聡「………………」

澪「………………」

聡(せつめいしよう!)

聡(みおねえがおれをおどかそうとどあをいきよいよくあけたとき、みおねえもいきおいあまりたおれこんでしまった!)

聡(そしてたおれこんださきにはおれがいた!)

聡(あとはわかるな!)

聡(…………わかる、よな)


聡「澪姉さ………そろそろどいてくれない?」

澪「」

聡「気絶しとる……」

聡「しばらくこの態勢か」


聡(なぜか離れるという選択肢は浮かんでこなかった)

聡(タオル越しの感触……)

聡(極端に近い顔……)

聡(ムラムラするっ!が……)

聡(この俺のジェントルマン精神を舐めるなよ……!)

澪「んんっ………」

聡(やっぱ無理。限界)

聡(早く起きてよ………)

澪「ん、んん…」

聡(お、やっとか!?)

澪「聡…ダメだぞ…そこは…ムニャムニャ」

聡(誰か助けて~)


澪「ん…………?」パチリ

聡(今度こそ!)

澪「聡っ!」ガバッ

澪「怖かった、怖かったよう」ギュウウウ

聡「orz」


聡「ふぃ…ふぃふぉふぇえ…(訳:み…澪姉…)」

澪「ッッッ~~~~!!」ギュウウウ

聡(駄目だ、聞いちゃいねえ)

聡(胸に顔を埋めるという長年の夢…)

聡(まさかここまでとは…アドレナリンが止まらないぜ)

聡(しかしもう流石に俺の息子が限界だ)

聡(澪姉にも当たっていると思うが)

澪「…………ん?なに、これ?」

聡(気付いたー)


澪「こ、これは男の人の…///」

聡(鎮まれい俺のson)

澪「…………」チョイチョイ

聡「んっ!?はっ!」ビクン

澪「倒れない……」

聡「もうそろそろ…駄目だ…」

澪「?」

聡「とりあえず、正気に戻ったのならどいてくれない?澪姉」

澪「あっ………///」

聡「冷えちゃうよ。先に入ってて」

澪「どこいくんだ?聡」

聡「トイレ」



聡「んっ………んっ………」

聡「ふぅ……ここ数日やばかったからな」

聡「思春期真っ盛りの男子にこんなものは普通耐えきれない」

聡「俺だからできたんだ」

賢者モード



ガラッ

聡「戻った」

澪「………///」

聡「ん、どうしたの?」

澪「いや、改めて考えると、……///」

聡「襲わないから大丈夫だよ。……多分」

澪「た、多分?」

聡「確証はないからね」

澪「///」


澪「じゃ、じゃあさ………」

聡「なに?」

澪「聡って……オナニー、した事ある?///」

聡「した事あるも何も、今してきたよ」

澪「えっ?」

聡「その裸を見て正気でいるのはちとツライからね。だから今は賢者モード」

澪「そうか………///」


澪「じゃあ、ちょっと背中を流してくれないか?」

聡「どうぞどうぞ。賢者モードですからね、大丈夫だよ、多分」

澪「うん………///」

ゴシゴシ

聡「強さはこれ位で?お客様」

澪「あ、ああ……///」

聡「じゃあ前の方も」

澪「」ビクッ

聡「冗談冗談」

澪「……らって」

聡「え?」

澪「前の方も洗って!」

聡「マジかい」


聡「じゃ、じゃあ………向き変えます」

澪「ん…………///」

クルリ

聡「おわぁお………」

澪「ま、マジマジと見るなよ、恥ずかしいじゃないか///」

聡「じゃあ………お腹あたりから」

澪「うん………///」

ゴシゴシゴシゴシ

澪「ひゃん」ピクッ

聡「どうした!?」

澪「ち、ちょっと強い……///」

聡「ご、ごめん」



数分後

聡「よし、あらかた洗い終わったし、流すか」

澪「ま、まだ洗い終わってないぞ!」

聡「えっ?」

澪「その……む、胸が///」

聡「はい?」

聡「えっと、マジですか?」

澪「」コクコク

聡「じゃ、じゃあ………洗いまーす」

澪「聡」

聡「なに?」

澪「そ、その、優しく……な?」

聡「わ、分かってるよ」

ゴシゴシ

澪「ひゃん!」ピクッ

聡「え、だ、大丈夫?」

澪「だ、大丈夫だから…続けて?」

聡(んな事言われてもこの柔らかさといい形の良さといい集中してやるなんてできねーよおおお)


聡「はぁ………」

澪「つ、疲れたなら別にいいぞ?自分で洗えるし」

聡「大丈夫だよ。そもそも洗ってくれと言ったのは澪姉な訳だし」

澪「……」

聡「任せて下さい」

澪「…………うん」


聡「流すよー」

ジャー

聡「やっと終わった……」

澪「聡、ありがとな」

聡「いやいや(結構大変だったけどな)」

澪「お礼と言っちゃああれだけど……聡の背中、私が流しやろうか?」

聡「>>748」



聡「前も」

澪「え!?やっぱりやらなくちゃ駄目か……?」

聡「うん。対等条件ってことで」

澪「…分かった」


澪「聡の背中って小さいな」

聡「まだ中学生だからだっ!きっと高校生になれば大きくなるっ!」

澪「ムキになるなよ」クスクス

聡「くそー……じゃあお願いします」

澪「うん」

聡「あまり怖がらなくなったね」

澪「前を洗ってもらった時位から、もう吹っ切れた」

聡「あはは………」

澪「……本当は駄目なんだよな」

聡「やましい事もしてないし、いいと思うけど?」

澪「でもなんか……」

聡「まーまー。それより、早く洗って出ましょうよ」

澪「……うん」

ゴシゴシ

澪「これ位でいいか?」

聡「うん」

ゴシゴシ

澪「…………」

聡「…………」

ゴシゴシ

澪「…………」

聡(話題ねえし)

聡「ここは>>766を話題に一つ…」



聡「澪姉はノーパンになる事ある?」

澪「え!?ノーパン!?それは…ないだろ」

聡「でも今はノーパンじゃん」

澪「風呂は別だろ」

聡「ノーパンはないけどパンチラはあるんでしょ?全校生徒の前で」

澪「な、何故それを!?」

聡「姉ちゃんが笑いながら言ってた」

澪「今度会ったら拳骨五発だな」

聡「あははは………」

澪「……………」

ゴシゴシ

聡(また黙っちゃった)

聡(じゃあ次は>>780だな)



聡「澪姉はレイプされた事ある?」

澪「ある訳ないだろ」

聡「ですよねー」

澪「あと少しだな」

聡(じゃあさいごは>>789で)



聡「チンコを手でしごいて洗ってくんない?」

澪「嫌なんだけど」

聡「安価は絶対」

澪「………………」ゴアァァァァァァ

聡(おぅふ、すげえテク)

澪「………………」ガスガスガス

聡「そろそろ…イク…」

どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ(ry

澪「うわ…べちょべちょ…」

聡「シャワーで流して早く出よう」



澪の部屋

澪「あんな勢い良く出るもんなんだな」

聡「溜まってたから……」

聡「あとは寝るだけだが…」

聡「どうも味気ない。何か寝る前に遊ばない?」

澪「どんなの?」

聡「>>834とか」


聡「エッチな遊び…かな」

澪「さっき散々したじゃないか」

聡「あれはただの洗いっこだよ」

澪「どんな遊び?」

聡「>>845とか」

澪「>>845?」


澪「し、シックスナインて、あの秘部と秘部を舐め合うって言う、あれか!?」

聡「うん」

澪「無理だ無理だ!流石に無理だ!」

聡「だよね(まぁ後先考えず言ったしな)」

澪「でも、そこまで濃厚じゃないのなら…」

聡「じゃあ>>860とかは?」


聡「じゃあ…俺のチンコしゃぶる」

澪「遊びじゃ無いだろ、それ」

聡「安価は?」

澪「絶対だけど、さっき逃げたじゃん」

聡「あれは例外だ」

澪「……じゃあ……」

聡「………」ゴクリ

澪「あーあーあー!!駄目だやっぱ!」

聡「えっ?」

澪「もう寝るっ」ガバッ

聡(まあ当然だよな)

聡(ダメ元で言ったけど駄目だろ流石に)



一週間後

聡「やっと家に帰れる…」

鈴木「お前ここ四週間授業中ほとんど寝てたよな」

聡「お前は俺の苦労、もとい精力を知らないだろ」

鈴木「何があったのか知らんが、お疲れ」


8