――――

唯「……あ、もしもし聡くん?久しぶり」

唯「デートしようよ」

唯「……うん。いやいいよ別に聞く必要ないから。大丈夫」

唯「じゃあ今度の土曜日ね。ばいばーい」

ピッ

唯「……」



――――

聡「は、はいそれじゃあ…」ピッ

聡「……」

聡「いやったあああああああーーーーッ!!うひゃほwww」

律「るっすぇ聡ィっ!!」ガンッガンッ

聡「アーラララヨーッセーww俺の時代来てしまったんですけどおおお!!」

律「うるせええええつってんだろーがぁああ!!」ドカンドカン

律母「あんた達両方静かにしなさい!!!」


律「お前のせいで私まで怒られたぞ」

聡「ごめんごめん!でも人間どうしても抑えられない瞬間ってあるじゃん!」

聡「俺、今がまさにその時だったからさぁ~っw」

律「うぜ。何、どうしたわけ」

聡「唯さんが……」

律「唯が?」

聡「でっ デートしようって!!」

律「」


聡「お?wお?w何黙ってンだよデコっ!wマジですから~」

律「……(唯のやつ…)」

律「バッカみて。お前のようなのを勘違いヤローというのだ」

聡「は?wうるせーこと言ってんなよデコっwこれは事実!圧倒的事実ですからぁ~」

律「……(救えねぇ…)」



――――

澪「ムギえもん今日のおやつなに?」

紬「今日はおいしいチーズケーキよ~♪」

唯「わー、はやくはやく!出して出して」

律「……なぁ唯」

唯「ん?なぁにりっちゃん」

律「お前聡とデートするって本気なの?」

唯「えっ!?やだぁー聡くんりっちゃんに言っちゃったのかぁー//」

律「なぁ」

唯「本気だよー!すっごい楽しみだよぉ~」

律「……いい加減にこだわるのやめろって」

唯「え、何が?」

律「憂ちゃんのこと。だからだろ」

唯「……」

律「当てつけみたいなことして楽しいか?」

唯「……違うよ、当てつけなんかじゃないよ」

律「違わないだろ。なぁ唯、聡本気で喜んでたんだけど」

唯「……」

律「当てつけの道具にされるだけだって気付いてもないんだよ。
  我が弟ながら情けないっつーかかわいそうっつーか……」

律「なぁ、頼むからそんなことのためだけに私の弟使うのやめてくれないか?
  あいつも一応真面目に青春送りたい中学生なんだよ」

唯「……あ、当てつけじゃないって…」

律「唯。いい加減にしてくれ。どう考えたってこのタイミングじゃそうとしか見えないって」

律「悪いけど私は弟の味方するから。お前もちゃんと憂ちゃんのこと考えてやれよ。
  確かに色々あったかもしれないけど反省してるんだろ?」

律「それに聡と仲良くなったのはさぁ、唯がいつまでも意地張って
  憂ちゃんに辛く当たってたからってのもあるんじゃないのか?」

唯「な、何それ…私が悪いって……自業自得っていいたいの…?」

律「完全にとは言わないけどさぁ」

唯「そ、そもそも憂が最初に悪いことしたんじゃん…な、なんで私が責められるの…」

律「いやまぁそれはもう過ぎたことなんだから……いくらでも修復する機会はあっただろ」

唯「…………」

唯「私帰る」ガタッ

律「おい唯っ!!」

唯「じゃあね」バタン

澪「ど、どうしたんだ」

紬「唯ちゃん……」


梓「あの~、練習どうするんですか」

律澪紬「」




ガチャ

唯「ただいま」

憂「えっ、あ……お、お帰りお姉ちゃん早かったね」

唯「……」

憂「…部活どうしたの?」

唯「ういには関係ないじゃん」

憂「う、うんそうだよね、ごめんね……」

唯「…………私今度聡くんとデートするんだ」

憂「えっ!?」

唯「私が誘ったんだー。聡くんすーっごい喜んでたってりっちゃん言ってた」

憂「……そ、そっか…」

唯「うい、今度はじゃましないでよね。じゃ私部屋行くから」

憂「うん…………」



――――

聡「きた!ついに土曜日きた!!これで勝つr」

律「おい聡」

聡「なんだよ姉ちゃん、人が乗ってる時に……」

律「……なんでもないわ。まぁ楽しんでこいよ」

聡「あざーっす!行ってきやす!!」



――――

唯「うーいー」コンコン

憂「……な、何お姉ちゃん…」ガチャ

唯「へへへ、じゃあ私これからデートだから!聡くんと!!留守番お願いねうい♪」

憂「…………いってらっしゃい…」

唯「いってきまーーーーす!!!」



――――

聡「うはぁドキドキするなぁっ、 か、髪とか変になってねーかなー」

唯「さーとーしくんっ♪」

聡「うわっ、唯さん!い、いつから居たんですか!?」

唯「へへ、今だよー♪聡くんカッコイイね、決まってるね!」

聡「えーっ、ホントすかぁ~っ!唯さんもその…めっちゃカワイイっすよ~!!」

唯「ありがとー!じゃあ行こっか」

聡「は、は、はい!あざっす!」

唯「あははなんであざっすなの~?w」

聡「おねしゃーっす!」

唯「あははははは」


唯「このヘアピンかわいー♪ねえねえどうかなぁ」

聡「い、いいと思いますよ!唯さんならなんでもあっちゃいますよ!」

唯「聡くんお世辞ばっかり~」

聡「違いますよマジですって!あ、そうだ…」

唯「ん?なに?」

聡「髪アップにしたら似合いそうっすよねー」

唯「そう?じゃあやってm……(はっ!これ憂と同じじゃん!)」

唯「そ、それはどうかなーやめとこうよやっぱ」

聡「え…そうっすか?スイマセンした変なこと言って……」

唯「お茶にしようよお茶に~」

聡「いいですよ!もうなんでもオッケーですよおお~」


唯「でさー、りっちゃんって部活でいっつもこうなんだー」

聡「ははそうなんすかー、まぁ家とあんま変わらないっすねー」

聡「そういえば憂さんともう仲直りしたんですか?」

唯「え」

聡「……し、してないんすか?もしかして」

唯「な、なんで憂のことなんて聞くの?」

聡「あ、いやその…な、なんとなくですけど……ちょっと気になったんで…」

唯「……今憂関係ないんだからやめようよ」

聡「は、はいスイマセンです…ごめんなさい……」

唯「……」


唯「もう出よう。次行こう次、気を取り直してさー!」

聡「そ、そ、そうっすね!スイマセン!」

唯「いいよいいよ」

聡「えーっと、どうします?」

唯「うーん、聡くん行きたいとこないの?」

聡「え、俺っすか?えーっと…そーっすねえ……」

聡(参ったなぁ憂さんと違って唯さんは全然わかんねーや)

聡「とりあえず歩きながら何か探しますか、面白そうな店とか」

唯「いいね、そうしよー」

聡「あざっす!」


テクテク…

唯「なかなかないねぇ、面白いのっていっても…」

聡「そっすねー……(あっ、ゲーセン)」

聡(そういえば大体これぐらいの時間にいるよな~)チラ

聡(……まぁいるわけないか…土曜だし……)

唯「どしたの?」

聡「え、いやぁなんでもないですよー」

唯「げーむせんたー」

聡「あ、そっすね」

唯「行く?」

聡「え、いいんすか?(あんまり行かないって憂さんは言ってたけど)」

唯「いいよ、聡くん行きたいんじゃないの?」

聡「じゃ、じゃあ行きましょう!」

聡(まぁクレーンゲームはやるって言ってたっけ)

唯「あーっ、これかわいいねー!」

聡「えっ、どれすか?あぁーこれですか!ぷはっw」

唯「な、何?私へんなこと言った?」

聡「いやぁ前に憂さ……はっ!」

唯「……憂が何?」

聡「えっ!?」

唯「今憂って言ったよね」

聡「い、いやあの……(やっべ、またタブーに触れてしまった…)」

唯「ねぇ、何?気になるから教えてよ聡くん」

聡「え、えっと……その……」

聡「前に憂さんもそれかわいいって言ってたんで……し、姉妹だな~って思って…」


唯「ふーん、そうなんだ」

聡「はいスイマセン……」

唯「別に謝らなくていいけどさ、さっきも言ったけど今憂関係ないからさ」

聡「あ……はい……えっと…」

唯「ふーん、憂もこれ欲しいんだね」

唯「…私これ欲しいな~!聡くんクレーンゲーム得意なんでしょ?
  聡くんのちょっといいとこみてみたい~♪なんちゃって~」

聡「ま、任せてくださいよ~!へへ、ワンコインで決めてみせますよ」

唯「わ~い頑張れ聡くん♪がんばれ~」

聡「ちょっと待ってくださいよ~、まずは横から見て距離を把握しますからねええ」




聡「ハァハァ……と、取れた……800円も使ってしまったぞ……」

唯「ありがとー聡くん!うれしー、部屋に飾るよぉ」

聡「マジですか、取ったかいがありますよー!」チャリン

唯「ん、何してるの?もう取れたよ」

聡「あ、いや…憂さんの分も取ろうかなって思って……」

唯「……聡くん、憂のことはいいって言ったじゃん」

聡「でも姉妹でお揃いってよくないですか?へへ、がんばりますよー」

唯「……あのねえ…」

聡「か、勝手なことしてるって分かってますけど……」

聡「……でも俺、その…やっぱり二人には仲直りしてもらいたいっす……」

唯「…聡くんには関係ないよ」

聡「俺達両方とも姉ちゃんいるじゃないですか…憂さんと俺」

聡「だから遊んでる時よくお互いの姉ちゃんの話とかしたりするんすよ」

聡「俺は姉ちゃんの事っていったらパシられたりとかの愚痴ばっかだけど…
  憂さんは違くて…お姉ちゃんはこういうところ頑張ってるとか、ここがかわいいとか…」

聡「その……ケンカしてるのかもしんないですけど……
  やっぱり唯さんの事好きなんですよ、大事に思ってるんですよ。憂さんは…」

唯「…………」

聡「だからいつまでも仲直り出来ないでいる憂さん見てんのツラいですし…なんつーか……」

唯「もういいよ。じゃあこれは憂にあげるからさ。今日はもう帰るよ」

聡「えっ、あの唯さ」

唯「じゃあね」

唯「今日はね、憂への当てつけのために聡くん誘ったんだ。ごめんね」

聡「」

唯「じゃありっちゃんによろしくね。ばいばい」

聡「は、はい……」


聡「…………」チャリン



――――

ガチャ

憂(…お姉ちゃん帰ってきた……)

憂(…………寝たフリしてよ…)ゴロン


コンコン

憂(! ……寝たふり……)

唯「うい、いないの?開けるよ」ガチャ

憂(うぅ……で、デートの話なんか聞きたくないよ……)

唯「……寝てるの?」

憂(…………そうだよぉ寝てるから……は、早く出てってよぉ……)ギュウ

唯「ごめんね」

憂(えっ?)

唯「つまんない意地張って憂に冷たくしちゃったよ…ごめんね。お姉ちゃんなのにね」

憂(…………)

唯「憂に当てつけるために聡くんデートに誘ったりしてさ……」

唯「でも聡くんに憂と仲直りして欲しいって言われちゃって、気が付いたんだ。
  本当に自分の事しか考えてなかったのって私だったんだ……」

憂(……)

唯「これ、憂が欲しがってたぬいぐるみ。聡くんが取ってくれたんだ。ここに置いておくね」

唯「……こ、こんなので許してなんていわないけど……えと、じゃあね…」パタン


憂「……」

憂「お姉ちゃん……」




憂(はぁ~、ご飯作っちゃったけど…)


憂「お、おねえちゃーん、ごはんだよぉ~」

シーン…

憂「……」


ガチャ

唯「は、はーい今行くよぉ」

憂「! えへへ今日はハンバーグだよー早く降りてきてね!」

唯「うん分かった~、やったぁ」



――後日――

聡「……」キョロキョロ

聡「…あっ!憂さ~ん!」

憂「聡くん!ごめんねおまたせー」

聡「いやー俺も今来たとこですから!(なんつって)」

聡「よかったすね、唯さんと仲直りできて」

憂「えへへ、ありがとう聡くんのお陰だよ~」

聡「あ、それでこれ…」

憂「? あ、これお姉ちゃんがくれたやつ……聡くんが取ってくれたって」

聡「実は唯さんもこれ欲しいって言ってたんで…よかったらあげてください。仲直り記念ってことで」

憂「本当?ありがと~お姉ちゃん喜ぶよ!!」

聡「そう言ってもらえると嬉しいです、へへ」

憂「ホントありがとね!」

聡「いいっすよ~// …えっとじゃあどこ行きましょうか~」

憂「あ、じゃあ私ちょっと行ってみたいお店が…」

聡「マジすか?じゃあそこ行きましょう!」

憂「うん! …聡くん、あのね」

聡「はい?」

憂「……これからもよろしくね!」

聡「はい!おねしゃーっす!!」



  • 完-






聡「はぁっはぁっ…う、憂さんッ……!」パンパン

憂「あっ、聡くんだめっ…お、お姉ちゃんがくれたぬいぐるみが見てるよぉ~っ//」

聡「ハァハァ…か、カンケーないっスよそんなのっ……!はぁっはぁっ…」パンパン

聡「うっ!!」ドクンッ!!

憂「あっ な、ナカにっ……」



唯「…………」

唯「……」クチュクチュ




本当にすいませんでした。
本筋終わった後なんで怒られないかなって軽いギャグの気持ちでやってしまいました。
本当に申し訳ありませんでしたァッ……