梓「…ところでこちらの人は…」チラチラ

唯「あっ!この人はねぇ…」

梓「あっ!言わなくても大丈夫です!」

梓「この状況から察するに…」キョロキョロ

唯・聡「!」ドキドキ

梓「唯先輩の弟さんですね!」ビシッ

聡(そんなぁ!?)ガビーン


律(あちゃー…こりゃ効いたなー…)


唯「ち…ちがうよぉ!?」

梓「えっ?違うんですか…?弟さんにしか見えなかったもので…」チラッ

聡「」ガックリ

唯「聡君はりっちゃんの弟さんなんだよ!」

梓「あっ…そうなんですか…どうも」ペコ

聡「どうも…(な…なんで私の彼氏って紹介してくれないんだ…)」ペコ


梓「ところでお二人はこれからどちらに…?」

聡「特に決まってないっすけど…」

梓「じゃあ私も一緒についていっていいですか?」

聡「!!!」

唯「まあ…いいけど…(聡君はだいじょうぶかな…?)」チラッ

聡「だ…大丈夫っすよ…!(っていうか急いでたんじゃ…)」ニガワライ

梓「よかった…!私…暇で暇でしょうがなかったんです!」


律「梓の野郎…何考えてんだよ!空気読めや!!!」イライラ

律「だいだい行くところ決まってないのにじゃあってなんだよ!じゃあって!」

律「行くところ同じでじゃあついて行きます!ならまだしも」

律「意味わかんねぇだろうが!!ゴキブリみてえな触覚しやがってよぉ!!!!」

憂「律さん落ち着いてください!」

憂「それに…どうやら本当の黒幕は違うようです…」

律「なぁに!?」

憂「あそこを見てください!」ビシッ

律「!?あ…あいつは…」


和「…」ニタニタ


律「和ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」


律「あ…あの野郎…!まだ懲りてなかったのか!」

憂「ど…どうしましょう…」オロオロ

律「やることは決まってんだろ…」

憂「な…なんですか?」

律「さわこに電話☆」

憂「なるほど☆」



さわこの家

電話です起きろ雌豚!電話です起きろ雌豚!電話です起きろ雌豚!

さわこ「うるせぇんだらっしゃああああああ!!!!」ガシッバキッボロリ

さわこ「安眠ターイム…むにゃむにゃ…」グーグーグー


律「あれっ?つながらないぞ…」

憂「えぇ!?よりによってこんな時に…」

律「さわこつかえね」

憂「ど…どうします…?」アセアセ

律「どうするもこうするもないだろ!」

憂「というと…?」

律「和に接近して梓を止めるように説得するぞ!(口で言っても分かんなかったら暴力で解決するけどね☆)」

憂「聞いてくれるかなぁ…」


梓「唯先輩、ちゃんと家でギターの練習してますか?」

唯「う~ん…最近さぼり気味かもぉ…えへへ…」

梓「もう…ちゃんと練習してくださいよ?部活ではあんまりできないんですから」

唯「ほほーい!」

聡(俺…空気じゃん…)

唯(聡君寂しそうだな~…)

唯「ねぇさとs」

梓「それよりも唯先輩!次の学園祭楽しみですね!!」

唯「えっ…!そ…そうだねぇ~」

聡「…」


憂(聡君さびしそう…)タッタッタッ

律(聡…待ってろよ!)タッタッタッ


和「ふふふ…梓ちゃんその調子よ…!」ニタニタ

ガサガサ

和「だれ!?」

律「田井中律様のご登場だぁ!」バーン

和「律!」

憂「私もいますよ」ヒョッコリ

和「憂ちゃん…!」

和(2対1…まずいわね…)ギリッ


和「な…何の用よ?」アセアセ

律「ふん…!とぼけやがって!こっちの要求はただ一つ!」

憂「梓ちゃんをどうにかしてください…」

和「…(チィ!どうしてばれたんだ!!)」


和「…」

律「だんまりかよ…」

律「じゃあ仕方ないな!さわこ先生に電話でもするか!」

憂(えっ…電話つながらないんじゃ…)チラッ

律(ハッタリだ!憂ちゃんあわせて)ニコッ

憂「そうですよ…!内申書がどうなってもいいんですか…?」

和「…」


和「わ…分かったわ…今電話するわ…」ピポパ

律・憂「よし!!!」


梓「それでですねぇ…って唯先輩聞いてます!?」

唯「き…きいてるよ~(さっきからあずにゃんの話ばっかり…)」

梓「じゃあ話続けますね!それk」


プルルルプルルルプルルル

梓「あっ…!電話だ…!」

梓(純からだ…)プルルルプルルル

梓(今忙しいから切っちゃおう)ピッツーツー

梓「さ!話を続けますよ!」

唯(もう勘弁して…)


和「…」プルルルプルルルプルルルピッ

律「おい!どうして電話切るんだよ!」

和「ふん…どうやらハッタリだったようね…」

律「……あ…?(な…に…?)」

憂(ど…どうして!?)

和「今電話してたのは…梓ちゃんにじゃなくて…さわこ先生によ」ニタァァァァァァ

和「さぁ…どうする気…?あななたちの頼りのさわこ先生には連絡とれないわよ…?(ククク…勝った…!)」

律「じゃあ実力行使だ☆くらえ眼つぶし☆」バリーングチャ

和「ぎゃあああぁぁぁぁ!!!!」

律「あ…ごめーん☆ダテメガネにレンズはいらないと思って☆」

憂(律さん…かっこいい!)


和「う…う…」

律(あちゃー…やりすぎたかな?)

和「私は今までいったい何を…」←紬の薬の効果きれた

律(な…なんだ?)

和「とてもいい夢をみていたような…」

憂「和さん?大丈夫ですか?」

和「あ、うん…大丈夫よ…心配してくれてありがとね」

憂(和さん…キャラが昔のキャラに戻った…?)


和「…とりあえず状況を説明してくれる?」

憂「あっ…はい!実は…」カクカクシカジカ

和「なるほど…ね」

和「だいたい状況は分かったわ(なんで私がおかしくなってたのかは分からないけど…)」

和「とりあえず梓ちゃんに電話するわね」ピポパ

憂「たすかります!(いつもの和さんに戻った!)」

律「…」


梓(和さんから電話だ…)プルルルプルルルプルルル

梓「唯先輩ちょっと待っててくださいね!」ピッ

唯(た…助かった…)

梓『もしもし?なんですか和さん…作戦は順調ですよ』

和『梓ちゃん?今からこっちに来てくれる?』

梓『なんでですか?今こっちはいい所なんですけど…!』

和『いいから。もっといい作戦思いついたのよ』

梓『そういうことなら仕方ないですね…残念ですけど適当に切り上げてそっちに向かいます』

和『場所はそこの近くのマックで待っててね』

梓『あそこ…ですね…分かりました』

和『それじゃあよろしくね…それじゃあ』ピッツーツーツー


和「これで大丈夫なはずよ」

憂「よかったぁ…」ホッ

律(この性格の変わりよう…もしかしてあれなのか?メガネによってもう一人の私がうんちゃらかんちゃらっていう中二設定なのか!?だとしたら和きめえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!)


梓「あっ…!私ここのマックで友達と会うことになったので…ここで…」

聡・唯「!!!」

唯「そうなの!?それじゃあ仕方ないね!それじゃ!」タッタッタッ

唯・聡(た…助かった…)ホッ

梓(唯先輩…私と別れて寂しいだろうなぁ…)


和「梓?」

梓「あっ…!和さん!ってあれ…?なんで律先輩と憂がいるんですか?」

憂「実はね…」

律「その前にとりあえず一発殴らせろ梓!」

梓「ひぃ…!」

和「だめよ律。暴力は…」

律「ちっ…!(黙れよ…中二病患者…!)」

憂「とりあえず…なんでお姉ちゃん達に近づいたの?」

梓「えっ…それは…和さんが…」

梓「唯先輩が私と最近しゃべれなくて寂しそうにしてるって電話で言ってたから…」

和「はぁー…私そんなこと言ってたの…?」

梓「?はい…」

和「ごめんね?梓ちゃん…」

梓「えっと…ちょっと状況がつかめないんですけど…」

憂「実はねぇ…」


梓「なるほど…それは二人に大変失礼なことをしてしまいました…」ショボーン

律「特に聡を唯の弟とみたことは…すげーショックだったと思うぞー」

梓「ごめんなさいです…」ペコリ

律「まぁ…いいよ!梓も悪気があって言ったわけじゃないみたいだしな!」

憂(悪気がないほうが…聡君ショックをうけるような…)



9