─学校 教室─

唯「ムギぢゃあああああんんん!!!」ウアァァァ

澪「おいムギ!昨日はどういうつもりだよ!!

  何も言わずに帰っちゃって!!」

唯「わたしだぢ夜までムギちゃんだぢのごど、

  ざがじでだんだよ~!!」ヴェェェン

紬「ご、ごめんなさい。唯ちゃん達のこと

  決して忘れてたワケじゃないの。

  でも、梓ちゃんとすごく仲良くなっちゃって

  そうしたらなんていうかその…唯ちゃん達が…だんだんあの、

  正直もうただのサルの集団みたいに感じてきたというか」

澪「忘れてた方がマシじゃないか!!」



唯「うえぇぇ~」ウェーン

 「で、でもムギちゃん達が無事で良かったよぉぉ」グス

紬「ゆ、唯ちゃん…」

澪「ムギ。

  まぁ私はアレだけど唯だけには謝っとけ」

 「コイツ、ホントに心配してたんだからな」

紬「唯ちゃん、ごめんね…」

唯「うっ」ゴシゴシ

 「うん、えへへ、いいよ~♪」



紬「ふふ、今度、唯ちゃんの好きなヘラブナいっぱい持ってくるね?」

唯「!!」

 「っしゃあああああああああああああああああああああああ

  うおおおおあおおおあおおおおおおあおおおおおお

  ヘッへらぶなぶあなあなんあばばばば

  はっはやく食べたいなぁぁぁっぁあああ

  へhhhhひひひwwwwwwwwwwwうきょきょきょwww」

澪「ヘラブナの何がコイツをそんなに駆り立てるんだ」

和「ふふ、まったく唯は相変わらずね」

 「アハハハハハハハハハハハハハハ」




─部室─

ギュィギュィギュィベベベベギュィ~♪

梓「っしゃ~!!」

唯「すごい!!すごい!!」

澪「なかなかだ!!」

紬「ウフフフ♪」

澪「みんな今日はノリノリだったな」

 「特にムギは なんか吹っ切れた感じがするよ」

紬「そ、そうかしら?」



澪「ムギのサウンドはキレイで器用だけど

  自分の殻をブチ破って訴えかけるものがなかった」

 「でも今のはシッカリ感情が伝ってきたよ」

紬「ふふ、梓ちゃんにブチ破ってもらったかしら?」

梓「にゃあ!?ム、ムギセンパイ…!!」

紬「うふふ」



澪「おい、亀、元気か?」

トンちゃん「…」プクプク

梓「あれっ、澪センパイ

  動物とは話さない主義だったんじゃ」

唯「えへへ~それがね

  あずにゃん達がいなくなったあと

  トンちゃんが色々と指示を出してくれてね」



澪「急に喋りだした時には驚いたけど

  頼りになるヤツだって分かってね」

 「今じゃすっかりマブダチってワケさ」

梓「はぁ」

 「(2人ともヤクでも

   やってるのかなぁ)」




─学校 夕方─

唯「ふぃー、ちかれたー」ダラ~

澪「帰りにアイスでも食べてくか?」

唯「おほぉ!?いいねぇ~」

梓「澪センパイから買い食いに誘うの珍しいですね」

澪「ん、そういえば。

  なんでだろうな?」



紬「あっ、みんな先に 帰っててくれる?」

唯「どうしたの?」

紬「うん、ちょっと図書室で調べ物したいことがあって」

梓「じゃあ付き合いますよ」

紬「…でも時間もかかりそうだし悪いわ」

梓「私も借りたい本があるんです」

紬「…」

澪「はは、おアツいヤツらだね」

唯「ひゅーひゅーっ」

梓「ちょ///そんなじゃありませんよ///」

紬「…」



澪「じゃあ、私らは帰ってるから

  ごゆっくり」

唯「あずにゃん、ムギちゃん、バイバーイ!!」

紬「えぇ、また明日」

梓「じゃあな」


梓「じゃあムギセンパイ、図書室に行きましょうか」

 「もう18時ですから あまり時間も…」

紬「…」

梓「ムギセンパイ?」



紬「梓ちゃん」

梓「はい?」


紬「2人っきりね…」フルフル

梓「え…」

 「(ムギセンパイ…震えてる?)」



紬「こんな時にしか言えないことがあるんだけど」

 「何があっても私のことキライにならない?」

梓「モチのロンです!」

紬「私ね…」


 「さっきからウンコ漏れそうなの」ブルブル



梓「マジかよ」

紬「実はもう先っちょが頭を出して…」ググッ

 「ウンコしたい!ウンコしたい!!ウンコしたいぃぃ!!!」ウァァァァァァァ



梓「ひょっとして図書室というのはウソ…」

紬「みんなの前でウンコしたいって言い出せなかったの…」ウクッ

 「だから、梓ちゃんも先に帰ってて…」グルルルルルッ

梓「それならそれで待ってます…というのもイヤですよね」

 「わかりました、今日は帰りますね」

紬「うごぉぉあっ!!」ビクッ

 「じゃあ、ごめ゙んね゙っ!!」ダダッ

梓「…」




─玄関─

唯「あっいす~♪あっいす~♪」

澪「…さて、そろそろ戻るぞ唯」

唯「忘れ物?」

澪「ばか、ムギと梓の様子を見に行くんだ」

唯「えっ、ムギちゃんたちの?」

澪「あの2人、オクテそうだからな」

 「図書室でモジモジモジモジ

  甘酸っぱそうな光景が目撃できそうじゃないか」



唯「おぉ~!」ドキドキ

澪「くくっ!その様子を歌詞にしてからかってやる」

唯「行きましょう!!澪ちゃん隊長!!」

澪「隊長?そういうノリは苦手だな…」

唯「つれねーなー関羽のあにきー!」

澪「フッ張飛め。いつまでも子供みたいにはハシャギおって」




─図書室─

ソロ~

唯「あれ、ムギちゃんもあずにゃんもいないよ?」

澪「そんなハズないだろ、張飛。もっと注意深く探せ」

唯「(自分でフッといてなんだけど

   三国志の何がそんなに澪ちゃんを

   駆り立てるのかな…)」

唯「うーん、やっぱりいないよ」

 「せっかく2人きりになったから

  別の場所でおしゃべりでもしてるのかな~」



澪「!! しまった!!孔明の罠か!!」

唯「関羽のあにきー!!」

澪「校舎の他の場所を探すぞ!!」


唯「マジレスすると関羽は孔明と同じ蜀軍だから

  関羽になりきってる澪ちゃんが『孔明の罠か!』とか

  言うのは本当はおかしいんだよ」

澪「ごめん、私、レッドクリフ見ただけのニワカだから」




─校門前─

梓「歌い始めたこーろの♪鼓動揺さぶるおーもいっ♪」ジャンジャカジャカジャカ

梓「ムギセンパイ、まだかなー」

 「帰ると思わせておいて

  実は待ってたってシチュエーションは

  かなり嬉しいと思ったけど」

 「(…来ない、という事はこの学校のどこかで

   ムギセンパイはみっともない穴をひろげてムギセンパイの中にたまった

   ムギチョコを出そうと生まれたての子鹿のように震えてるんだ…)」ドキドキ

 「(蝶よ花よと育てられた汚れ無き美しい令嬢のムギセンパイが…)」ヒヒッ

 「」ヨロヨロ 




─玄関─

梓「」ヒクヒク

─校舎─

梓「どこだ…」スー

─1階─

梓「(ムギセンパイのニオイは…)」スー

─2階─

梓「(反応が強くなってきた…)スー

─3階─

梓「(そろそろ消えよう…)シュウゥゥゥ

─3階 社会科資料室─

梓「

─3階 社会科資料室前 トイレ─

こんなひとけのないところで…

ふふふ…かわいいです…

スー カチャ…



─3階 社会科資料室前 トイレ内 個室─

カチャ…

紬「!!」ビクッ

 「(隣の個室のドア…一度開いて閉まった音が…)」

 「(この時間にこんな目立たない場所のトイレを

   わざわざ使う人がいるなんて…)」

 「(うぅ…イヤだわ…)」ミチ…


紬「(ナッパ!!待ていっ!!!!!)」

ウンコ「!!」ビタッ!!



ウンコ「(な なんだよベジータ…! 

     なんで出させない…?)」ググッ

紬「(まあ そう あわてるな)」

  (隣のヤツが出てゆくまで待つだけだ)」

ウンコ「バカバカしい!!

    オレは いま あそぶぞおぉッ!!」ブォッ

紬「ナッパ!!!!!!!!!」

 「オ レ の い う こ と が き け ん の かあああああああッ!!!!!!!!!!!」

ウンコ「!!」ビクッ

ウンコ「(す…すまねぇ…)

    (つ…つい ちょうしに のっちまって……)」スッ…

紬「ハァ…ハァ…(あのバカめ…どういう状況か見切れんのか)」



─トイレ 隣の個室─

梓「(ナッパ?)」

 「(排便している気配は無いし

   聞こえるのはムギセンパイの荒い息遣いだけ…)」

 「(もしやトイレの中で、ナッパなる人物と

   情事にフケっているのでは…)」

紬「ハア…ハア…んっ(うっ…辛い)」ググッ

梓「ハア…ハア…(最高だ私…

 (ムギセンパイが男に蹂躙される息遣いに

  欲情するなんて…)」



7