澪「アーハン?無駄口叩いてる暇があったら耳掃除でもしたらどうだい?」

律「うるせぇ!てめぇら今すぐだまらねぇとケツマンコに俺のドラムスティックぶち込むぞ!」

律「今日は一人見学にくるんだから静かに待ってやがれってんだ」

紬・澪・律「・・・・・・」


ガララララ

唯「すいませーん。軽音部ですかー?」

紬・澪・律「YEAH!」


律「君がYUIだな。早く、入部届けを出しな」

唯「・・・すいません。実は入部やめようと思って」

紬「な!?こっちは『待て』っていわれた子犬みたいに大人しく待ってたんだぜ!」

紬「それが『やめようと思います』だと!?
  まったく!ハニーのあそこにイチモツが生えてた気分だぜ!」

澪「オイオイオイ。落ち着きな」

澪「YUI、何か理由があるんだろ?」

唯「実は私楽器とか何もできなくて・・・、
  その・・・、期待させちゃってごめんなさい・・・」

澪「泣かないでくれよハニー。楽器なら私が教えてやるよ」

律「そーだぜ、澪に教えてもらいな」

律「澪に教えてもらったら蛇だってジミヘンより上手く弾けるようになるってもんだ」

紬「ヘイヘイヘイ、待った、ちょっと待った」

紬「いくらなんでも蛇にゃギターは弾けないだろ。なんせ両手が無いからな!」

律「あいつらは舌を使って弾くんだよ。ベッドの中じゃお前より上手いぜ!」

紬「そいつぁいいや!」

澪・紬・律「HAHAHAHAHA!!!」

唯「・・・は・・・はは・・・」



翌日

和「へえ、軽音部に入ったんだ」

唯「うん、みんな変わってるけどおもしろそうだよ」

和(この子が変わってるっていうなんてどんな人たちなんだろ)


ガララララ

律「ヘーイ!唯!遊びに来たよ!」

律「OH!こちらのお嬢さんは誰かな?」

唯「こちら和ちゃん。私の幼馴染なの」

律「よろしくメガネの似合うお嬢さん」

和(なにこのひとこわい)

律「ちょいとメガネを拝借」

律「私がこいつをかけると・・・」

律「ハーイ!デリカットデース!!!」

律「HAHAHAHAHAHAHA」

和(からみづらい・・・)

唯「それで律ちゃんどうしたの?」

律「今日の放課後ギター買いに行くって言ったろ」

律「迎えに来てやったのさ」



楽器屋

唯「すごーい、いっぱいあるねー、どれにしよっかなー」

唯「あ!これなんかいいなぁ・・・って高!」

澪「Oh、YUIがどんな財布使ってるか知らないが口くらいついてるだろ?」

澪「よく相談してみな、こいつは高すぎるって叫んでやがる」

紬「ヘイヘイヘイ、ちょっと待った」

紬「私に任せな、安くしてやるよ」


紬「店員、こいつは私の友人でな。ギターを始めるんだ」

店員「それは素晴らしいですね。初心者ならこちらのギターなど」

紬「何言ってるんだい?こいつにあの10万のギターをやりなって話をしてるんだ」

店員「いや・・・いくらなんでもそれは・・・」

紬「オイオイオイ?私の顔に見覚えないかい?」

店員「はっ!申し訳ございません、お好きなギターを持っていってくださいませ!」

紬「やればできるじゃねえか」


紬「YUI!好きなギター持ってっていいだとさ」

唯「え?なんで?何したの?」

紬「気にすんなって。私たちもうブラザーもといシスターだろ?」

唯「あ、ありがとう!」

唯「これください!」

店員「0円になります・・・ありがとうございました・・・」


律「よし、じゃあ帰ろっか」

唯「うん!」

店員「あ、あの・・・紬お嬢様」

店員「父上によろしくお伝えください」

紬「あ?確かに父は社長だが、私だってこの店の常連だ」

紬「その私によろしくがないってのはどういう了見だい?アーハン?」

店員「ひ・・・ひいぃぃ」



数日後
律「そろそろ合宿しようぜ!」

澪「グッドアイディア!でもどこでやるんだい?」

澪「ポケットに手を突っ込んでもつかむものなんて何もないぜ」

澪「懐は膨らんでるけどネー!ハッハー」

律「ファッキン!MUGI、別荘とかないのかい?」

紬「まかせな!とびっきりデリシャスなやつをお見舞いしてやるよ!」



合宿先

澪・律・唯「おおー」

律「でかした!てめぇは訓練されたメス豚だな!」

唯「すごいねー。あれ?どうしたのムギちゃん?」

紬「ああ、いや、なんでもないんだ」

紬「ただもっといいとこに案内してやろうと思ったのに予約がいっぱいでね」

紬「あの糞親父が!サノバビッチ!」

唯(鯖のびっちってなんだろう・・・)


律「さっそく遊ぼうぜ!」

唯「おー」

澪「ちょいと待ちな。ここには練習しにきたんだろ?」

律「ありゃ嘘だ」

澪「オゥ!シット!まんまといっぱいくわされたってわけだ!」

律「そう怒るなよ。ちょっと頭を冷やそうぜ。海にでも入ってな」

澪「Sorry、そうだな、水着に着替えてくるよ」



数時間後

唯「いやー、楽しかったねー」

律「ああ、次はBBQだな」

澪「ちょいと待ちな。先こそ練習だろ?」

律「ノーノーノー。考えてみな。もし目の前に裸の女が寝てたらどうする?」

澪「そりゃ飛びつくさ」

律「それと同じさ。せっかくMUGIがいい肉を買ってくれたんだ、先に食うのが人ってもんさ」

澪「なるほど、そいつは一理あるな」

唯「私は好きなものは最後にとっとく派だけどなー」



夕食後

澪「今度という今度は練習するぞ」

律「OK.OK.せっかく来たんだ。ちゃんとやろうじゃないか」

澪「よしきた!この究極の指使いを見やがれ!」

紬「ヘイヘイヘイ、お前の究極ってのはそんなもんなのかい?」

紬「そんなんじゃ私はイカねえぜ?」

澪「へっ、てめぇが不感症なだけだろ?」

紬「ほう?なら試してもらおうか?」

澪「望むところだ!パンツ脱いできたねえケツをこっちに向けやがれ」

唯「こうしてはじめてのがっしゅくのよるはふけていきました」



音楽室

律「ようし、文化祭に向けて練習するぞ」

唯「文化祭?」

律「なんでもこの学校じゃ文化祭に軽音部が演奏してたらしい」

律「そこで私たちもやろうと思ってね」

澪「手続きとかはいいのかい?」

澪「なんかいろいろあるんだろ?よくわからないが・・・こう?」

律「今からしてくるところさ」



生徒会室

律「ハーイ!お久しぶりメガネのこんちくしょう!」

和(うわぁ・・・)

律「体育館使う紙持ってきたぜ」

和「えーと・・・あれ?あなたたち顧問はいないの?」

律「おい聞いたかMIO?白昼堂々アヌスホールだとさ!」

澪「HAHA!きれいな顔してよく言うね!」

和「あのー、顧問がいないと正式な部としても認められないんだけど」

律「What !?」

律「まずいな・・・顧問が必要とはな」

紬「まかせな、一人心当たりがある」

澪「誰だい?」

紬「ミスSAWAKOだよ。彼女なら断らないだろ」

紬「それに彼女は人気あるからな。はくがつくってもんさ」

律「お!ちょうどいいとこにいやがった」

律「これも神のお導きってやつかね?」

紬「よし、私にまかせな!」


紬「ヘイ!ミスSAWAKO!」

さわこ「えっ?何?」

紬「軽音部の顧問をやらないか?」

さわこ「ごめんね、私合唱部の顧問やってるから」

佐和子「他の先生をあたってね」

紬「ヘイヘイヘイ、ちょっと冷たすぎやしないかい?子供の使いじゃないんだ」

紬「あんたは学校の先生だろ?なら生徒の役に立とうとおもわないのかい?」

紬「それにあんたにゃ時間はとらせない。ここに名前を書くだけでいいんだ」

紬「どうしても無理ってんならいいさ。
  でもあんたが本物の教師なら・・・書いてくれ!ここに!名前を!」

さわこ「わ、わかったわよ・・・」

紬「YEAH! あんたって先生は最高だな!」



音楽室

律「顧問はなんとかなったが歌はどうする?」

澪「実は書いてきたんだ。とびきりスペシャルなやつを」

律「やるじゃねえか!どれどれ・・・・オゥ!シット!こいつぁひどい」

律「こんな歌セキセイインコだって歌わないぜ!なぁ、YUI」

唯「これいい!すごいよ澪ちゃん!」

律「おいおい正気かい?MUGIはどうだ?」

紬「こいつぁいいや!やってやるよ!」

律「OK.OK. ・・・こいつでいいさ」

律「ただし!歌は澪が歌えよ!」

澪「もちろんさ!」



文化祭当日

澪「お前ら!練習するぞ!」

律「悪いな。クラスのやつらが呼んでるんでな」

紬「私も手が離せなくて」

唯「私も」

澪「オイオイ、本番は今日だぞ?あわせくらいやろうぜ?」

律「まあまあ、そう緊張するなって」

律「そんなんだと膜破るときも痛いぞ?」

律・紬「HAHAHAHAHA」



本番一時間前

唯「そろそろ音楽室で練習しようよ」

律「そうだな・・・ってあれ?鍵がかかってやがる」

律「MIOのやつひきこもりやがった!」

律「鍵ごとぶちあけてやろうか!」

紬「ヘイヘイヘイ、待った、待った」

紬「無理やりあけたってしょうがないだろ?ひとつ冗談でもいってやりな」

紬「そうすりゃ音楽室も心の扉も開くってもんよ」

律「なるほど・・・、よし・・・」


ドンドン

律「あ・・・と、扉と話すのは初めてで・・・
  何を話したらいいかわからないんだが・・・」

律「・・・駄目だ」


紬「だらしねぇな。私がやってやるよ」

紬「ノックノック」

澪「誰?」

紬「マダムだ」

澪「なんのよう?」

紬「マ・ダム(畜生)!あけやがれ!」


律「落ち着けって」

律「こうなったらYUI、お前がなんか言ってやれ!」

唯「そ、そんな・・・。冗談なんて私知らないよ」

律「大丈夫だ。私たちはシスターだろ?MUGIも、MIOだって」

律「今まで一緒にいたんだ。きっとMIOも出てきてくれるさ」

唯「そうだね!私がおもしろいこといわないと!」


ドンドン

澪「誰?」

唯「澪ちゃんのシスターだよ。澪ちゃんが不安なのはわかるよ」

唯「でも私たち姉妹でしょ?一緒にいればなんだってできるよ」

唯「もしそれでも不安なら祈ろうよ。シスターにでもなって」


ガチャ

唯「澪ちゃん・・・!そのかっこ、メイド服!」

澪「こいつに着替えてたんだ。みんなも分もあるぜ」

律「・・・なんだ!着替えてたのか!心配させやがって!」

澪「HAHA、勘違いさせて悪かったな。そういえばYUI」

唯「?」

澪「さっきの冗談、最高にイカしてたぜ!」

唯「YEAH!」



本番

澪「Time of FUWAFUWA」

澪 「Time of FUWAFUWA」

ワーッ パチパチパチパチ

澪「聞いてくれてサンキュー!」

澪「いろいろあったがここでこうしてみんなに聞いてもらえてうれしい」

澪「実はここに初めて人前で演奏した仲間がいるんだ」

澪「最後は彼女の言葉で閉めたいと思う」

澪「その名はー!YU---I----」

唯「えっ?」


唯「えーと、so、ahh・・・・軽音部には・・・oh・・・感謝してる」

唯「MIOにも、RITSUにも、MUGIにも」

唯「もちろんここにいるみんなにも」

唯「最後に、家にいる妹に言わせてくれ」

唯「UI!! I DID !!!」

パーパーパラパーパラパパーパララー



おしまい