紬「唯ちゃんに敬語を使うのは

  本能じゃないかしら」

澪「本能?」

紬「ほら、唯ちゃんは存在そのものが性的で

  ありがたいエロ生き物だから…」

律「今だって黒タイツ越しに見える足裏が

  妙にセクシーだしな」

唯「ふぇ!?りっちゃん、どこ見てるの?」カァッ



澪「むむ…なるほどー。

  ちょっと舐めてみていいか?」ペロリ

唯「ひにゃっ!?」ゾゾッ

律「アタシも念のため、舐めておこうかな」ペロペロリ

紬「私、一度お友達の足裏を舐めしゃぼることが夢だったのー」ペロペロシャブリ

唯「やめてよ!憂みたいな事しないでよ~!」ジタパタ



澪「しかしエロ生き物という点なら

  私もなかなかだろ?」

 「胸はおっきいし、見てのとおり美少女さ」

紬「Oh、ビッチ!!」ペッ

律「自分で言う時点でマイナスなんだな~コレが」ハチャ~


紬「唯ちゃんは自分がエロ生き物だという

  意識なく抱きついてくるからタマらないの~♪」グ゙ヘヘ

唯「やめてよぉ、そのエロ生き物ってなんかヤダよぉ」フェェ…

紬「ほら、こういう自分に関する

  エロトークが苦手なところがまた…」ゾクゾク


律「やべ、勃ってきた」ムクムク

澪「何がだよ」



律「つまり梓に何かしら尊敬される

  先輩になるって事だなー」

紬「当たり前と言えば当たり前の事だけど」


澪「尊敬って…」

 「容姿端麗 成績優秀 ベースも上手くて

  常識人で高校生にしてファンクラブまで

  存在する私がこれ以上どうやって

  尊敬されろっていうんだ!!」


律「」イラッ

紬「じゃあ私たちそろそろ帰るわね」ペッ

唯「あばよ涙よろしく勇気」バタン


澪「くぅっ、私いったいどうしたら…」ウゥッ




─翌朝 登校中─

澪「ふぁ~ぁ…」

律「なんだ澪、眠たそーだな」

澪「う~ん、昨日徹夜で色々考えてたんだ」

  どうやったら梓は再び私に敬語を

  使ってくれるようになるんだろうか、と…」

律「前歯ヘシ折って

  歯茎にコンパス突き刺せば一発だろ~」

澪「私はそんなキャラじゃないんだよ!」

梓「」トコトコ



律「おっ、あそこをゆくのは梓じゃないか」

澪「!!」

律「おーい、梓~!!」

梓「」チラッ

澪「…」ドキドキ

梓「どうもです、おはようございます」ペコリ

澪「(あっ、元に戻ってる?)」



梓「律センパイは今日も朝から元気ですね」

律「そうでもないよ、一限目から数学でさー」

梓「数学、苦手なんですか?」


律「まぁ理科も社会も国語も英語も苦手なんだけどさ」

梓「じゃあ何が得意なんですか!」

律「お弁当!!」キャッキャ

梓「それ、授業じゃありませんよ!!」ウフフ


澪「(なんだ、いつもの梓じゃないか)」ホッ

  「あ、梓は好きな授業ってあるのか?」


梓「アパァ?」



澪「!!」

 「アパァ?ってなんだよ!!

  もはや意味が分からないよ!!」

梓「落ち着け秋山」

 「そんなザマじゃ

  ライアーゲームで生き残れないぞ」

澪「その秋山さんでもないよ!!」


律「まぁまぁ澪」

 「何か策があるんだろ?」

澪「あっ、そうだった!!」ピコーン



澪「わ、私にはコレがあるんだった!!」ゴソゴソ

 「ほら梓、うまい棒だよ~!!」ジャジャーン!!

梓「」グシャッ ボロボロ

律「無表情で握りつぶした」

澪「謝れ!!原料であるトウモロコシ農家と

  私に謝れ!!」ウワァァァァァン



梓「ごめんなさい、お百姓さま

  悪いのはトウモロコシじゃ

  ないんです 悪いのは…」スタスタ

澪「あっ、私に対する謝罪は!?」

  「そして悪いのは誰!?」

律「めんたいこ味うめぇ!!」モシャムシャモグムグ

澪「拾い喰いするなよ!!どいつもこいつも死ね!!」キィィィ




─教室─

澪「ふぅ…なかなか手ごわい相手だよ」

 「ムギを見習ってお菓子で

  懐柔しようと思ったのに」ホフゥ~

律「お前、うまい棒でムギと

  同格になるつもりだったのか」

 「大したヤツだよ、澪。

  お前がナンバーワンだ」



唯「色々、作戦考えてきたんでしょ~?」

 「他にどんな事するの?」


澪「う~ん、あとはサラダ味とサラミ味、コーンポタージュ味

  テリヤキバーガー味、ぶたキムチ味、マーボー味

  レッドロブスター味、マリンビーフ味、なっとう味

  たこやき味、タコヤキ味(復刻版)、元祖さすがたこ焼き味 の

  ストックがあるんだけど何味なら梓が喜ぶかなぁ 」


律「なにそのうまい棒に寄せる熱い信頼」

 「色々な作戦って全部うまい棒関連かよ」

澪「梓は女の子だからカニチャンコ味がいいかもな~」


紬「うまい棒ってなにかしら…

  そんなに変幻自在な食べ物なの?」ワクワク




─部室─

澪「ほら、梓。

  うまい棒、なんでも食べていいぞ~♪」


梓「練習しろよファッキン秋山」ジャンジャカ

律「そうだぞ澪」ドンドコ

唯「さすがの私も たまにはマジメに練習したいと思うよ」ジャジャ~ン

紬「澪ちゃん、そろそろがんばろう?」ピンポロチンポロ

澪「チクショォォオオオオ!!!!!!」



唯「澪ちゃん澪ちゃん!」

澪「ハァハア…なんだよ唯…」

唯「正攻法でいこうよ!」

澪「えっ」

唯「澪ちゃんのベーステクニックであずにゃんを唸らせるんだよ!!」

澪「ゆ、唯…お前…」ウゥッ

  「久しぶりに人間に会った気がする」グスッ



ギュィィンベベベジャジャジャジャーン

澪「(やった…我ながら会心の演奏)」ドキドキ

澪「」チラッ

梓「…」

紬「ちょっと休憩にしよう?」

カチャカチャ コポコポ ジョロロロ

律「いやーやる事やった後のティーテイムってのも悪くないよなー」

唯「ほら、あずにゃんもお茶にしよ?」

梓「はい」  

澪「…」ドキドキ

梓「どうしたんです澪センパイ?お茶にしないんですか?」

澪「!!」



澪「うぉーん、梓~!!」ダキッ

梓「わっ、なんなんですかぁ!!澪センパイまで抱きつかないでください~!!」ジタバタ

澪「かわいいよ!お前はかわいい後輩だよ~!!」ナデナデ

梓「ふっ、ふにゃぁ…」クニャン

唯「ふふっ、元に戻ったみたいだね!」

律「やけにあっさりだなー」

紬「みおあず…」ムギュギュウン



紬「紅茶どうぞ♪」トン

唯「ありがとムギちゃん♪」グビブッ

紬「どういたしまして~」ニコニコ


澪「うん、おいしい」ハ~

紬「ふふ♪(澪ちゃん、晴れ晴れとした顔ね)」ニコニコ


唯「りっちゃん、お砂糖とって~♪」

律「ほいよ~」ヒョイ

梓「田井中、コッチにもよこせ」

律「ワァォォオオオオオオアアアアア!?

  ブッ殺してやる!!!!!!」ガタァン  


3