聡「純さん、誕生日おめでとうございます」


 今日は純さんの誕生日だ。
 純さんの彼氏として、盛大に祝ってあげないと。
 プレゼントは事前に買ってあるし、後は純さんの家に行くだけだ。
 プレゼントをバッグの中に入れ、身だしなみを整えて、俺は家を出た。


 純さんの家に着いた。
 俺はインターホンを押す。

 しばらくすると、純さんが出てきた。

純「お、聡くん。待ってたよ」

聡「こんにちは、純さん。誕生日、おめでとうございます」

純「えへへ……ありがと。さ、入ってよ」

 純さんはそう言うと、俺を家の中に招いた。

聡「お邪魔しまーす」

 俺はそう言うと、家の中に入った。


 階段を上り、純さんの部屋に入る。
 純さんの部屋には、既に梓さんと憂さんがいた。

梓「あっ、聡くん、こんにちは」

憂「こんにちは、聡くん」

 二人に挨拶される。
 なぜか二人共口元が若干緩んでいる。
 うぅ……意外と彼氏って恥ずかしいんだな……
 しかもそれが年上ならなおさらだ。

純「じゃあ、メンバーも揃ったことだし、始めるよ」

 俺達はケーキのロウソクに火をつけ、カーテンを閉めて部屋を暗くした。

憂「ハッピバースデートゥーユ~♪」

梓「ハッピバースデートゥーユー」

聡「ハッピバースデーディア純さ~ん♪」

三人「ハッピバースデートゥーユー♪」

 俺達が言い終わると、純さんは火を消そうとした、が。

 一本だけ残ってしまった。

 俺は反射的に、その最後の一本を消してしまった。

聡「あっ……」

 俺は純さん達の方を見る。
 純さんは赤くなってるし、梓さんはニヤニヤしてるし、憂さんは悪気の無い満面の笑顔でニコニコしていた。
 俺は顔が赤くなったのが自分でも分かった。


 カーテンが開かれ、部屋が明るくなり、お互いの様子がさらに見えやすくなった。

憂「純ちゃんと聡くん、顔真っ赤~」

梓「ホントだ。ラブラブだねぇ~。見てるこっちも恥ずかしくなるよ」

純・聡「……///」

 二人にそう言われて、俺達はさらに顔を赤くする。

梓「初々しいねぇ~」

憂「ホントだよ~」

純「あっ、え~と……うん、乾杯しよう、乾杯!」

聡「そ、そうですね! じゃあケーキ切りましょう!」

憂「あ、ケーキは私が切るよ。」

 俺達は必死に照れ隠しをする。
 もしここに姉ちゃんや鈴木がいたら、もっとヤバかっただろうなぁ……


 ケーキが切られる。
 なぜか俺と純さんのだけ大きい。
 憂さん何気にやってくれるなぁ……

憂「それじゃあ改めて……」

三人「純(ちゃん(さん))、誕生日おめでとう(ございます)!」

純「えへへ……ありがと」

 純さん照れてる。
 まぁ、そりゃ照れるわな。

 しばらくは皆で楽しくおしゃべりしながら食べていたが、憂さんの一言で場は一気に静まり返った。

憂「そういえば、純ちゃんと聡くんって、どういう経緯で付き合うことになったんだっけ?」

梓「あ、それ私も知りたいな~」

純「え~と、それはちょっと……」

聡「えぇ、恥ずかしいですよね」

憂「え~、言っちゃいなよ~」

梓「そうだよ。こんなんで恥ずかしいとか言ってたら、この先どうするの?」

 この二人は何を言っても聞かなそうだな……
 俺達は負けてしまった。


 俺達はこれまでの経緯を話した。

 近くのスーパーで純さんが買い物袋の中身を散らばして、俺が集めるのを手伝って知り合ったこと、その後偶然ゲーセンで会い、遊んだあと連絡先を交換したこと、デートに誘って家まで迎えに行ったとき、俺の親友の鈴木の姉だと判明したことなど、いろいろ話した。

 二人は興味津々な様子で聞いていた。


 話し終わった後も、いいなーとか、青春だねぇとか言われたりして、からかわれた。
 その後もしばらくはおしゃべりをしていたが、またしても憂さんの一言で場が静まり返った。

憂「そういえば、二人はもうキスとかしたの?」

純・聡「えっ!?///」

 なんという不意討ち。
 純粋すぎですよ憂さん!

梓「ちょっ!? う、憂!?」

憂「だ、だって~///」

 気になるのはよ~く分かりますけど……これを話すのは恥ずかしすぎる!

憂「二人とも、もう半年近く付き合ってるし、そのくらいはしたのかな~って」

 えぇキスしましたよ!
 付き合って二ヶ月くらいにね!
 まだその先は進んでないけど!
 でもとりあえず、ノーコメントにしておこう。

 さすがにこれは話せない!

 二人に話せないと言うと、さすがに納得してくれたようだった。
 その後は、憂さんの爆弾発言も無く、プレゼントも渡して、誕生日会は終わりを告げた。
 姉ちゃんに聞いたかいもあり、純さんは本当に喜んでくれた。
 やっぱり純さんには笑顔が似合うなぁ……可愛い。


梓「じゃあね、純、聡くん」

憂「バイバイ純ちゃん、聡くん」

純「バイバイ、憂、梓」

聡「さようなら~」

純「……今日はありがとね。嬉しかったよ」

聡「いえいえそんな……彼氏だったらこのくらいは当然でしょう」

純「フフッ……そうだね」

聡「……」

純「……」

 会話が無くなる。
 こうなったらやることは……一つしかない。

聡「純さん……」

純「聡くん……」





「」






純「……///」

聡「……///」

純「それじゃあ……バイバイ、聡くん」

聡「はい、純さん、さようなら!」

 そう言って、俺は自分の家へと向かう。

 家に帰ったら、姉ちゃんに感謝しないとな……
 俺は先程の純さんの唇の感触を思い出しながら、夕暮れの道を歩いていった――――

         ―END―



2