梓「まぁ、猫にあんな事する唯センパイが悪いんだけどね」

澪「やぁ、どうした梓。1人でブツブツと。」

 「頭がヘンになっちゃったのか?」

梓「チッ。違いますよ」

 「トンちゃんとお話してただけです」

澪「『ちっ違いますよ!』か『チッ…違いますよ』かで

  私のお前への今後の対応が随分変わるよ?」

梓「めんどくさい人だなぁ」

トンちゃん「…」プクプク



澪「亀と話してたんだ?」

梓「えぇ、人には言えない事も話せたりして

  わりと気分転換になるんです」

澪「ふぅん、

  王様のチ○ポはロバのチ○ポみたいな話か」

梓「あふぅん、しゅごぃぃぃぃ!!

  王様の…まるでロバのチ○ポみたいだよぉぉぉ!!」

 「ってどんな話ですか!!」

澪「そもそもソイツは

  ロバともヤったコトあるのかって話だよなー!!」

 「…と、こういう、人には言えない話を亀に聞かせてるって事?

  まったく怖いやつだよ お前は」

梓「その言葉、そっくりそのまま速達でお返しします」



梓「澪センパイも試してみませんか?」

  センパイみたいに表面上では

 『怖いぃぃ見えない聞こえないぃぃ律ぅぅぅん』なんて

  ブリっコぶってる女ほど腹の中にはドス黒くて汚らしい臓物が

  カッつまってるもんでしょ」

澪「お前、亀と話す必要あるの?」



澪「うーん、私は動物に話しかけるって

  ダメなんだよなぁ」

梓「人見知りは理解できますが

  犬や猫が相手でも怖いんですか?」

澪「アハハ、違うよ」

 「犬猫に「おいで!」とか「ごはんだよ~」とか

  話しかけるのが こっぱずかしいんだ」

  言葉の分からない動物とおしゃべりだなんて

  気が触れてるとしか思えない」

 「ムツゴロウさんとか放送しても

  大丈夫な人なのかなって思っちゃう」

梓「今まさにドス黒くて汚らしい臓物が

  口からハミ出てますよ」



紬「コニャニャちわ~♪」ガラッ

澪「やぁムギ」

梓「どうもです」

紬「何か会話がはずんでたけど何の話かしらぁ~」

 「また梓ちゃんが糞尿まきちらした系のトラブル?」

梓「そんな系統のトラブルはマジで記憶にないんですが」

澪「いや、実際、梓の口はケツの穴と変わらないよ。

  汚い言葉しか出てきやしない。」

梓「冷静さを装ってますが

  今、私…結構、半泣きですよ…?」ジワ



紬「トンちゃんとお話?

  実は私も結構してるのよ~」

澪「えっ、そうなのか?」

梓「さっき澪センパイ、動物と話すヤツは

  気がふれてるって…」

澪「いや、ムギは女神だからな。

  動物の言葉くらい分かるさ」

紬「ふふふ、澪ちゃん。

  ケーキ食べる?」

澪「うん、ありがとう。

  じゃあ紅茶くらい私が淹れるよ」コポコポ

紬「ありがとう♪」

 「梓ちゃんは切干し大根でいいわよね」

梓「えぇ。

  切干し大根好きですから」モシャモシャ



澪「ムギはどんな事を亀に話してるんだ?」

 「やっぱり後輩の悪口とか?」

梓「そろそろガン泣き 入りますよ?」

紬「そうねぇ、日経平均株価とか

  昨今の中国企業の動向とか…

  学校のお友達には話すだけムダなことって

  あるじゃない?」

澪「ですよねー」

梓「澪センパイの底の浅さが露呈されましたね」



律「となりのトットロ♪ドッロ~ドロ♪

  メイィィィィィィ!!!!!!!!」ガラッ

澪「メイちゃんどうなっちゃたの?」

紬「ごきげんよう、りっちゃん」

梓「どうもです」

澪「なあ律、

  お前も亀に話しかけたりするのか?」

律「うん?聡の亀にはよく話しかけてるよ」

澪「そっちじゃなくて」

律「あー トンさんの方か?」

 「用があったらお話する程度だけどなー」

澪「亀にどんな用事があるってんだ」



律「ガッカリ弁当ってあるだろ?

  フタを開けてみたらイモの煮っ転がしや

  切干し大根しか入ってなくてさ」

梓「切干し大根の何が悪いんですか」

澪「まぁ分かるよ。

  弁当に肉類が一切入ってないと少しヘコむ。

  タコさんウィンナーの2つ3つでもあれば

  ハッピーだってのにな」

律「そうそう!!そんなとき

  トンさんのお食事を分けていただけないか

  頼みに行くってワケさ」



澪「亀のエサなんて腹の足しになるのか?」

律「そりゃお前、今日のトンさんの昼メシなんて

  伊勢エビとキャビアだぞ?」

澪「え!?」

梓「それってまさか」チラッ

紬「いつも話し相手になってもらってるお礼に

  差し入れしてるの」

 「ウニやイクラも大好物なのよ」

 「ねっ?」

トンちゃん「…」プクプク

澪「亀…お前、私よりいいモノ食べてるのか!!」

律「まったくトンさんには頭が上がらないよ」



唯「胸のエンジンに~♪

  火~をつ~けろ~♪」ガラッ

律「オレはここだぜ♪ひと足お先♪」

紬「光の速さであしたへ~~~♪

  ダーッシュさー!!!」

澪「若さぁ!!若さってなーんだッッ!!!!」

梓「…さぁ?」

唯「ぶー!あずにゃんノリ悪いー」

澪「寛大な心で許してやろう?無知は悪じゃないんだ」

律「これがジェネレーションギャップってヤツか…」

梓「1コしか違わないんだけどなぁ」



梓「そういえば唯センパイ、アタマ大丈夫ですか?」

唯「ほぇほえ~なんのこと~?」ぽわぽわぁ

律「おい梓!!いきなりなんだよ!!

  言っていい事と悪いことがあるぞ!!」ダァン

澪「そうだ、そりゃ確かに唯は存在自体アレだろうが

  放課後ティータイムの大事なメンバーなんだ!!」ジャジャーン

紬「はい、名セリフ『HTTの大事なメンバー』

  いきなりキマシタワー!!」ムギュウゥゥン



梓「センパイ達が何を誤解しているか

  まったく検討がつきませんが

  私は唯センパイの頭のケガを心配しているんです」

律「おい澪!!お前サイアクなヤツだな!!

  言っていい事と悪いことがあるぞ!!」ダァン

澪「そうだった、そりゃ確かに唯は存在自体アレだが

  放火後ティータイムの大事なメンバーだったよな!!」ジャジャーン

紬「放火現場へピクニックなんて楽しそ~」キラッ



唯「あたま…?」

梓「ほら、さっき猫に

  アルティメット阿修羅バスターくらって

  泣いてたじゃないですか」

唯「あっ、思い出したよ!!

  わーん、くやしい~!!」ウェーン

澪「よしよし

  頭に赤チン塗ってやるからな」チョンチョン

唯「わぁえへへ~赤チン赤チン!」ポワン

梓「なんなんですか、その赤い液体」



澪「それより

  さっきパイルドライバーって

  言ってなかったっけ」

梓「あいつらなんでもアリですよ」

 「最後なんて棒立ちの唯センパイに2匹がかりで

  オプティカル・ファイバー・クロスボンバーまで

  かましてましたから」

律「猫かっけぇー!!」

澪「2人がかりでラリアットをかます至高のコンビ技か!!」

紬「私、一度クロスボンバー決めるのが夢だったの~!!」



2