―――――ライブ前日

ジャカジャカジャーン!!


梓「なかなかいい感じですね!!」

梓「じゃあもう一回」

唯「うぅ~…あずにゃんのスパルター!!」

律「休憩しよーぜー!!」

紬「お茶にしましょ!ねっ?梓ちゃん」

梓「まったく……しょうがないですね!!」

鈴木「おちゃー」



――――――当日

『次は軽音部によるバンド演奏です』


ザワザワ…ワーワーキャーキャー!!


唯「みなさん、こんにちわー!!軽音部でーす!!」

唯「ではさっそく聴いてください、“ふわふわ時間”!!」
ジャカジャカジャジャ…



梓(えっ……!?この感じ……!!)
バッ!!




澪「きみを見てると、いつもはーとDOKI DOKI!!」




梓(な"っ……なんで……?!)

澪「あーぁ、かーみさーまおねーがいー」

律(澪……やっぱりお前じゃなきゃ…ダメだよ)

梓(そんな馬鹿な……他のみんなは知ってた……?)

梓(マズイ……っ!!今は演奏に集中しなきゃ!!)
ジャカジャカ…

律(本当によかった……澪が帰って来てくれて…)

澪(律……ありがとう)



――――― 一週間前

メールガキタヨ…メールガキタヨ…


カチャ
澪「人が死のうとしてるのに……誰だ?」


『from 律 そんなところで何してるんだ?』


澪「え……?」
バッ!!


振り向くと律がいた……どうしてこんなところに……?


律「よっ!!澪」


澪「り……つ……」

律「久しぶりだな……元気に……してなかったみたいだな、その顔をみると」

澪「なんで……ここに……?」

律「心配だったからに決まってるだろ!バカ澪!!」

澪「りつぅー……!!わたし…律にひどいこといっぱいしたのに」

律「そうだったな!!」ゴツンッ!!

澪「いたっ…!!」


律「まずはその理由から聞かせてもらおうか!!もしかして私が知らない内に澪のこと…」

澪「違うよ……!!私が……私が全部……っ……」ヒック…ヒック…

律「まぁこっちに来て、話してくれよ」

澪「う……ん」

澪「わたし……律がみんなに人気あるから……それで……」

律「おい……簡潔すぎるだろ!サッパリわかんねーよ!」

澪「律が……わたしのとこから…いなくなっちゃう気がして…」

律「澪……」

澪「ごめんな……りつー……」

律「バーカ!!まったく……お前はなんていうか」


澪「ううぅ……っ………」

律「あーあ、こんなに痩せちゃって……」

律「やっぱり私がついてなきゃお前はダメだな!!」

澪「………バカ律…」

律「明日から学校来いよ!」

澪「でも、梓が…」


――――――


律「えっ!?梓がそんなことを……?」

澪「うん……だから私は学祭には出れないよ……」

律「…………そうだ!!こういうのはどうだ?」


律「―――――て感じ!!」

澪「で…でも、そんなことしたら……」

律「大丈夫!!」


律「大丈夫だよ!!なんてったって、私は軽音部の部長だからな!!」

澪「律……」

律「誰にも文句なんか言わせねーよ!お前には私がついてるから」

澪「律……ありがとな」


律「なぁ澪……」

澪「なんだ…?」

律「星が綺麗だな」

澪「あぁ…そうだな」



――――完――――



5