唯「大丈夫だよね!」

聡「(姉のことについては)しっかりした人だと思うので大丈夫だと思います」

唯「それじゃ私、お風呂沸かして来るね~」

聡「ありがとうございます」


唯「お風呂湧いたよ~」

聡「じゃあ俺先に入って来ていいですか?」

唯「うん!」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

聡「いい湯だなっ、と…」

聡「まさか俺にこんな機会が与えられるなんで」

聡「俺の時代が来たな」

ガラッ

聡「……ガラッ?」


唯「やっh聡「その幻想をぶち殺す」ガチャッ

聡「ふう」

唯「聡く~ん」ガンガン

聡「バレたら俺が殺される」

聡「さて体でも洗うか」

唯「……………」

聡「~~~♪」

唯「……………」

聡「あれ?シャワーどこだ」

唯「ここだよ~」

聡「あ、ありがとうございます」

聡「……………………」シャー

聡「………ふぅ」バタッ

唯「聡くん!?」

唯「大丈夫!?」

聡「あぁ…川が見える…三途の川か…」

唯「これは人工呼吸をしたほうがいいのかな!?」

聡「!」ガバッ

唯「あっ!」

聡「大丈夫です、気にしないでください」

唯「気にするよ!」


唯「聡くん、その…一つお願いがあるんだけど…」

聡「(直視できねえ)な、なんですか」

唯「髪…洗ってくれないかな」

聡「」


聡「あばばぼばばぼば」

唯「聡くん!?しっかり!」

聡「ふふ、し、死ねる」


唯「落ち着いた?」

聡「はい…ありがとうございます」

唯「じゃあ、洗って?」

聡「」コクコク

唯「弱酸性のメリットある?」

聡「」コクコク

唯「じゃあお願いね~」


聡(女の人の裸見るなんて初めてだよ…)

唯「りっちゃんとお風呂入ったことないの?」

聡「さりげなく心を読まないで下さい。あとあれは別です」

唯「どう言う風に?」

聡「えっと…その…起伏が」

唯「///」

聡「えっと…その…」

唯「もう!嬉しいこと言ってくれるね!///」ギュッ

聡「ちょっ…まっ…」

唯「///」ギュウウウウ

聡(…死ねる。今なら楽に死ねる)



風呂の後

唯「ゴクゴク…ふう」

聡「」

唯「聡くんまだ起きそうにないなあ」

聡「」

唯「私の部屋に運び込んでおこう」

聡「」


唯「ん~起きないなぁ~」

聡「」

唯「………」つんつん

聡「んん………」ビクッ

唯「かわいー」


聡「んん………ここは……………」

唯「むにゃ…………聡くん…………」

聡「ここは………布団の中………隣には…………唯さん…………?」

聡「……………はっ!」←一瞬で全てを理解した

聡「やばいねえ………」

聡「とりあえず抜け出してみるーーー」

唯「すー…すー…」ガシッ

聡「…失敗。ガッチリ掴んでいるな」

聡(あと顔が近い)

聡(俺の中の何かが崩れるな)

聡(これじゃ何かの拍子にキスとかありうるな)

聡(さすがにそんなマンガみたいな事起こらないけどな)ハハッワロス


唯「んん………」

聡「!(寝たふり寝たふり)」

唯「聡くん寝たかな……?」

聡「………………」

唯「ちょっと位なら……いいよね……?」

聡(おぅふ……予想の斜め上を行ったぞ……)

聡(さあ果たして何をしでかすのか…)

唯「あと…3cm位?」

聡(やべえ甘い香りが鼻をくすぐりうわやべえ)

唯「ええいもう一気に行っちゃる!」チュッ

聡「」


唯「ん………んん……ん………」

聡(状況を整理しよう)

聡(俺は気絶した後唯さんの部屋に運び込まれそのまま寝ることになった)

聡(そして唯さんは夜這いをしてこの状態に………)

聡(……………………)

聡(整理しない方が良かったか)

聡(余計にダメージが増える)

唯「んっ………ちゅっ……ちゅぱ」

聡(舌が入っております)

聡(正直すごく気持ちいいです)

聡(どうやら唯さんは勝負に勝つためファーストキスを捨てたようです)

聡(なんか申し訳ねえ)

唯「んっ………ちゅぱっ」

唯「聡くんごめんね、初めてもらっちゃった~」

聡(オールokです唯さん)

唯「えへへ、聡君大好き~」ダキッ

聡(今のは告白だそうだそうだそうに決まった)

聡(最初から思っていたのだが………)

唯「えへへ~」ギュウウウウ

聡(胸当たってね?ていうか当ててね?)

唯「えへへ~……あ~眠くなってきちゃった。私も寝~よっと」

聡(当ててますよねこれは。私を誘ってますね。)

唯「zzz……………」

聡(しかし乗る勇気はない)


聡(………俺も寝よっと)

聡(あー本当に今日は疲れた)

聡(でもあと四週間もか)

聡(毎回こうなら良いけど)

聡(瞼が重く…………)

唯「ぐーぐー」ゴロン

聡「んなっ!?」チュッ

聡(…………………)

聡(これなんてエロゲ?)

聡(唯さんが上にいて動けない)

聡(一晩中唇と胸の感触を味わっていろだと)

聡(どうなるんだ俺は)

聡(寝れない)

聡(むしろ寝ろって方が無茶だろ)

聡(重力の関係で両方とも押し付けられているからな)

聡(顔も動かせぬ)







聡(6時か)



3