澪「えっ、今 私のとこだけ

  おかしくなかった?」

梓「何がだよ」

澪「ほ、ほら、その言い方…!!」

唯「あ~ずにゃん♪ギター教えて~」ダキッ

梓「は、離れてください~!!」ニャン?

 「もう…唯センパイはまったく…」

 「少しは秋山を見習ったらどうですか」

澪「…!!」



澪「私、梓をなんか怒らせたのかな…」ウゥッ

紬「でも『見習って』というあたり

  敬意は払ってるみたいよ?」

律「ハハ!!気にすんな気にすんな!!」

 「呼び方なんて

  大した問題じゃないだろー!?」ワハハ

梓「うっせーぞ田井中」

律「ワァォォオオオオオオアアアアア!?

  ブッ殺してやる!!!!!!」ガタァン  



澪「お、落ち着け律ぅ!!」ガシッ

律「この餓鬼の大腸引きずり出して

  目の前で犬にクチャクチャ

  喰らわせてやんよ!!!」グルルルァ

澪「ひぃっ!?」

紬「りっちゃん、この紅茶を飲んで!!」クイッ

律「ンガ、ング…」ゴックン

律「…」クニャ…

紬「ふぅ…」

澪「ちょっと待て、私たちが飲んでる紅茶って

  一体なに?」



梓「ここのコードはこうやって…」ジャカジャカ

唯「っと、こうかな」ジャカジャカ

梓「あ、それです」

 「唯センパイ、やっぱり覚えるの早いですよね!」フフッ


紬「唯ちゃんにはいつもどおりみたい」

澪「…ムギに対してはどうなんだろ」

紬「私は別に…

  言葉使いとか気にしないから…」

澪「じゃあ梓に話しかけてみてくれないか」

紬「えっ」



澪「頼む…!!なんというかムギも

  私と同じ扱いなら

  ちょっと安心できそうなんだ!!」

紬「澪ちゃんには りっちゃんがいるじゃない」

澪「あんなバカウンコと同列でも嬉しくないんだよ!!」

紬「それは分かるけど…」

律「りっちゃんドラゴンだぞ~♪」ガオ~



紬「あ、梓ちゃん」ドキドキ

梓「」チラッ


紬「…(うぅ、怖いよ…)」ドキドキ

  「(いざタメ口を聞かれちゃったら

   片足タックルからマウントポジションとって

   顔面変形するまで

   鉄槌を喰らわせてしまうかも~)」ハァハァ


梓「早く喋れ ションベン色の大根」

紬「ファッキンガム宮殿!!!」バターン!!



唯「や、やめてぇぇぇムギちゃん!!」ウワァーン

紬「中野梓!! 分かった!!

  お前は生きていてはいけない人間なんだ!!」ウォォォッ

 「暗黒の世界へ戻れ、あずにゃんあずにゃんあずにゃんにゃん!! 」ガッシボカ

梓「当たらなければどうという事はない」ヒュッ ヒュッ

澪「ゲェーッ!?梓のヤツ、馬乗り状態のムギのパンチを

  腕だけで さばいている!!」



律「ムギッ!!

  この紅茶を飲むんだッ!!」カチャ

紬「ングング…ヌゴ」ゴプ

 「オ゙ェェェェ~」ダラダラ~ビシャビシャ

梓「やめ…ぎゃあああああ汚ぇ!!!!!」バシャバシャ

唯「ムギちゃんの口から溶解液が!!」

澪「顔面直撃だ!!」ヒャッホ-



──────────────────
──────────────────

梓「本当に申し訳ありませんでした」ペコリ

律「いやなに。私たちもちょっと

  ムキになりすぎちゃったな~」ワハハ

紬「さっきはごめんね梓ちゃん」

 「ハイ、紅茶♪」コト


梓「ありがとうございます」コク

 「ハァ~。やっぱり紅茶は

  浴びるより飲む方がいいですね」コクン

澪「はは、そりゃそうだ」

梓「あぁ?」



澪「!!」

唯「あずにゃん、このクッキーおいしいよ~」

 「ハイ、あ~ん」ダキッ

梓「や、やめてください

  恥ずかしい…」ウゥッ


唯「ホレホレぇ♪」イチャイチャ

梓「もうっ…ぁ~ん///」パクッ

律「おまえら、ホンット仲いいよな~」ワハハ



澪「ちょっと待った!!」

唯「ほぇ?」

澪「梓、お前、今『あぁ?』って…」

梓「ふぁふぁらなんらよ」モグムシャボロボロ


澪「クッキーほおばりながら喋るなよ!!」

 「アリがやってきたらどうするんだよ!!」カーッ

梓「ババァかテメェは」ムシャムシャポロポロ

澪「バッ…!?」


唯「ダメだよ あずにゃん」

 「おばあちゃんをそんな言い方しちゃ!」プンプン -3

梓「あ…すいません唯センパイ」

澪「(まず私に謝れよ!)」




─秋山邸─

『第1回 中野梓 タメ口対策会議』


澪「状況を整理するぞ」

律「澪のパンツをヤフオクで売ろっぜー♪」ゴソゴソ

紬「琴吹グループが総力を上げて支援するわ!」

唯「私、その儲かったお金でアイス食べる係~!」

澪「違うよ!これはそんな会議じゃないんだよ!!」



律「どうでもいーじゃん、言葉遣いなんてー」

澪「お前だってブッ殺すとか言ってたクセに」


律「いやーめんぼくない!」ワハハ

  「アタシ 生理中だからカリカリしちゃってさー♪」

  「タンポン見る?」ヌポッ

澪「わー!!抜くなよ!!そして何故見せるんだよ!?」



唯「あっ、りっちゃんもそれ使ってるの~?」

 「私のとおんなじだー♪」ヌポポッ

澪「ヌポポッじゃないよ!!」


紬「私、お友達同士でタンポン

  見せあうのが夢だったのー」ヌポッ ポタポタ

澪「わー!!血が垂れてるよ!!

  あー!!ギャー!!カーペットがぁぁ!!」ウァァァァァッ



澪「うぅ…」ゴシゴシ

紬「ごめんなさい澪ちゃん、カーペット汚しちゃって…」

  「なんていったらいいか…

  そんなに一生懸命 私の経血を

  雑巾でゴシゴシ拭かれると…

  正直すごく不快だわ」イラッ


律「そうだぞ、まるでムギが汚いみたいに」

唯「澪ちゃん、ムギちゃんに謝って!!」

澪「うぅ…ヒック…わた、わたし…」ウェッ



律「やばい、泣き出した」

  「澪の精神が限界だー!!」ワァァァー

唯「わぁ~、み、澪ちゃん

  ほら、耳たぶハミハミ~♪」ハムハムハムハム

澪「あっ、やぁぁ///」ゾクゾク


紬「ごめんなさい、冗談よ澪ちゃん!」

  「このカーペットは昨日のうちに

  斉藤に張り替えさせたダミーで

  本物のカーペットは無事だから!!」



澪「そ、そうなの?」グスン

紬「ああっ、かわいい…」ムギュゥン

 「不法侵入してまでダミーカーペットを

  仕込んだ甲斐があったわ」グッジョブ

唯「それにかかった費用で

  プレステ3買って欲しかったなぁ」

律「金持ちがン十万のシャンパンを飲み

  一方、ホームレスは公園の水道で

  命をつなぐ…それが世の中ってモンさ」



律「あっ、待てよ」

 「じゃあどれだけ汚しても平気ってこと?」

紬「えぇ、このカーペット使い捨てだから♪」

唯「すごいすごーい!!

  私、一度思い切り部屋の中で

  ゲロ吐いてみたかったんだー♪」ォェッ

 「ゲボァァァァァアッ」ビシャビシャビシャ

澪「ファァァァァァックッ!?」



律「おー!!アタシも一度部屋ん中で

  脱糞して見たかったんだ!!」ズルッ

 「キャオラアアァッ!!」ムリムリムリッ

律「あふぅん、この背徳感♪」ブポポッ ブピッ

唯「うんwwたんwwうんwwたんww」ワァァァッ

澪「やめろよ!!なんだか すごく納得いかないよ!!」



澪「どうするんだよ…この吐瀉物と排泄物…」ウゥッ

紬「大丈夫よ、明日、澪ちゃんが

  学校に行ってる間に業者を呼ぶから」

 「カーペットは元通りよ♪」

澪「じゃあ今夜は!?私、ここで寝るの!?」ウェ~ン


律「おい澪、いつまでも脱線するなよ」

 「梓について話したいんだろ?」

唯「ケジメは大事だよ澪ちゃん」キリッ

澪「お前らヤクでもキメてるのか」



澪「今度こそ状況を整理するぞ!」

律「ようするに梓が急にタメ口で

  喋り始めたって事だろ?」

唯「どうしたんだろうね あずにゃん」


紬「でも帰るときにはいつもの

  梓ちゃんに戻ってたから

  いいんじゃない?」

唯「そうだね~」

律「じゃあ解散!!」

澪「待て待て待て」



澪「梓のヤツ、

  私にだけタメ口のままなんだよ!」

紬「う~ん、澪ちゃんが

  嫌われてるだけじゃ

  ないかしら」

唯「そうだね~」

律「じゃあ解散!!」

澪「待て待て待て待て」



澪「もっと色々 話合おうよ!?」

律「でも早く帰って

  マジカル頭脳パワー見たいから…」エ~ッ

澪「いつの時代だよ!?」

唯「マ・ジ・カ・ル・バ・ナ・ナ♪」

 「バナナと言ったら♪」

紬「チ・ン・ポ♪」

澪「死ね!!」



澪「大体お前らみたいなアレな存在が

  敬語使われて、私にだけタメ口ってのが

  納得いかないんだよ!!」

唯「…世の中そんなものだよ?」

澪「わ~ん、唯に諭されちゃったよ~」ウェ~ン

 「フヒ、フヒヒヘヒヒヒヒww」


紬「澪ちゃんの精神が汚染区域に突入!!」

律「今日は長持ちしたほうだなー」ワハハ



律「梓がなぜアタシとムギに

  敬語を再び使い始めたかっていうと…」

紬「体当たりでぶつかりあったからかしら?」


唯「ムギちゃんはまさに

  体当たりのタックルだったもんね!!」

澪「う~ん、律も不発では あったけど

  殺意をムキ出しにして気迫をぶつけたか…」



澪「じゃあ唯にはなんで敬語なんだ?」

 「律は腐っても部長さ。

  脳も臓物も腐り果て

  呼吸もオナラもウンコも最悪の臭さの

  うんこオデコだけど けいおん部の長なんだ」

  敬語を使われるのは、一応ギリギリ納得がいく」

律「…」イラッ



澪「一方、ムギだって

  眉毛と足が太くてもお嬢様だ」


  「家からお菓子を盗んできては

  まるで自分の手柄のように感謝されて

  「いいのよ~」とか言っちゃって

  なに勘違いしてんの?偉いのは親であって

  ムギ自身は何か成し遂げたのかよwwwとか内心、鼻で笑っちゃうけど

  お菓子を提供してくれるありがたい存在であるのは事実…」  


紬「…」ムカッ



澪「その点、唯は特にコレといってパッとしない、

  女じゃなければのび犬寸前の

  ただの屑なのに、なぜ敬語を使われるんだろう」

唯「…」プンプン -3



律「マ・ジ・カ・ル・バ・ナ・ナ♪」

  「澪と言ったら?」

紬「ビ・ッ・チ♪」

  「ビッチと言ったら?」

唯「み・お・ちゃ・ん♪」

澪「私の何が気に入らないんだよ!!」



2