唯「……ん?んん……」

聡(二度寝は無しだろ)

唯「ん………ん……」

聡(…………確信犯?)


聡(もう起こしても良いだろ)

聡(揺するか)ゆさゆさ

聡(oh…お胸も揺れる。まさに諸刃の剣)

聡(早く起きてくれないと耐え切れねえ)

唯「ん………んっ?ぷわぁ!」ガバッ

聡「やっと息ができるー!呼吸ってやっぱ大切なんだなー!」

唯「さ…聡くん積極的だねえ」カアアア

聡(あれ、なんか勘違いしてる?)



説明中………

唯「それは事故だよ!」キッパリ

聡「そ、そうですか(えええええええ)」

唯「うん!」



学校

鈴木「どうした、やけにやつれてんな」

聡「おう。……天国と地獄って奴だな」

鈴木「何だその厨二臭い答え」

聡「お前にはまだ早いんだよks」

鈴木「ちっ。そういや昨日、サンドバッグ持った姉ちゃんの友達って人が来てーーーーーーー」



部室

唯「聡くん可愛いよ~」

紬「昨日どこまで行った!?」

梓「過激過ぎますムギ先輩」

唯「…………それは、ちょっと///」

紬「ハゥッ!」ブシャアアアア

律「こいつの想像力には目を見張るものがあるな」



そうしてたちどころに一週間が過ぎーーー

唯「聡くん、じゃあね~」

聡「お世話様でした」

聡(………やれやれ)

聡(何故か知らないが寂しく思える)

聡(明日からまた別の人の家か)

聡(妄想が蔓延る)



部室

唯「うう…極上の三日間が終わっちゃったよ」

紬「次こそは私が!!」

梓「私です!!」

律「実家に戻してもらおうか」

澪(なんだこれ)



紬「ぃょっしゃああああああどんなもんじゃワレ!!!」

梓「」

律「くっ………!」

澪「キャラ崩壊ハジマタ」



紬「と、いう訳で今日から一週間は私が面倒みるわー」

聡「は、はあ(なんかポワポワしてんなー)」

紬「よろしくね」

聡「よろしくお願いします!」

紬「あらあら、元気がいいわね(可愛いいいいいいい)」ムギュウウウウン



紬「はーい、ここが私の家っ」

聡「」

紬「あ、驚いちゃった?これでも私、社長令嬢なの~」

聡(すげえなこれは)

聡(例えるならあれだ、東京ドームだ)

聡(東京ドームが四個分ぐらいかな)

聡(マジパネェっす)


紬「そしてここがーーーーーーー」ガチャ

紬「わ た し と さ と し く ん の部屋!」

聡「い…意外と狭いんすね」

紬「過密なスキンシップがとれるから、わざと狭い部屋にしたの~」

聡(策士)

紬「とりあえずご飯食べる?」

聡「あ あっはい」

紬「斎藤!」

斎藤「心得ております」

紬「それじゃ、行きましょっ♪」ギュッ

聡(手を握って来ました)

聡(恋人かよ)

聡(……恋人かも)



ホール

聡(料理の多さは脳内補完でおk)

紬聡「いただきます」

シェフ「お召し上がり下さいませ」

聡(か、堅苦しい………)

聡(暇だなあ)

紬「ねえ聡くん」

聡「何でしょう」

紬「ポッキーゲームしない?」

聡(頭のネジが緩んだか)

紬「お願い!私、一度やって見たかったのー」

聡(ゴメン、上目遣い耐性無いわ)

聡「で、でも普通皆でやるものでしょう?」

紬「普通じゃないから楽しいんじゃない!」

聡(今なら全部論破される気がする)


紬「wktkwktk」準備中……

聡(なるようになれよ)

紬「準備できたわよ~」

聡(わあ…ポッキー咥えて待機してる…)

聡(なんかエロい)


聡「んじゃ………」

紬「ムギでいいわ」

聡「ムギさん、行きます」

聡(……………)パクッ

紬「!!」バクバクバクバク

聡(!?早えー!早すぎだろムギさん!)

聡(これは折らないと…)

紬「捕まえた♪」バクバク チュー

聡「」


聡(ボーっとしる……)

聡(ムギさんはなんか………エロい)

聡(ポッキーゲームとかエロすぎだろ)

聡(おまけにこの状況)

聡(耐える方が無理と………!!?)

聡(あ……あれ……?)

聡(ムギさんの顔が……ない……?)

聡(一体どこへ!?)


紬「ここよ~♪」ハムッ

聡「ヒャッ!」


聡「み、耳朶を噛まないで下さい!」

紬「いいじゃない、減るもんじゃ無し」

聡「耳朶以外ならいいんで」

紬「んじゃ」チュッ

聡「」

紬「お邪魔しまーす♪」



聡「その後俺はムギさんの舌の侵攻を許し」

聡「どうにか解放されて風呂に入ったのだが」

聡「どうも胸騒ぎがする………気にしすぎだと思うけど」

聡「これだけ広いとどこかにムギさんいてもおかしくないしな」

「呼ばれて」

「出て来て」

「「ざっぱーん!」」

聡「とかな」クス


聡「あれ?今エコーがかかっていたような…」

聡「気のせいだよな」

聡「まさかこんな所に」

聡「いるなんてな」ズボ











紬「ブハアッ!!」

聡「そりゃストローが一本浮いてりゃ分かるわな」



4