紬「私、忍法を使うのが夢だったの~」

聡「ただのストローですけどね」

紬「えっ!?………やっぱり、ちゃんと竹を使わないと駄目だった?」

聡「男子中学生の風呂に無断で入ってはいけません。なにしてるかわからんですよ」

紬「え?何を?」

聡「ナンデモナイデス、ハイ」


聡「ちゃんとタオルは巻いてんですね(節度のある人で良かった)」

紬「お望みなら外すわ」

聡「望んだ覚えはありません」

紬「というか有無を言わずに脱ぐ」

聡「ですよねー」

聡「じゃなくて。脱がなくて良いです」

紬「えーー?なーんーでー?」

聡「駄々こねても無駄ですよ」

紬「聡くんは……私の体、見たく無いの?」

聡「危険なオーラが出てますからやめて下さい」


聡「じゃあ俺出ますね」

紬「あ!まだ出ないで!」

聡「限界です」ガチャ

聡「ワッ!?」ストン

スイースイースイースイージャボーン!


紬「お帰りー」

聡「随分無駄なギミックですね」


紬「ねえ聡くん、体洗ってくれない?」

聡「嫌だと言ったら?」

紬「タオル取る」

聡「どちらにいたしましょうか?」

聡「心頭滅却すれば男根もまたたたず」

紬「どうしたの~?はやく~」

聡「はい、分かり申した」

紬「まずは背中からねー」

聡「は、はい……(これがもしエロゲなら………)」

聡「洗い終わりました……?」

紬「じゃあ次は前ーーー

聡(き、来たっ!)

紬「前は自分で洗うから良いわ」

聡「」「」「」



紬「聡くん、そんなに落ち込んでどうしたの?」

聡「良いんです………人は誰だって夢を見ます………僕もそうでした………」

紬「………聡くん」

聡「何ですか、と、うわっ」ギュッ

紬「悩みがあるなら………いつでも相談してね………?」

聡「胸が当たるんですけど」

紬「わざとよ」

聡「堂々と言わないで下さい」

紬「でもこうでもしないと聡くんの気がひけないような気がするの~」

聡「大ダメージです」

紬「~~~~♪」ム、ギュウウウウ

聡(ああこれ楽園か)



聡「もう寝ましょうよ」

紬「寝る前にちょっと……」


聡「寝る前にツイスターゲーム?激しくないすか?」

紬「大丈夫よ♪私、寝る前にツイスターゲームするのが夢だったの~」

聡(夢多いな)


聡「じゃあ青」

紬「よっ」

聡「黄色」

紬「はっ」

聡「赤と緑」

紬「おっと」

聡(パンツ丸見えっす)

紬「意外と難しいわね~」

聡「そうっすねー(パンツ…)」

紬「じゃあもう寝ましょ♪」

聡「はい(パンツ…)

紬「じゃあここにひくわね~」

聡「どうもです…パンツ…」

紬「パンツ?」

聡「え?あ、いや、何でもないす!!(声に出てた…)」


紬「………パンツ見たいの?」

聡「そそそんなこと言ってないすよ!?た、たださっきのツイスターゲームで、そのう…」

紬「えいっ」チラッ

聡「ブフォッ!?何してるんすか?」

紬「これが男子の求めるチラリズム…私、一度チラr」

聡「求めてないしどんな夢ですかそれ」

紬「その割には顔は真っ赤だけど?」

聡「いきなりパンツ見せられたらそりゃ赤くなりますよ」

紬「見た?」

聡「見てない」

紬「見た?」

聡「見てない」

紬「見た?」

聡「見てない」

紬「色は?」

聡「白」

紬「見たんじゃない」

聡「………あっ!」


聡「ところで、何で布団一つなんですか?」

紬「布団が一つしかなかったらあなたはどこで寝る?」

聡「床で寝ます」

紬「…ハァ。聡くんはへタレね」

聡「二人では流石に寝れませんよ」

紬「えっ!?寝れないの!?」

聡「やっぱりな」

聡「いいぜ、てめえがそう思っているのならーーーーー」

紬「え?聡くん?」

聡「まずはーーーそのふざけた幻想をぶち殺ーーーー!?」


ムニュ

聡「あ、あれ…………?」

紬「……………………」

聡「いや事故です事故ですよこれは田井中さんは狙ってません事故ですこれは」

紬「………………………もう!そうならそうとはやく言ってくれれば良かったのに!」

聡「えっ」

ギュッ

聡「え?なに?どしたの?」

紬「…………まあ中学生だし、もう限界かもね」

紬「女子高生と二人きりなら特に……ね」

聡「え?え?え?え?」

紬「今夜は長くなりそうね♪」

聡「え、ちょ、ムギさんいきなり脱ぎ始めて何を」

聡「わっ………ちょっと……ダメです…………」

聡「流石にダメですっ!!」ガバッ



聡「はっ!夢か…………」

紬「すーすー」

聡「だよな……安心した」

聡「ん…………?」

聡(右手に胸が当たっている)

聡(だからあんな夢を見たのか)




紬「おはよう聡くん~」

聡「ッ!!お、おはようございます」

紬「どうしたの?そっぽ向いて」

聡「お気になさらず」

紬「そう?朝ごはんできてるみたいだから早くね~」

聡(言えない………夢の内容思い出したら超勃ってたなんて………)



そうしてたちどころ(ry

紬「次は誰かしら~」

梓「今度こそ私が!」

律「おいおい、聡を休ませてやれよ」

澪(私空気)


梓「やってやったです!」

律「あちゃー……」

澪「もういいやあ」


梓「じゃあ今日から一週間は私と一緒だよ」

聡「あ、はい(俺とそんなに変わらないな…)」

梓「よろしくね、聡くん」ニコッ

聡「よ、よろしくお願いします…えと…」

梓「あずさだよ」

聡「梓さんよろしくお願いします!」

梓「ふふっ、聡くんは元気がいいね」

聡(やべえ梓さん可愛い!可愛いすぎるっす!)



5