梓「さて今日も一発抜いてから寝るとしますか。ムギ!ムギはどこです!」

紬「は、はい!お待たせしました!」

梓「ったく、本当にノロマでグズですねムギは…まあいいです、さっさと脱ぐです」

紬「あ、梓ちゃん…今日はダメなの、今日は危ない日で」

梓「知ったこっちゃないです。あなたはオナホールなんですから黙ってチンポを咥えこんでりゃいいんですよ」

梓「それに…これはなんです?ダメとか言ってる割にアソコは大洪水じゃないですか」

紬「そ、それは…呼ばれたときに用意ができてないと怒るから…」

梓「私のカリ高チンポでアソコを擦られるのを想像してマンズリこいてたわけですか。とんだオナホールです」

紬「ちがっ///私そんな…あんっ///」ズブリ

梓「くほ…w相変わらずねっとりしたマンコですね。私のチンポの形を覚えているみたいですね」パンパン

梓(ちっ…確実にユルくなってきてますね。こんなガバガバじゃいつまでもイけませんよ)

紬「あんっ、あん///」

梓「仕方ないです」スッ

紬「梓ちゃん?何を…うご…!ぐぅェ…!」

梓「おほ…w首を絞めるとアソコの締まりがよくなるっていうのは本当みたいですね」

紬「あ…ぐ…!や…」

梓「くほwこれはたまらんです。処女だった頃の締まりが戻ってきましたねムギw」パンパン



紬「オッ…う…ッ…ううううう!」ジョボボボボボ

梓「ひっ!オシッコ漏らしやがったです…!きったな!」

梓は紬の首の手を緩めた
息を吸い込んだ紬は勢いよく咳き込む

紬「げほっ!はッ…!うっ…はぁっ…はぁっ…」

梓「オナホのくせに、私を汚すなんて最っ低です…はぁ、萎えちゃった」

梓は紬のオシッコと汁で濡れた下半身を引き抜く

紬「あ…ッ…、あ、梓ちゃ…」

梓「はぁ。最初から唯先輩のパンチラ画像でオナればよかった」

紬「あの、梓ちゃん…あの…オシッコかけちゃってごめんなさ…」オロオロ

梓「もういいです」

紬「え?」

梓「だから、も う い い で す か ら 」

梓「聞こえなかったですか?」

梓「お前みたいなユルマンオナホ、もういいです」

梓「オナニーの邪魔なんで、さっさと出ていけです」

ベッドから落とすように、梓の足が横から紬の太ももを蹴る
ぱしん、と小さく音を立てた瞬間

紬「……はンッ///」

紬の唇から甘い声が漏れた

梓「……はっ?」ゲシゲシ

紬「あっ、…あっ!///」ビクビク

梓(こいつ、蹴られてるのに気持ちよがってる…?)

梓(でも普通は痛がるはず)

梓(…ちょっと強めに尻叩いてみるか)

梓「ほらっ、さっさと出ていけですっ!」ぺチン!パシンッ!

紬「アッ、梓ちゃ…梓ちゃんっ、ダメ…!だめっ、いやっ、いやあっ///」ゾクゾク

梓「いやじゃねーですっ!!!」バシーンッ!

紬「 あ 」ビクビクビクビクッッッ

紬「っ!!!♥ あ♥ あああ♥///」ブルブル

梓(こいつ…イッてる…)

梓(私に蹴られて叩かれてアクメってる…)

梓「ムギ、イッたんですか?」

紬「んはぁ…は…あっ、…い、イッてない…イッてません///」

梓「ならイッてない証明に、まんこ見せてください」

紬「えっ!それは…!///」

梓「嫌なら、出ていっても構わないですよ?」ニッコリ

梓「もっとも、オナホのムギに行くあてなんかもうありませんけど」

紬「……、…やり…ます…」

紬はもじもじとしながらも、脚をM字に開いた
局部の周りが興奮でぷっくりと盛り上がり、赤くなっている
紬の指が梓に全てを見せつけるように、ゆっくり肉を開いていく

紬「これで…いい、?は、恥ずかしい…これすごく恥ずかしいのっ…」

梓「うわぁ…オシッコくさ。それになんですか、この白濁汁」ピチャピチャ

紬「あ!…っ、…んんッ/// それはっ…梓ちゃんが…」

梓「私のせいにしないでください」

梓「叩かれてイッて白濁汁垂らすなんて、どれだけ変態なんですかw」

梓がびんびんに勃起したクリトリスを指で弾くと、
紬の入り口から白濁した汁が奥からどろりと流れてきた
梓はクリトリスをこねくり回し続ける

紬「は…ぁっ///んッ、…ん!///変態で、ごめん、なさ…!///」

紬は無意識にクリトリスへの刺激を求めて、浅ましく腰を振り始める
梓はそれに応えるように、ギターを弾くように、指を激しく動かす

紬「もお…もぉイッ…くぅ…!/// 紬の、 オナホクリチンポっ、いくぅッッッ!♥」ゾクゾク

梓「ふふ」

梓は優しく微笑むと、指の動きをぴたりと止めた
紬の真っ赤なクリトリスが触れるか触れないかのところに指を浮かせる

梓「ダメですよ、ムギ先輩」

梓「ムギ先輩は、オナホなんですよ?」

梓「主人にイカせてもらうオナホなんて、聞いたことないです」

紬「あ、梓ちゃん…!あずさちゃ…お願いしますっ…!お願いしますっ!」

紬の目からボロボロと涙がこぼれる
梓の指に触れようとへこへこと腰を動かしながら懇願する紬

梓「だから、なんで私が」

梓「ムギの願いを聞いてやらないといけないんですか?」ニコニコ

紬「なんでもします!///んッ…クリトリスアクメさせてくれたらっ…!ぁっ///」

梓「ノロマでグズのくせに、イキたいときの腰のはやさはすごいですね」

梓「先輩、そんなにイキマンコしたいんですか?」

紬「はいっ♥はいっ♥い、…イキマンコ、したい、の!♥///」

紬「かわい…いっ後輩の、まえれぇっ♥///イキマンコするの夢だったのぉおっ!♥」

梓は手入れされた黒髪のツインテールを梳くと、
髪を筆のように摘み、指の代わりにクリトリスへ近づけた

梓「じゃあ、私の髪でアクメしてみてください」

梓「かわいい後輩の髪にクリチンポに擦り付けてイキマンコしてください」

毛先がクリトリスにチクチクと刺さる
紬の勃起したクリトリスを果てさせるには十分だった

紬「っ♥! かみっ♥髪コキっ♥」ゾクゾク

梓「白濁汁垂らしてるだらしねーユルマンにも私のちんぽで栓してやるです!」ズンッ

紬「はあっんッッッ♥」ビクンビクン

梓「ユルマンのくせに、マンコ痙攣してちんぽ締めてきますねw」

紬「おんっ♥お♥おんっ♥///」

結合部からはリズミカルに、ぶちゅぶちゅと淫猥な音が立つ

梓「ムギのオナホマンコ、楽器みたいw」

紬「やらあ♥やらっ♥聞かないでぇえ///ムギマンえんそおしらいれえぇえっ♥」

梓「えー、今度ライブで演奏しましょーよwガバガバ時間w」

梓の言葉に反応するかのように、紬の膣内の奥、子宮口は梓の先端に吸い付く

梓「あ、さすが危険日w子宮口降りてきてますね」

紬「はっ…あ///しきゅ、しきゅうっ…♥妊娠っ♥妊娠しちゃうっ♥」ゾクゾク

梓「じゃあ、外に出しますね」

梓が腰を引こうとすると、紬の脚がしっかりと梓の腰に絡みつく

梓「あれ?妊娠嫌だったんじゃないんですか?」

紬「ゔゔ、う♥ぁっ♥ダメ…妊娠やらぁ…♥///」

梓「あーでもど変態マゾオナホのムギですから、危険日アクメしたいんですねw」

紬「やら♥やらけろぉっ♥危険日アクメ妊娠アクメでイキマンコしたいのぉっおぉっ!♥」カクカク

真っ赤な顔で、精子を絞り取るように必死に腰を擦り付ける紬
媚びたように甘えた声で、結合部からはしぶきのように汁が飛び出す

梓「あは、最低ですね」

梓「はぁ、…じゃ、妊娠してください」


ドクン!ビクンビクン


紬「おおおんっ♥はあっああああああっくあああああっおん♥///」ビクンビクン

梓「………ふう…」ヌポッ…





日は変わって、朝



梓「!」ガバッ

梓「なんだ、夢かぁ…!」ホッ

梓(やだなー私、あんな夢…ムギ先輩に合わせる顔がないよ)

紬「おはよう梓ちゃん」

梓「おはようございますムギ先輩」(今日部活行くの恥ずかしいなー)

梓「」

梓「ム ギせんぱ い な んで こ こ に」

紬「なんでって」



紬「梓ちゃんだけの人間オナホール、琴吹紬だもの~♥」ニッコリ





おわり