─学校─

紬「はぁ…今日の部活どうしよう…」

 「梓ちゃんを元に戻すために私が折れてティータイムをやめる…

  というのもハラワタが煮えくり返りそうだし…」

憂「紬さん、おはよ~ございます!」

紬「あら、憂ちゃん」

  「なぜ包丁をもってるの~?」



憂「これは包丁じゃなくて

  聖なる剣エクスカリバーです!」エッヘヘ~

紬「わぁ、これが かの有名なる…」

憂「はい、お姉ちゃんに迫る邪な存在を

  打ち払う能力をもっているんですよ」シャキィン

紬「えっ(昨日の電話がバレたのかしら…)」ドキリ



憂「どうしたんです紬さん、顔色が悪いですよ?」フフッ

紬「(駄目だ この憂ちゃん…早くなんとかしないと…)」

 「(よ~し!!昨日、拾ったデスノートに『平沢 憂』…と)」カキカキ


紬「ふぅ…」ニヤ

憂「…?」

紬「(だ…駄目だ まだ笑うな…こらえるんだ…し…しかし…)」プププ~

憂「うっ…!?」ドクン

ドサッ

生徒「な、なんだ!?人が倒れて…!?」

幼女「きゃ~!!」



憂「し、心臓が…」ウゥッ

紬「憂ちゃん大丈夫!?」(やった!)

憂「うっ」

  「おねえ…ちゃ…」ガクッ

紬「憂ちゃん!!」

  「憂ちゃん!!??」

  「死ぬなバカヤローッ!!!!」

憂「…」

紬「(さすがはデスノート!!

   私、一度、死亡フラグをヘシ折ることが夢だったの~!!)」キャ~♪



唯「おはよー、ムギちゃん」

紬「あっ、唯ちゃん大変よ!!憂ちゃんが死んじゃった」

唯「えっ!!わ~ん、かなしいよ~」ウェ~ン


憂「お姉ちゃんを泣かせるヤツは私と言えども許さない!!」ガバッ

リューク「えぇ~っ」



紬「そんな…心臓は確かに止まってたのに…!!」

憂「心臓なんか無くったって!!」

 「こちとらには1万2千枚の特殊お姉ちゃん装甲と

  AT(A『姉に』T『チンチン挿入れたい』)フィールドがあるんだからっ!」ウオオオォォォォッ

唯「そっかー」パチパチパチ

憂「うん、そうなの!」エヘ~



唯「ところで包丁もって何やってたの?」

憂「あれ?」

  「う~ん、心臓が止まってた間、脳に空気がいかなかったら

  記憶が失われちゃった!」エヘヘ~

唯「あはは 憂のおっちょこちょい~!」


紬「(記憶喪失のおかげで助かったけど…)」フゥ~

  「(やっぱりデスノートなんかに安易に頼っちゃダメね…)」

  「ハッ!!ちょっと待って、安易に…?」

  「ママ!!わかったわ!!ATフィールドの意味が!!」




─部室─

唯「今日はお菓子無いのかな~」

律「さすがにムギも持ってきづらいだろ」

澪「そもそも学校休んでたじゃないか」

唯「あれ?私、朝 ムギちゃん見たよー」

律「幻覚でも見たんじゃないか?」

澪「そもそもムギという女子高生自体、幻覚だったのかも知れないな…」

唯「そっか~残念だねー」



梓「どうもです」ガラッ

律「さー練習するかー」

梓「まだ沢庵宗彭が来てないのに?」

律「もはや誰だよ?」

澪「沢庵漬けを考案した人物もまさか400年後に

  今のような扱いを受けるとは思わなかっただろうな」



律「ムギが来ないのはそもそも梓のせいだぞ!」

梓「?」

 「なんで私のせいなんですか」

唯「あずにゃんがお菓子をもってくるムギちゃんを

  キライになっちゃったから…」

律「そして人は人を憎みあい傷つけあうから…」

梓「何言ってるんですか?」

紬「みんな、お待たせー」ガラッ

唯「ムギちゃーん!!」ダキッ

紬「あらあら、泥だらけになっちゃうわよ?」ドロ~ン

律「なんだよ、その格好、田んぼにでもハマったのか?」

澪「そんなことよりお菓子お菓子!!」ヒャッハー

紬「今、準備するからちょっと待っててね」ガソゴソ



梓「…」

唯「ムギちゃん、お菓子出してまたあずにゃんに怒られないかな…」

澪「そんなことよりお菓子お菓子!!」ウッヒョッヒョー!!

律「もはや誰だよ?」

紬「おまたせ~」ドサッ

梓「!!」

律「これは…長イモ?」

紬「さっき山で掘り出してきた自然薯(じねんじょ)なの~」

澪「あ?」



律「地下深くへとまっすぐに伸びたそのイモは1メートルはあるという」

澪「しかし、このイモ傷一つ ついていないじゃないかー」チッ

唯「丁寧に丹念に掘り続けなければ途中で折れてしまうハズなのに…!!」

紬「私、憂ちゃんを殺しかけて気づいたの」

唯「その話kwsk」

紬「家から持ってきただけのお菓子をただ並べるのではなく

  自らが苦心してこそ真のおもてなしの心なのよ!!」

澪「へー」



紬「さぁ、梓ちゃん!!この自然薯をすりおろしたとろろいも」

 「とくご堪能あれ!!」

梓「」ズルズルッムグムグッ

 「!!」

 「おいしいです、ムギセンパイ!!」ニコッ

紬「梓ちゃん!!」ムギュウウゥゥ

梓「あうぅぅ抱きつかないでください~!!」

律「信じられねぇ…ファッキン梓のヤツ、マジで

  手抜きお菓子が気に入らなかっただけなのか」

澪「アイツはケーキとか持ってきてもらっておいて何様なんだ」

唯「私はいつもの甘いお菓子がいいよー…」



律「唯の言うとおりだ」

  「…確かに長イモを傷つけずに掘り出すのは大変だったろうけど」

澪「ティータイムにとろろいもはどうなんだ?」  

唯「買っといたシュークリーム食べよっと!」

梓「私にもください!!」ダダッ

澪「わ、私にもくれww」ブォッ

律「ぅわ、コイツ、屁をこきやがった!!」

紬「なにこの敗北感」

澪「シュークリームうめっしゅ!!」モグモグ

紬「苦労して掘り出した自然薯がシュークリームに負けるなんて…」ウッ…

唯「ムギちゃん…泣いてるの?」

紬「いやいやいやいやwwww私はMですwww

  みwなwぎwっwてwきwたあああwwwWWW」 ウヒョォォォォォ



紬「みんなwwもういっそww私にとろろいもぶっかけろwwww」ヒヒヒ

澪「食べ物を粗末にするのはよくないぞ!」

律「どけ!!アタシのとろろいもをぶっかけてやる!!」シコシコシコ

  「うおおアアアアアア!!」ドピュ

紬「アアア!?素敵よ!!りっちゃん!!」ドッロ~

律「ブザマね」

澪「律、お前まさか生え…」ソワソワ

律「いや、ムギからもらった とろろいもブッかけただけだからね?」トロトロ

澪「そうか」

梓「話が進まねぇんだよ平沢」

唯「えっ、このタイミングで?」



唯「あずにゃん、ひどいよ!!どうせなら唯って呼んでよ!!」

梓「だまれ平沢」

紬「ついに唯ちゃんの番なのね」ドロドロ

澪「うーん、唯は気が狂ってるからショックの度合が少なそうだ」

律「梓よりお前の方がヒドイこと言ってるよ?」



7