澪「お、おちつけムギ!!」ガシッ

紬「分かるはずだ!!

  こういう奴は生かしておいちゃいけないって

  みんなには分かるはずだ!!」ググッ

梓「俗物め!!」 ドギュゥゥン

紬「まだ終わらんよ!!?」ノッピコパpッロヒョン

律「ムギ!!こっちを見ろ!!」

  「唯、北斗神拳奥義ディープキス裂拳だ!!」

唯「あいよ~!!」

律「ん…ちゅ」チュゥゥゥ

唯「はむ…んちゅ」レロンチョ

紬「か…か…かみちゅッ!?」ブシュブシュブシュゥゥゥゥゥ

澪「ふぅ、鼻血とか耳血とかいっぱい出たけど大人しくなったぞ」フー



澪「梓!!なんでムギにあんな事を?」

梓「…別に」シラッ

唯「エリカ様状態だよ!」

和「律、いる~?」ガラッ

唯「あ、ねちゃん!」

和「ねちゃんじゃないよ♪わちゃんだよ♪」

唯「あっ、そうか!!」

澪「いや、のどかだろ」

和「もういいのよ…」ウッ…



律「ややこしい時に来たな~」

和「言ってくれるわね」

 「講堂の使用許可の用紙が出てないから持ってきてあげたのに」

律「あっ、忘れてた~!!」

澪「なんかイベントあったっけ?」

律「唯の足裏舐めショーでこづかい稼ごうと思って…」

唯「えっ」

律「澪のパンツも売りたいし…」

澪「えっ」

和「それより顔中の穴から血を流して

  倒れてる人がいるみたいだけど、警察と病院

  どっちに通報した方がいいのかしら」



和「…なるほど、そんな事が」

梓「…」ツーン

澪「こら 梓!なんでムギにあんな事言ったんだ」

梓「そんなことより練習しましょうよ」

 「最近、なんだかんだで全然やってないじゃないですか」

律「ほとんどお前のせいだよ?」



和「被疑者『中野梓』は基本的にマジメに練習したい…か」

律「ん?」

和「ひょっとして、練習をしない方向にもっていく

  元凶が許せなかったんじゃないかしら」

澪「どういう事だ?」

和「休憩は必要だけど部活が終わるまでサボリ続けるのは明らかに異常。

  そしてそれはお茶やお菓子という媒体があるから…」

律「つまり…どういうことだってばよ?」



和「ただでさえ集中力のない唯や律を堕落のぬるま湯に浸からせる元凶」

 「それはティータイムの主催者『琴吹紬』」

澪「あ…ひょっとして!!」

唯「つまり…どういうことだってばよ?」

和「…善意でお茶菓子をもってきてくれるお嬢様も

  練習したい立場の人間から見れば

  練習を邪魔する誘惑の悪魔だったというワケよ」

律「つまり…どういうことだってばよ?」

和「…中野梓は琴吹紬がキライなのよ」



唯「つまり…どういうことだってばよ?」

和「…人は人を憎む生き物なのよ」

律「え~全っ然、見えてこねーよ!」

和「人類はサルから進化してね…」

律「あっ!!ひょっとして…」ゴニョゴニョ

和「正解!!」ピンポーン

律「おっしゃあ!!」

唯「あぅ~っ、れちゃん、ヒントヒント!!」

和「ここにみかんが3つ、りんごが6つあります…」




─病院─

律「つまりティータイムを廃止すればいいって事らしいぞ!!」エッヘン -3

和「あくまで一つの可能性、だけどね」

紬「そう…」

澪「ムギ、体はもういいのか?」

紬「えぇ、みんな…輸血してくれてありがとう」

 「みんなの体液が私の体中を駆け巡ってるかと思うと

  テンション上がってきたww」ヒヒヒ

澪「そうか」



唯「でも…明日からお茶もお菓子もなくなっちゃうの?」ウッ…

律「梓だってケーキとかうまそうに喰ってたクセによぉ!」

澪「う~ん、そうだよなぁ…」

紬「…」

和「とりあえず一週間くらいティータイムは控えて様子を見てみたら?」

唯「そりゃムリだよ!!ムギちゃんのお菓子抜き生活なんて考えられない!!」



律「そうそう、ムギのもってくるお菓子は格別だからな~」

 「食べてるうちに頭がキィィィンってなってきて背骨がゾックゾクしてさ~」

澪「ま、まるで冷たい風の中を泳ぐような開放感を感じれヒヒ」

唯「だ、だんだん、ハアハア痛みとか悩みがす~っととけていっひゃうんらよ?」


律「ハアハア」

澪「ム、ムぎぃぃぃ…ケーキちょぉらいぃぃ」ハッハッ

紬「みんな…そこまで私の持ってくるお菓子のことを…」ウッ…

和「…」



和「客観的に見て必ずティータイムやめろ」

律「何言ってんだ赤メガネ!!アタシたちは機械じゃねぇ!!」

澪「そうだ!!大体、ティータイムがなくなったらムギの意味ないだろ!!」

紬「えっ」

唯「お菓子をもってこないムギちゃんなんてムギちゃんじゃない!!」

 「私たちは…一生懸命お菓子をもってきてくれる…

  そんなムギちゃんだから大好きになったんだよ!!」グスッ

紬「みん…な?」  



澪「あきらめるなよ!!」

  「いつもニコニコ笑ってただキーボードをひく…

  ムギはそんな生活でいいのか?」

和「その生活、軽音部員として問題あるの?」

唯「迷ったら…望みでしょ!?

  私たちに喜んでもらうのが気持ちのいい人生ってもんでしょ!?」

律「だから四の五の言わずにケーキ食わせろよ!!」

澪「D・V・D!」

律「D・V・D!!」

唯「D・V・D!!!」ワァァァァッ

紬「う、うぅ…」ポロポロ

和「なぜ服を脱ぐのかしら」




─平沢邸─

紬『口でクソたれる前と後に『うんたん』と言え!!分かったかウジ虫!!』プツッ ツーツー

唯「…う、うんたん」ビクッ

憂「誰からだったの?」

唯「うんたん、番号非通知だったから

  わかんないけど、うんたん」

 「うんたんって言えってゆってた、うんたん」

憂「なんなのかなぁ」

唯「うんたん、わかんない、うんたん」

憂「とりあえずごはん食べよう?」

唯「わーい、いただきー」パクパク



憂「お姉ちゃん、結婚式はいつにする?」ニコニコ

唯「なんの話?」モグモグ

憂「私、姉妹で結婚とかあながちファンタジーじゃないよ派だから!」ポッポポークルッポー

唯「ふ~ん」ゴックン

憂「今日、テストがあったんだけどね、お姉ちゃんの事ばっかり考えてたら

  100000200点とっちゃったよ」エヘヘ~

唯「わぁすごいね~」モグモグ



憂「お姉ちゃんは学校で何かあった?今日は何人に告白されたの?」ワクワク

唯「告白はされなかったけど

  ムギちゃんがあずにゃんに追いやられていたよ~」パクパク

憂「また梓ちゃんのお話かー」イラッ

  「お姉ちゃん、梓ちゃんのこと…す、好きなの?」ドキドキ

唯「ウィンナーおいしい♪」カブッ

憂「ぁあ梓ちゃんのウィンナーおいしいの!?」ウォォォォッ ジャーン ジャーン ゲェッ カンウ



唯「えっ、あずにゃんのウィンナーは食べたことないよ?」モグモグ

憂「じゃあ誰のウィンナーなら食べたことあるの!?」ホァッ

 「ひょっとして律さん!?」ハァハァ

 「あの人、生えてそうだもん!!」ゥォォォォォッ


唯「そういえば前にりっちゃんのウィンナーと

  私のオカズを交換したっけ」パクパク

憂「お姉ちゃんのオカズってなに!?」

  「 私 ! ? 」ドン!!

唯「いや、大根だけど」ポリポリ



憂「ウッヒョヒョオオオオオオオオ!?大根!?大根がオカズ!?」キャッホー

唯「大根っていうか沢庵だけどね」オチャノモウット ズズー

憂「たく…琴吹紬!?」ワァァァァァァッ

  「お姉ちゃん、あの百合眉毛が好きだったなの!?」


唯「語尾が変だよ?」サーテ デザートニシヨット

憂「質問に答えて!!」ダァーン


唯「アイス!アイス!」タタッ

憂「愛す!?愛す!?」カキーン サヨナラホームラン!!

  「チクショオオオオオオオオオオ!!」ワァァァァァァッ



6