唯「結構、水の流れ強そうだねぇ」

 「トンちゃんどこかに流されちゃわないかなー」

トンちゃん「…」プクプク

紬「こんなこともあろうかと

  ヒモをもってきたから!」キュッ

唯「そっか!

  ヒモで結んでおけば大丈夫だ!」

 「さっすがムギちゃん♪」

紬「ふふ♪」



梓「でも泳いでる最中にヒモ

  ハズれないですかね?」

紬「大丈夫!こんなこともあろうかと

  子供の頃から亀甲縛りの特訓受けてたからぁ♪」ギュギュームギュムギュ

澪「クールだな」

律「何を想定していたんだ

  お前の幼少時代は」

唯「うん、これならハズれないよ~!」クイクイッ

 「よかったね、トンちゃん♪」

トンちゃん「…」パシャッ    



トンちゃん「…」スイスイ~

律「お~ スイスイ泳いでいらっしゃる」

梓「案外、泳ぐスピード早いですね」

紬「トンちゃん気持ちよさそう♪」

唯「よかったね~トンちゃん!」

澪「しかし、その亀には丁度よくても

  私たちが泳いで楽しむには浅すぎるな」

梓「下の小屋で釣竿でも借りてきますか?」

 「ニジマスが釣れるらしいですよ」

唯「ヘラブナ!!ヘラブナは釣れないの?」ムハー!!



梓「さぁ?」

唯「じゃ、じゃあ、ハアハアここ小屋の人に聞いてみようよ!!

  ヘラヘラブバブアwwwwききききwwwwwwww」ハァハァブルブル

梓「憂も言ってたけど、ヘラブナの何がそんなに

  唯センパイをかりたてるんですか」

唯「え、味 かな。

  おいしーじゃんヘラブナ」

梓「思いのほか、単純な理由だった」



澪「さて、唯と梓は釣竿を借りに行ったワケだが」

 「私たちはどうする?」

律「アタシ、ちょっとその辺、探検してくるよー!」

 「おもしろスポットがあるかもしれないし!!」タタッ

澪「転ぶなよー」

律「へーきへーき!」

澪「クマに気をつけろよー!」

律「だいじょーぶだって!」



澪「これは冗談じゃなくて

  年間で最低2人は山でクマに襲われ

  確実に死亡してるんだ。」

 「お前がその2人のうちの1人にならないことを

  本当に祈ってるからな」

律「そういうリアルな数字出すの

  やめてくれる?」

紬「…念のためナイフもってく?」

律「うん…」


紬「澪ちゃん」

澪「ん?」



紬「2人っきりね…」フルフル

澪「え、あぁ」

 「(ムギ…震えてる?)」


紬「こんな時にしか言えないことがあるんだけど」

 「何があっても私のことキライにならない?」

澪「…」

紬「私ね…」



紬「さっきからウンコ漏れそうなの」ブルブル


澪「マジかよ」

紬「実はもう先っちょが頭を出して…」ググッ


紬「ウンコしたい!ウンコしたい!!ウンコしたいぃぃ!!!」ウァァァァァァァ

澪「喚いてないで してくればいいだろ!?」

紬「でも、澪ちゃん…絶対にニオイを嗅ぐでしょ!?」ウル…

澪「嗅がない嗅がない!!」



紬「ウソ!さっき唯ちゃんがオシッコしたとき

  クンカクンカしてたじゃない!!」

澪「お前こそ聞き耳立ててたクセに

  自分のニオイは嗅がれたくないってのか?」

紬「そんなのイヤに決まってるでしょ!!」

澪「ワガママなヤツ…」



紬「うぇ…お願い許して…

  ホントにイヤなのぉ」グスッ

澪「わかったわかった。

  まぁそんなに不安なら

  どこか離れた場所でやればいいだろ?」

 「荷物番もあるし、私はここから動かないよ」

紬「み、澪ちゃん…」

 「ありがとう、私、けいおん部に入って本当に良かった…」キラッ

澪「そうか」  



紬「うっ、はぐぅぅぅ」ギュギュギュッ

澪「早く行けって」

紬「あの…トンちゃんのことお願いできるかしら?」ハァハァ

澪「え?あぁ、いいよ」

  逃げださないように見張っとけばいいんだろ?」

紬「絶対に石に叩きつけたりしないって約束できる!?」

澪「お前の中の秋山澪のイメージはどうなってるんだ」

紬「それじゃお願い…はぎゅぅッ…!!」ヨロヨロ



澪「ふぅ…期せずして

  1人ぼっちになってしまった」

トンちゃん「…」

澪「…」

サラサラサラ

澪「…」

トンちゃん「…」パシャッ

サラサラ

トンちゃん「…」スイスイ

澪「…」

サラサラサラ

澪「…ヒマだなぁ」

トンちゃん「…」パシャッ



トンちゃん「…」ヨタヨタ グイッ

澪「おっと、ヒモが引っ張られる…

  おい、遠くに行くなって」グイッ

トンちゃん「…」ピタ

澪「ん、この亀

  言う事聞いたぞ」

トンちゃん「…」ヨタヨタ グイッ グイッ ジタバタ

澪「またヒモが引っ張られる…

  落ち着きのないヤツだなぁ」グイッ

トンちゃん「…」ピタッ



トンちゃん「…」ジタバタ

澪「…」クィッ

トンちゃん「…」ピタッ ジタバタ…

澪「ふ~ん、ヒモを引っ張れば

  一瞬動きが止まるのか」クイッ

トンちゃん「…」ピタッ

澪「どうせまた暴れだすんだろ?」

トンちゃん「…」ジタバタ

澪「はは、やっぱりw」

トンちゃん「…」クイッ クィッ

澪「ふふ…」




澪「さーそろそろ石に叩きつけるか」



5