『チンコオオオオオオオオオオオオォォォ!!!!!!』

唯『これでV○Pは安泰だね!』プツッ ツーツー

梓「…」




─鈴木純ちゃん邸─

純「今のは…?」

律「あああああああああああもうアイス喰って瓦割って寝よーぜ!!」

澪「ふふっ、まったく仕方ないヤツだな」

純「自由すぎる…」

唯「私、あずにゃんに平沢じゃなくて

  唯って呼ばれたいんだよバレンタインデー」

律「いきなりなに言ってんだコイツ」



澪「平沢にしろ唯にしろ後輩に呼び捨てされてアタマに来ないのか?」

唯「えっ、澪ちゃんは年下の恋人に呼び捨てにされたら怒るの?」

澪「パォッ!?」

紬「ここ恋人…」ムギュゥゥ

律「唯…おまえ、まさか梓のこと…」

唯「いや、百合とかそんなんじゃないから」

澪「チッ」

膣「リッ」

紬「チッ」

純「(えっと…)ちっ」←みんなに合わせた



唯「恋人はただの例えだけど」

 「あずにゃんって年齢が1コ違うってだけで修学旅行に一緒に行けなかったり

  卒業も一年遅れで、ちょっと私たちと壁を感じてると思うから」

 「『唯』って気楽に呼んでもらったら もっともっと仲良しさんになれるかなって」

純「(憂のお姉ちゃん…)」

澪「ど、どうしよ~律ぅぅ、唯がおかしくなっちゃったよ~」

律「よ、よし、とりあえずウンコでも漏らすかホァァッァア」ムリムリムリッ

純「ギャアアアアアアアアアアッ!?」

紬「落ち着いて純ちゃん!ちゃんとモノはビニール袋に入ってるから!!」

純「いやいやいやいや!!うわ~ん、あんまりだよ~」ウェ~ン

律「どうだ、驚いただろう!!」

  「本当に慌てた人間の顔ってのはそういう顔なんだ。よく覚えとけ!!」

澪「お前は勝新太郎か」




─平沢邸─

唯「うい~、たぁだぁいま~♪」

憂「おかえり~お姉ちゃん♪ご飯にする?お風呂にする?それともわた

律「お邪魔しまーす!」

憂「本当に邪魔ですよね」

律「…」シュン…

澪「あの…お邪魔します…」

憂「…」イラッ

紬「生まれてきてごめんなさい…」

純「(帰りたい…)」



憂「みなさんウジャウジャと何の用ですかー?」ニコッ

律「憂ちゃん、言葉の端々にトゲがあるよ!」

純「(唯先輩と二人きりになりたいんだろうなぁ…)」

澪「梓タメ口対策と純ちゃんの可能性を図ろうと思ってさ」

憂「それって私のお姉ちゃんタイムを邪魔してまでやる必要ないですよねー」

紬「だけどタメ口の対象が今回は唯ちゃんだから…」

憂「お姉ちゃん、お留守番お願い!!」

 「梓ちゃん殺してくるね!!」ダッ

唯「ダメだよ、うい~」

 「日本で人を殺しちゃったらおまわりさんに怒られるんだよ~」

憂「大丈夫!!正しい心で やりぬくよ!!」



澪「さ、さすがに殺しはマズイよww」ゲラゲラ

律「いや、笑うとこじゃないだろ!!」

純「う、憂!!梓を刺したらお姉ちゃんに会えなくなるよ!!」

憂「あっ、そうだった!!くそ~梓ちゃんめ~!」

唯「すごい純ちゃん!!あの憂を一撃で!!」

純「いや~えっへっへ~!ついに私の時代、到来?」フフ~ン

律「じゃー早速、純ちゃんの靴下脱がそうぜー!!」

純「あれっ?どういう展開?」

律「へっへっへ~泣いても親は助けにきちゃあ くれねえぜ~」ワキワキ

純「ちょ、え?靴下だけでいいなら脱ぎますけど?」

紬「あらあら純ちゃんたら こんないやらしい靴下履いてどういうつもり?」

純「普通の黒のソックスなんだけど」



紬「それっ♪」ズルッ

純「ひゃんっ」

律「もう片方も!」

純「あ~れ~」

紬「!!まぁまぁまあ!!」

唯「わぁ~、純ちゃんの足の指ってこんなカタチしてるんだ~」

純「うぅ///なんか恥ずかしい!」カァ~ッ

律「へへ~いいじゃんいいじゃん!」

  「土踏まずの曲線がキッレイだな~」ヨシヨシ

純「ひょっとして私、褒められてる?」ワクワク

唯「純ちゃん、スラッやって!スラッ!」

純「スラッ?こ、こうですか?」スラリ

律「お~なんか…エロくね!?」



紬「顔は地味なのに艶やかなな美脚とのギャップで

  地球がむぎゅううぅぅん!!」

唯「むぎゅううぅぅん!!」ワーイ

律「やるじゃん純!!念のため舐めさせてくれ!!」ペロペロ

純「うひゃぅッ!?」ピクン

紬「私、一度 後輩の足裏を舐めしゃぶることが夢だったのー」ペロペロシャブリ

唯「私、小指ちゅぱちゅぱだいしゅき~♪」チュパチュパ

純「んにゃあああ!?」ゾクゾクゾクン

 「ハァハァ…わ、私の足そんなにいいですかね?」テレテレ



澪「くそっ、そんな地味子より私の足裏の方が魅力的だぞ!」ズルッ

紬「まあまあ!!」

律「あっ、なんだろ!この感じ!!」キュン

 「澪の足裏って、なんだろう!!うまく言葉にできない何かが…」

唯「なんかカブトムシみたいなニオイだね」

律「あー」

澪「!?」



澪「あー」じゃないだろ!?私の足はカブトムシじゃないよ!!」

  「もっとよく嗅ぐべきだよ!!」

律「」クンクン

  「うん、これはまったくのカブトムシ臭だな」

紬「言われてみれば…」クンクン

憂「あっホントだー」クンクン

唯「えもいわれぬニオイだね!」クンクン

澪「…」



澪「うっ、うえぇ」ポロポロ

純「泣きだした!?」

澪「なんだよぉ…純ばっかり…」ヒック

  「私だって…」ウェッ

律「泣くなよ澪…いっとくけどアタシ、カブトムシは大好きだぞ!!」

澪「りつ…」ゴシゴシ

憂「ふふ、よかったね!澪さん!」

純「なにこれ」


澪「さー私と律が両想いになったことだし

  梓のヤツをどうするか考えるか!」

律「えっ、アタシあんまし重い関係になる気は…」

澪「えっ」



8