紬「でも怖いねこさん達よねぇ」

梓「唯センパイの自業自得ですよ」

 「大体、あんな丸そうなヌ

  唯センパイはトンちゃんに

  話しかけたりしますか?」

唯「そりゃモチのロンだよ~」

 「トンちゃん、意外と大人でね、

  なんでも相談できるんだ~」テレッ♪

律「へー、相手が大人じゃなきゃ

  相談できない唯の話って

  興味あるよなー」ヒヒッ

紬「ひょっとして恋愛相談とか?」キマシタワァ+*

唯「でへへ~ヒ・ミ・ツ!」

澪「今、会話の流れに不自然なところなかった?」



澪「でも、そっかー」

 「みんな結構、この亀に話しかけてるんだなぁ~」


 「あぶない連中だね?」

律「おぃぃぃぃぃぃィィ!?

  お前こそ

  コミニュケーション能力が

  決定的にあ・ぶ・な・い・よ!?」

梓「この流れなら

 『私も話しかけてみようかなぁ☆テヘッ』とか

  そういう発言が鉄板でしょうに!!」

澪「えっ、なんで?」

 「私、変なこと言った?

  変なのはゼッタイ貴様らでしょ?」

唯「ついに貴様ら呼ばわりキタアアアアアアアアアアァァ!!」

紬「おやつあげないわよ!?」



澪「ムギ!!

  おやつ『あげない』ってどういう事だよ」

紬「えっ」

澪「得意の上から目線か?腹ン中じゃ

  どうせ私たちの事なんて甘いモン目当てで群がる

  スイーツ餓鬼のようにしか思ってないんだろ?」アァン?

紬「あっ…

  ご、ごめんなさい…!!ごめんなさい…!!

  私、そんなつもりじゃ…」オロオロ



澪「あばばばばばばwww 

  見えない聞こえないwwwあばばばばばwww」

律「あばばばばばwwww」

唯「うんたんwwwうんたんwww」

紬「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいwwwww」ゲラゲラゲラゲラ

梓「なんだコイツら」



律「じゃあ海にでも行くか」

澪「話の流れが全く見えない聞こえない伝わらない」

律「ほら、トンさんも

  常にこの水槽の中じゃ窮屈だろー?」

 「たまには広いひろ~い無限の海で

  泳がせてさしあげたいってね!」

紬「いいわね!」



梓「でもこの水槽の水って

  ただの水じゃないですか」

律「そりゃそうだ。

  オレンジジュースにでも見えんのか?」

紬「バカなの?梓ちゃんは」

梓「はあスミマセン。

  しかし、ただの水で飼ってる亀を

  海水で泳がせていいものか、と

  バカなりに疑問を抱いたものでして」

律「あっ」



律「本当に大切なことって案外気付かないものだよね?」

紬「クソバカなの?りっちゃんは」



唯「ただの水で飼ってるトンちゃんを

  海で泳がせちゃいけないって…なんで?」ハテナ?

律「おまえ…」

澪「オーケーオーケー、いいか唯」

 「月曜の夜が明ければ次の日は何曜日だか覚えてるか?」

唯「え、えっと、えーっと、か、火曜日…だっけ」

澪「オーライお前にしちゃ上出来だ」

 「月曜の次は火曜日。火曜日の前の日は月曜日。

  これは雨が降ろうとイエスキリストが口からアナルビーズを吐き出そうと

  昔から変わることのない絶対的常識だ。ここまでは理解できるよな?

  たとえ理解できなくてもそういうことだと脳味噌にナイフで刻み付けておけ」

唯「う、うん」



澪「そしてここらが本題だが、淡水生物は海水に入れたら死ぬし

  海水は淡水生物をまもなく確実にブッ殺す。

  これは雪が降ろうとブッダがケツからゲロを喰い散らかそうと

  未来永劫変わることの無い宇宙規模の法則だ」

 「なぜ?なんておこがましいことを考えるなよ」

 「この亀は海水に入れちゃあ いけない」

 「それさえ知ってりゃ亀はとりあえずすぐには死なないし、

  誰かが悲しむこともないオールハッピーウィアザワールドってなもんさ」

唯「…」

 「…」

 「…?」ポカーン



澪「返事はどうした」

唯「あっ、わかった。わかったよ」

 「えっと、月曜の次は…火曜日だもんね」エヘヘ

澪「よーしよし

  いいコだアメあげるよ」コロン

唯「あっ、おいしー♪」コロコロ



唯「じゃあ川に行こーよ!」

 「川ならいいよね?トンちゃんも楽しいんだよね?」

梓「そこに気付くとは大した成長ぶりです」

唯「えへへ~あずにゃんに褒められちゃったぁ」キャルン♪

梓「うっ…(家に連れて帰って一生お世話したい…)」ドキドキ

澪「ふふ、唯ももう一人前だな」

唯「う、うん。あはは」

 「澪ちゃんに褒められるとなんだかドキドキするよ~…」

澪「うっ…(部屋に監禁して私だけの女にしたい…)」ドキドキ

律「よっし、唯の提案採用!!

  今度の休みに川に行くぞー!!」

唯「わぁ~ありがとー!!りっちゃん大好き~!!」ダッ

律&紬「クロス!!ボンバアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ」ドゴオォォッ!!!!

唯「…ぐぇあッ!?」バターン!!




─教室─

唯「というワケで今度の休みに川に行くんだー♪」

和「…というワケで、じゃないわよ」

 「唯。アンタ、ひょっとしてイジメられてない?」

唯「えっ、誰に?」

和「律たちに、よ」

 「友達同士のじゃれあいにしては

  度が過ぎるわ」



唯「そんな事ないよ?」

 「みんな、いつも私の顔見て笑ってくれるもん」テヘヘ

和「だから!!

  それがバカにされてるっていうのよ!!」ガタン

唯「わ、和ちゃん…?」


和「わじゃねぇっつってんだろうがああああああああああああ

  このスポンジ頭がああああああああああああああ!!」ガシャアアアン


姫子「あっ、真鍋さんが窓を突き破って飛び降りた!!」

唯「すごくわかりやすい説明だねオメコちゃん!」

姫子「オメコじゃねぇっつってんだろうがああああああああああああ

   このクラゲ頭がああああああああああああああ!!」ガシャアアアン



風子「あっ、ビッチが窓を突き破って飛び降りた!!」

唯「すごくわかりやすい説明だね…えっと…誰?」

風子「名前知らねぇのかよおおおおおおおおおおおおおおおおお

   このプリン頭がああああああああああああああイマイチかな?」ガシャアアアン

律「あっ、・・・?が窓を突き破って飛び降りた!!」

唯「すごくわかりやすい説明だねみっちゃん!」

律「みっちゃんみっちみち!!ウンコ垂ぁれてえええ~~~~~~~~~!!!!!!

  紙ぃぃぃぃが無いからあああああああああああああああああブリッ★」ガシャアアアン



澪「あっ、ウンコが窓を突き破って飛び降りた!!」

唯「すごくわかりやすい説明だねみっちゃん!」

澪「わたしもみっちゃんかああああああああああああああああいいいいいいいいい!!!!!

  ファック ユア マザー」ガシャアアアン

紬「あっ、見えない聞こえないが窓を突き破って飛び降りたわぁ!!」

唯「すごくわかりやすい説明だねムギちゃん!」

紬「はい正解イイイイイイイイイィィィィィィィイイイィィィィ!!!!!!!!

  えーっと、えーっと、何も思いつかないぃぃぃぃぃぃ!!!」ガシャアアアン

女生徒「あっ、沢庵が・・・!!以下略ガシャアアアン

ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン

ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン

ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン ガシャアアアン


唯「そして誰もいなくなった」



キーンコーンカーンコーン

さわ子「はい、みんな席についてー」ガラッ

シーン

唯「あ、さわちゃんだー」

さわ子「あれ、みんなはどこ?

    そして窓ガラスが割れまくってるのは何故?」




─部室─

唯「というワケで

  みんな今日は部活休むんだってー」

梓「こんな状況でも

  とびきりの笑顔の唯センパイが

  少しだけ遠い存在に感じますよ?」



3