唯「聡くんだ!」

律「あんにゃろ良い所で…クッソがぁ……」

聡「ねえちゃーん、お菓子買って来たぞ」ガチャ

唯「聡くん!」

聡「え」


聡「ゆ、唯さん!?あれ、なんで……!?」

唯「もー何では私のせりふだよ~、約束忘れたの?
  今日遊ぶって言ってたのに居ないんだもん」

聡「いやさっきまで一緒だったじゃないですか!」

唯「え」

聡「え?」

唯「……え?」


聡「だ、だから今日…っていうかさっきまで一緒に遊んでたじゃないですか」

律「……お前唯バカにしてんの?」

唯「」

聡「は!?し、してるわけないだろ、なんだよ姉ちゃん!」

律「っていうか電話したのに無視しやがって。しかもあのメールなんだよお前覚悟できてんだろな」

聡「はぁ?何だよそれ着信なんか無かったしメールなんかしてないっての」

律「したっつーの!じゃあ自分の携帯見てみろよ」

聡「い、いや…ないって……」ゴソゴソ


聡「……ほら。ないじゃん」

律「はぁ。お前なー詰め甘すぎ。自分の携帯の履歴消したって私の携帯に残ってんだよ」

聡「いや詰めが甘いとかそういう問題じゃなくてしてないのはしてないから…」

律「じゃあこれ見てみろよ。お前からのメール」

聡「……あれ!?な、なんだこれ」

律「おいおいまだしらばっくれんのかよー」

聡「い、いやだって俺マジで……」


唯「あ、あの~……そろそろ帰ろうかな……なんて」

律「え!?……ゆ」

唯「じゃ、じゃあね!」ガララ ピシャ




憂「ただいまー!」ガチャ

シーン…

憂「あ、あれ?お姉ちゃん帰ってない……」


ガチャ

憂「!?」

唯「ただいまー」

憂「お、お姉ちゃ……」

唯「う~いぃーただいまあ」

憂「……お、おかえりなひゃいッ!」

唯「?」


憂「……き、今日どうだったの?楽しかった?」

唯「えっ。うーん…あのね、りっちゃんちに時間通り行ったけど聡くんいなくてね」

憂「そっそうなんだひどいね聡くん!さいてーだね!」

唯「でね、仕方ないからりっちゃんと遊んでたんだ」

憂「! い、今まで……?」

唯「うん。それでそろそろ帰ろうかなーて思ってた時に聡くんが帰ってきたんだけど……」

憂「!!!!!(あぁあぁあああああ)」

唯「なんか今日ずっと私と遊んでたって言うんだ~」

憂「…………」

唯「なんかもー頭こんがらがっちゃって」

憂「……どっぺるげんがー」

唯「え?」

憂「お、お姉ちゃんドッペルゲンガーって知ってる?」

唯「えーっと…世の中には自分とそっくりな人が3人はいるとかいう」

憂「そうッ!!まさにそれだよ!!!聡くんはお姉ちゃんのドッペルゲンガーと遊んでたのだ!!!」ビシィ

唯「えぇええぇえぇぇ~~~ッ!!?」ドーーーン

憂「……(な、何言ってるんだ私流石に苦しいよぉおおがむしゃらだけじゃ超えられねえよおお)」

唯「どっぺ…あ!そういえば!!」

憂「な、なに!?」

唯「りっちゃん言ってた…聡くんが家を出る時……」

憂「」ゴキュリ

唯「『帰ってきたら衝撃の報告をする事になるでしょう…フフ…』ってきもいことを言っていたって!!」

唯「その衝撃の報告っていうのが私のドッペルゲンガーの事だったんだ!!!!」

憂「それだ!それだよお姉ちゃん!!!」

唯「そうだよね!すごい早速聡くんに世紀の発見お祝い電話をしなくt」

憂「だめだよぉーーーーっ!!!!」

唯「!?」

憂「はぁっ…はぁっ…」

唯「ど、どうして?」

憂「……どどどどうしてって…ほ、ほらお姉ちゃん今携帯持ってないでしょ」

唯「え」

憂「え、って……だ、だから携帯ないんじゃ電話できないでしょ?だからお祝い電話は諦め」

唯「な…なんで私が今携帯持ってないの知ってるの?」

憂「あっ」



――――


律「お前今日本当に唯と遊んでたわけ?」

聡「だからホントだって!俺だって意味わかんないよもう」

律「うーん……」

律「……ぜ、絶対そうだって!どっからどう見ても唯さんだったし!」

―――

律『なんか勘違いしてんじゃないの?ちゃんと確認したのか?』

唯『う、うん憂が…』

―――

律「……あのさぁ、今日の約束って唯に直接したんだよな?」

聡「え、いや…それがそのー、電話で唯さんに言おうと思ったんだけど
  そしたら妹さんに代わられちゃって、妹さんが伝えとくから自分に言ってって……」

律「……実は前にさぁ、部活に憂ちゃんが来たことあったんだよなぁ。唯のカッコして」

聡「え」

律「私ら全然気付かなくって。すっげー似てるの」

聡「……な、なんだよまさか俺が遊んだのは妹さんだって言いたいわけ?」

律「いや、だって……なぁ……他にあるか?」

聡「そ、そ、そうかもしんないけど何でそんな……」

律「さぁ…憂ちゃんお姉ちゃんラブだからなぁ」

聡「いっ…意味わかんねーよ……怖いよ姉ちゃ~ん」

律「おぉよしよし、泣くな泣くな……」


――――


唯「ねぇなんで?なんで知ってるの?」

憂「お、お、お姉ちゃんの携帯がリビングに忘れっぱなしになってたからさ!ほら!」ゴソゴソ

憂「はい!私が預かっておいたんだ!」

唯「う、憂今帰ってきたんじゃないの?買い物袋持ってるし」

憂「い……一旦帰ってそれでまた買い物に出たんだよ!」

唯「…………とりあえず携帯返してようい」

憂「あぅ。ご、ごめんお姉ちゃん」

唯「……」ピッピッ

憂「だ、誰にかけるの!?」

唯「…」バッ

詰め寄ろうとする憂に片手を突き出し制止する唯。
その表情は普段の唯からは想像出来ない程に険しい。

憂「う……うぅ……」ガクガク

唯「……あ、聡くん?さっきはごめんねあんまり話せないで帰っちゃって…混乱してたから……」

唯「……うん、うん……私と遊んだっていうのホントなんだね?……うん……」

憂「……ぁぅ……うう……」スッ


ガシッ

憂「ひ」

その場から立ち去ろうとする憂を
淡々と会話を続けながらもう片方の手で掴む唯。

唯「うん……あ、りっちゃんいるの?ちょっと代わってよ……」

唯「…りっちゃん?うん……今帰ったとこ……携帯ね、憂が持ってたよ……うん……」

唯「……りっちゃんもそう思う?うん、うん……じゃあね、ありがとね」

ピッ


唯「…………」

憂「……お、おね」

唯「ほんとのこと言って」

憂「あぅ……」

憂「…………」

唯「黙ってちゃ分からないようい」

憂「……ご、ごめんなさい……」

唯「……何が?」

憂「えっ…」

唯「何がごめんなさいなのちゃんと言って」

憂「……お、お姉ちゃんのフリして…さっ……聡くんと遊びました……」

唯「どうしてそんなことしたの」

憂「だ、だってお姉ちゃんが男の子と遊ぶの……嫌だったから……」

唯「なんで」

憂「な、なんでって……大好きなお姉ちゃんのこと取られたくないから……」

唯「どうしてそんなに自分勝手なの。私には選ぶ権利もないの?」

憂「お、お、お、お姉ちゃんごめん……お姉ちゃん大好きだから…お姉ちゃん……」

唯「私はこんなことするうい……妹なんて、きらい」

憂「」

憂「ご…ごめ……ごェんなひゃい…グスッ……ヒク…ゆるしておねえちゃ……」

唯「もういい。行ってよ」

憂「うぅ……ごめんなさい…ごめんなさい…」

唯「……」スタスタ

憂「うぅうう…うわーーーん!」ダッ ガチャ




憂(お姉ちゃんに嫌われちゃった…お、お姉ちゃんに……)

憂「うわぁあああぁあ~!」タッタッタッ


――――


聡「ったく姉ちゃんめ、慰めてやったからアイス買って来いじゃないっつうの…」テクテク

ドンッ!


聡「うわ!」

憂「きゃっ」

聡「……ゆ、唯さん!?」

憂「えっ……」

聡(あ、いや違う。似てるけど……ま、まさかこれが)

聡「じゃなくて、妹さんですか……?」

憂「うっ……」

聡(うわぁめっちゃ泣き顔だぞ)

憂「……今日はご、ごめんなさい…もう知ってますよね…」

聡「あ、いや……(うわーどうすりゃいいんだよこれ…てか怖いよ……)」

憂「私お姉ちゃんに嫌われちゃったんだ……ぅっ……」

聡「そ、そうなんすか。…えっと…(うわぁ気まずい、何か言わないと)」

聡「でっでも俺は今日楽しかったっすよ!ははは、だから気にしてないですよ」

聡(って何言ってんだ俺ぇえ)

憂「……」

聡(う……)

聡「じゃ、じゃあ俺もう行くんで!あ、あんまり気落とさないでくださいよ!じゃあ!」タッ

憂「……」




ガチャ

憂「た、ただいま…」

シーン…

憂「……ご飯作らなきゃ……」

トントントン ジュー… カチャカチャ


憂「お、お姉ちゃ~ん…ご飯できたよー…」

シーン…

憂「……ぅう…」

震える手で恐る恐る姉の部屋のドアをノックする

憂「お姉ちゃん、ごはんできたけど……は、入っていい?」

唯「だめ。やめて」

唯「ご飯なら棚にあったカップ麺食べたからいらない」

憂「あぅ…」


憂「……」モグモグ

憂「……」カチャカチャ

憂「…」モグ…

ピタリ

憂「…もういいや……ごちそうさま……」



――――

紬「今日はマドレーヌよ~唯ちゃん」

唯「ありがとムギちゃ~ん♪」

律「……なぁ唯、やっぱり昨日のあれって憂ちゃんだったのか?」

唯「うん。白状したよ」

澪「なに?何の話?」

律「あ~、えっとな昨日……」


律「……てなことがあって」

澪「う、憂ちゃんが唯の替え玉になって遊んでたってことか?なんでそんな」

唯「私のこと取られたくなかったんだって。それで今ういとケンカしてるんだ」

梓「そういえば憂、今日ずっと沈んでましたね…先生に質問されても聞こえてなかったし」

紬「大好きなお姉ちゃんに嫌われちゃったんだもの、凄いショックなのよ…」

唯「でも仕方ないよ。ういはそれだけの事したんだから」

澪「た、確かに替え玉してまでってのはちょっと異常っていうか……」

律「あぁ……ちょっとなぁ……今までネタでお姉ちゃん大好きなんだねって思ってたけど…」


憂「……」ソワソワ

憂「……そ、そろそろお姉ちゃん部活終わって帰ってくる頃だよね……」

憂「きまずいから家出とこう……うぅっ…」

憂「…お腹すいてるだろうから昨日のご飯の残り、テーブルに置いとこう……」


憂「どうしよう。何かして時間潰さないと」

憂「とりあえず散歩でもしてよう…」テクテク


憂「商店街は賑やかでいいなー、ちょっと元気が出るなぁ」

憂「ゲームセンターにでも寄ろうかな。お金持ってきてたかなぁ」ゴソゴソ

憂「うーん…あんまり無いなぁ……どうしよう」

「あーっくそ、おしい!」

憂「あれ、この声は…」


聡「おい鈴木お前まだ金ある?絶対あと一押しで取れるって」

鈴木「ないわ。おいもう帰ろうぜ」



4