梓の家

梓「ここが私の部屋だよ」ガチャッ

聡「うわあ……レコードがいっぱいありますね」

梓「うん、私の両親は両方とも音楽をやってたからね。私も、小学生位からギター始めたかな」

聡「小学生から……って凄いっすね!」

梓「そ、そんな凄くないよ」

聡「いやいや凄いですよ!だって小学生からギターなんてやらされたら、俺だったらやめちゃいますよ?梓さんは凄いと思います!」

梓「///」

梓「な、なんならギター触らせてあげようか?」

聡「いいんですか?」

梓「…………まあ、私のこと褒めてくれたお礼だよ」

聡「え?あれは本心から言ったんすけど…」

梓「と、とにかく!触ってみて!」

聡「あ、ど、どうも……」


聡「いやぁ澪姉のベースには触ったことあったけどギターは初めてだなあ」

梓「はい、これが私のムッタン」

聡「ムッタン?」

梓「ムスタングだからムッタンなんだ」

聡「みんな愛称ってつけるもんなんですね」

梓「まあね。ところで、ギターは持ってるだけだとつまんないよ?」

聡「教えてくれるんですか!?」

梓「うん。少しぐらいだったら……」

聡「是非お願いします!」

梓「うん。じゃあ、まずはギターを持って」

聡「こ、こうですか?」

梓「んー、ちょっと違うなぁー」


スッ

聡「え?」


梓「ほら、こうだよ」

聡「え、あ。ありがとうございます(体ごと指導とか……エロゲを極めた俺に、死角は無かった………!)」

梓「それでこうして」

聡(足に感じる太ももの感触……)

梓「ここをこうすれば」

聡(そして背中越しに感じるささやかな双丘の感触………)

聡(ヘ ブ ン 状 態!!)

梓「ほら、弾ける………って聞いてる?聡くん?」

聡「ホワアアアアオ!?」

梓「にゃっ!?もう、びっくりしたー」

聡「に、にゃっ?」

梓「!?き、気にしない気にしない!」

聡(かわえええええええ)

聡(名前をつけるなら……)

聡「あずにゃん……か………」

梓「えぇっ!?どうして聡くんが知ってるの!?」

聡「えええっ!?言ってみただけなんすけど!?」

梓「」

聡「な、なんかすいません…」



同時刻 平沢家

唯「はっ!?」ビクン

憂「どうしたの?お姉ちゃん」

唯「今、誰かと思考がリンクした気がするんだよ!」

憂「そうだったんだ~。ところで今夜はその…………」

唯「ゴメン憂、もういいよ」

憂「」

唯「私、聡くん泊めてから、何か憂より聡くんの方が好きになったみたいなんだ」

憂「」

唯「だから…………ゴメンね、憂」

憂「」「」「」「」「」「」「」



ふたたび梓の家

梓「聡くんはお風呂はどうするの?」

聡「一人で入りますよ」

梓「そ、そうだよね……」シュン

聡「シュンじゃなくて、それが普通なんです」

梓「でも、唯先輩とムギ先輩にお風呂の話聞いたら、一緒に入ったって………」

聡「強引に、が抜けてますね」

梓「強引?」

聡「二人ともひどいんすよ。途中で乱入してきたり、先に入っていたりとか」

聡「特に唯さんなんて何故か知らないですけどタオル巻いてませんでしたからね、俺途中で気絶しちゃったらしいんです」

梓「へぇ…(積極的だなぁ先輩達…私も何かしないと駄目なのかなぁ)」

聡「梓さん?梓さ~ん」

聡「梓さん?えっと…」

梓「……………」ギュッ

聡「え!?あ、え!?」

梓「こんな感じかなぁ」

聡「何がですか!いきなり抱きつくなんて、ドキッとしましたよ!」

梓「あれ?(ドキッとした?効果はあるんだ)」


聡「あのー、いつ離してくれるんすか?」

梓「………………」ギュギュッ

聡「!(力を強くしたよ逆にこの人)」

梓(顔が近い…………………)

聡「か、顔近くないすか?離した方がいいんじゃないすか?」

梓「…………………」ピタッ

聡(寸止めだよまさしく。梓さんからいい匂いがして理性吹っ飛びそう)

梓(これは…………流れ的に……………)

聡「いい加減離れた方が……」

梓「………………」

聡「…………見つめられても困るんすけど」

梓「あ、あっ、ゴメンね」

聡「いや、全然構わないです、むしろこのまま…………」

梓「このまま?」

聡「何でもないデーす」

梓「ふぅ」

聡「あれ?離しちゃうんすか?」

梓「あれ~?まだ抱きついてもらいたかったの?」ニヤニヤ





聡「はい」

梓「正直すぎるのもまた罪だよ」


梓「何でこんなことになったんだろうね………」

聡「梓さんから抱きついてきたんじゃないんすか」

梓「いいのっ」ギュッ

聡「流石にこれ以上はd」

梓「んっ」チュッ

聡「ん…………!?」

梓「……………ん」

聡「じゃあ俺もう寝ますね」

梓「うん……………うん」

聡「おやすみなさーい」

梓「…………おやすみなさい」



パチン

聡「……………梓さん」

梓「…………なに?聡くん」

聡「どうして、いきなりあんなことしたんですか?」

梓「………どうしてだろうね」

梓「先輩達に負けたくない気持ちがどこかであったのかな」

聡「でも、思うことと、実際に行うのでは、意味はだいぶ違ってきますよ」

梓「……………………」

聡「確かに俺は、梓さんの思ってたように、唯さんやムギさんから過激なスキンシップをされました。けれど、あれはあの人たちで考えた、俺との仲を深めるための行為だったと思います」

梓「…………………」

聡「けれど、梓さんは、それが過激な行為だと分かって、でも行おうとしたんですよね?」

梓「…………………」コクッ

聡「それじゃあダメですよ。そんな事するのはビッチと呼ばれる人たちです。そんな真似はしちゃいけませんよ」

梓「…………………」

聡「俺は、過激な行為があったからあの人達に惹かれた訳じゃないんですよ?」

聡「そんな事しなくても、俺はありのままの梓さんの方が100倍良いですよ?」

梓「ごめん……聡くん、私、どっかで間違えてたね」

聡「いいんですよ。こんな事で」

梓「私、もう寝るね」

聡「はい。おやすみなさい」

梓「うん。おやすみなさい」



次の日

梓「聡くんって名前通り聡明でもあるんですね!律先輩と真逆でびっくりしましたよ」

律「なんだとーこのこの!」

梓「ツインテールを引っ張らないで下さい!」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律「順番決めはこれが最後だ」

澪「あんま変わらなくない?」



澪「え、わ、私?」

律「澪しゃん…変な所でくじ運使わんといて…」シクシク

唯「おーおー、よしよし」

紬「澪ちゃん頑張ってね!」

澪「何をどういう風にだよ」

紬「えーと……、まぁ、色々?」

澪「それは説明とは言わない」

梓「えっと、要するに、色仕掛けはなしでという事です」

澪「いっいい色仕掛け!?そそそんな事しない!!」

梓「ほら、これが普通ですよ律先輩」

律「いやー梓、分からないもんだぞ?澪も聡を我が物にせんと、女になり……」

澪「しないって言ってるだろ!」ゴチン

律「あぎゃ」



6