律「まぁいろいろあったけど…聡の尾行を続けるぞぉ!!!」

憂・和・梓「おー!!!!」

律「…お前らもくんの…?」

和「幼馴染として見守る義務があるわ」キリッ

梓「わ…私は後輩として…」

律「はぁー…まぁいいか!」


和「…っていうか唯たちは?」

憂「あ…い…いない!?」キョロキョロ

律「よし!ここは二手に分かれるぞ!」

律「憂ちゃんは私といっしょに来い!」

憂「分かりました」

和「ということは…私は梓ちゃんといっしょね」

梓「はいです!」

律「唯たちをみかけたらすぐに携帯で連絡すること!いいな!?」

和「分かったわ」

梓「はいです!」

律「それじゃあ…唯聡捜索作戦スタートだ!!」

憂・和・梓「おー!!!」

律(まぁ…私たちが見つけた場合は絶対にお前らに連絡しないけどな!)


唯「ふ~…ここまで来ればあずにゃんも追ってこないよね!」ハァハァハァ

聡「そう…ですね!」ハァハァハァ

唯「今日は散々だったねぇ~(あずにゃんのせいで…)」

聡「まぁ…でも俺は楽しかったすよ!(梓とかいう人がくるまでは…)」

聡「あ…あの…梓さんとは仲がいいんですか…?」

唯「うん!私の後輩だからね!」エッヘン

聡「そ…そうなんですか…」ショボン

唯(どうしたんだろ…?聡君…)

唯「!!!」

唯(ま…まさか…)

唯「あ…あずにゃんに興味あるの…?もしかして…」

聡「ち…違いますよ!」

聡「お…俺は…」

聡「ゆ…唯さん一途ですから…」ボソっ

唯「!!!」カァァァァァァァ

聡「…」ドキドキ

唯「…」ドキドキ

聡「あっ…!公園がありますね…ちょっと休んでいきますか…?」

唯「う…うん」



公園のベンチ

唯「…」ドキドキ

聡「…」

聡「あ…あの…?ちょっといいですか…?」

唯「あっ…はい…!」

聡「今日…俺のことを梓さんに紹介したじゃないですか…」

唯「う…うん」

聡「りっちゃんの弟だって…紹介しましたよね…?」

唯「…うん」

聡「その時…な…なんで…私の彼氏だって紹介してくれなかったんすか…?」

唯「…」

聡「お…俺って…唯さんにとって…ただの友達なんですか…?」

唯「…」


律「!!!」

律「い…いたぞ」

憂「どこですか!?」

律「シィー…」

憂「…」コク

律「ほらあそこのベンチ…」

憂「なんだか…修羅場な感じがしますね…」

律「とりあえずあそこの茂みから隠れて会話聞こうぜ…?」

憂「はい…!和さんたちにはしらせなくていいんですか?」

律「ほっとけほっとけ!はやくいこうぜ…」コソコソ

憂(いいのかなぁ…)


聡「手つなごうとしても避けられちゃうし…」

唯「…」

聡「俺…不安です…」ウルウル

唯「…」

聡「唯さん…こたえt」

唯「ぎゅ…」ギュウ

聡「!!!」


律(キター!!!!)


聡「ゆ…唯さん!?」ドキンドキン

唯「ごめんね…聡君…不安にさせちゃって…」ギュウウ

聡「…」

唯「わ…私…こういうこと初めてだったから…少し…恥ずかしかったの…」ギュウウウ

聡「…」

唯「許して…くれる?」ギュウウウウ

聡「…」

聡「唯さんの気持ちもしらないで…お…俺のほうこそ…すいませんでした…」ドキンドキン

唯「…じゃあ…仲直りの…キスする…?」ギュウウパッ

聡「…は…は…はい…!」ドキンドキン


憂「私たちこれ以上は見ないほうが…」ヒソヒソ

律「いま良いところなんだぜ?ここをみないでどうするよ?」ヒソヒソ


和「あら楽しそうね…」

梓「私たちも混ぜてください…!」

律(憂ちゃん…?)ジロッ

憂(やっぱり知らせたほうが良いと思って…すいません…律さん)ペコ


唯「じゃあ…恥ずかしいから…目つぶって…」ドキンドキン

聡「は…はい」

唯「聡君…好きだよ…」ススススス

聡「お…俺も…唯さんが好きです…」ドクンバクンドクンバクン


律「わわわ…顔が二人の顔が…」ドキドキ

憂「ゆっくり…近づいてる…!」ドキドキ

和「よく…見えないわ…」イライラ

梓「私も…です…」イライラ


唯「…」スススス

聡「…」ドクンバクンドクンバクン


律「うお…あとすこしで…」ドキドキ

憂「唇と唇が…ふれあう…」

律「っていうか…さっきから押すなよお前ら…!」ヒソヒソ

和「だって…よく見えないんだからしょうがないでしょ…」グイグイ

憂「あ…梓ちゃん…押さないで…」

梓「憂ばっかりみてずるいよ…私にも見せてよ…!」グイグイ


唯「…」ススス

聡「…」ドクンバクンドクンバクンドクンバクンドクンバクン


律「も…もう…」プルプル

憂「だ…だめ…」プルプル

律・憂「ぶひゃん!」バターン


唯・聡「!!!」


聡「ね…姉ちゃん…?」

唯「う…憂…?」

律(やっべぇぇぇぇ…)

憂(あわわ…どうしよ…)


和(梓ちゃん!)ピキーン

梓(和さん!)ピキーン

和・梓「逃げるが勝ち☆」タッタッタッ


律「!!(あ…あいつら…!にげやがって…!)」

唯「うい~」プルプル

憂「ひゃあ!な…なぁに…お姉ちゃん…」ビクビク

唯「ずっとつけてたわけじゃないよね?」ニコッ

憂「う…うん!途中で見失って…あ」

律「憂ちゃん!」

憂「す…すいません…つい…」

唯「ふ~ん…じゃあ最初からつけてたんだぁ…」ニコニコ

憂「ご…ごめんなさい…!」

律(そこであやまったら全部みとめるようなもんだろ!!)

聡「姉ちゃんも…?」イライラ

律「いや~私は偶然そこで…」

唯「う~い?りっちゃんも?」ニコニコ

憂「はい…!そうです…!」

律「」

律「あはは~ごめんごめん!二人が付き合えたのは私と憂ちゃんのおかげのようなもんだろ?だからみm」

唯「言いたいことはそれだけ?りっちゃん…」ニコニコ

律「あはは~…すいません…」

唯「二人ともいますぐ…消えてもらえるかなぁ?」ニコニコ

律・憂「は…はい!邪魔者はいますぐきえます!!!」

律・憂「それじゃあさよなら~!!!!」タッタッタッ


唯「まったく…帰ったらお仕置きしなくちゃ…」

聡「まぁまぁ…あの二人のおかげって言うのはあってますし…」

唯「うふふ…そうだね!」

聡「それより…さっきの続きを…」ドキドキ

唯「そうだね…目…つぶって?」

聡「…」

唯「…」ススススス

聡・唯「…」チュ






澪「どどど…どうしよ!?す…すごいものを見てしまった…」ドキドキ

なんにも知らない澪ちゃんでしたとさ!おしまい





もう寝る
保守と猿よけと支援感謝です

あと聡しn…いやなんでもない