両親は驚きこそしたけれど、私の決めたことに文句はつけなかった。

 憂は私の妹として平沢家に居つくことになり、小学校にも私の1学年下で通う事になった。

 最初のうちは、憂がもとは人形だという意識がつきまとうこともあった。

 けれど和ちゃんの作ったデータは全くもって人間らしくて、

 すぐに私は、憂が本当は人形だということを、ただ知っているだけになった。

唯「……」

 憂はほんとうに可愛い妹で、

 やっぱり、それだけなんだと思う。

 必死で自分に言い聞かすように、そんなことを思う。

 その時点で私はもう、言い訳もできなくなっていた。

 どうしてそう思うようになったか、理由すらもわからない。

 思いつくことと言えば、憂は何もかも私の理想を満たしていたこと、だろうか。

 とにかく、想いをずっとずっと我慢して、私たちは高校生になった。

 元から家をあけがちだった両親が、さらに帰ってくる頻度を減らすようになった。

 夏のある日、私は和ちゃんと会う機会があった。

 和ちゃんは私の行く所よりうんと頭のいい高校に行ってしまって、

 昔より顔を合わせることは減ってしまった。

 それでも私は、和ちゃんがいちばんの友達だと思っている。

 私のために勉強して、憂に命を吹き込んでくれたのだから。

 そのときに結ばれた私たちの絆は、まだ弱まっていないはずだ。

 私はうきうきした気分で、待ち合わせの喫茶店についた。

 和ちゃんはすでに二人掛けの席に座って、コーヒーの匂いをぼーっと楽しんでいた。

唯「ひさしぶり、和ちゃん」

和「あら、唯。もっと遅れてくるかと思ったわ」

 相変わらずのやさしい表情で、和ちゃんは私を迎えた。

唯「和ちゃんが誘ってくれたのに、遅れるわけないよ」

和「……そうね。唯が遅れるのは唯から誘ってきた時だけだったわね」

唯「だから、もうっ」

 私も真似してコーヒーを頼む。

 ただ苦いのは飲めないから、甘いカフェラテを注文した。

唯「そゆえば、和ちゃんから呼んでくれるなんて久しぶりだね」

 コーヒーが来るまでは他愛のない話をして、

 私はウェイターさんが去ったあと、ちょうど気付いたかのように和ちゃんに言う。

和「言われてみれば、そんな気もするわ」

 和ちゃんは素知らぬふりをした。

唯「憂も呼んであげればいいのに。私と二人きりがいいってこと?」

 話したくないことなら、それでもいい。

 私はくねくね身をよじった。

和「憂……憂ね」

 けれど、和ちゃんはつっこみを飛ばすどころか、深い表情をしてしまう。

 私は腰の動きを止めた。

唯「憂がどうかしたの?」

 なるべく明るい口調で私は尋ねる。

和「何でもないわよ。……憂のことじゃないわ」

唯「じゃあなに?」

 和ちゃんは窓の外に目を向け、コーヒーを一口飲む。

和「実はね。私の弟が一人暮らしを始めたのよ」

唯「……へえっ?」

 てっきり憂の話をされると思っていた私は、ぬけた声を出してしまった。

 頭がまわらなくなり、私はあわててカフェラテを口にする。

唯「うーん、えっと。確か弟くんって」

和「まだ中3よ。……すごく大事な時期よね」

唯「だよね。どうして一人暮らしなんて?」

和「……」

 和ちゃんはスプーンをカップの中でぐるぐる回す。

和「……唯は、考えたことないわよね」

 からん、と高い音がした。

 思えばそれは、私に対する警告音だったのかもしれない。

和「言葉さえ知らないんじゃないかしら。……近親相姦って」

唯「……」

 もしかしたら、私の知っている中で一番複雑な言葉かもしれない。

和「ごめんなさい、変なことを言ったわ。忘れて」

唯「……しってるよ」

 私は和ちゃんの言葉を遮った。

 本当は、知らないと言いたかった。

 私がそんな難しい言葉を知っているなんて、憂への気持ちを疑われてもおかしくないから。

 この気持ちは、誰にだって悟られるわけにはいかない。

唯「近親相姦でしょ。知ってる」

 和ちゃんは私の目を覗きこんだ。

 透徹した瞳が、視神経を通して私の脳をさぐっている。

 「なにか」を疑っているのか、それとも私が知ったかぶりをしていると思っているのか。

 やがて、あきらめたように溜め息を吐いて、和ちゃんは顔を上げた。

和「……唯も色んなことを知るようになったのね」

唯「まあ、ね」

唯「近親相姦かあ……」

 和ちゃんは居たたまれないような顔をしていた。

唯「弟くんが、和ちゃんと?」

和「……違うわ。私はただ、受け入れてただけ」

唯「違うって言うの、それ?」

和「大きな違いよ。……私がどれだけ苦しんでたか分かる?」

唯「分からないな、そんな苦しみなんて」

 私はつい、尖った口調になっていた。

 そのことに素直に苦しめる和ちゃんが、うらやましくて。

唯「どうでもいいじゃん。今はもう別居して、解放されてるわけでしょ?」

和「解放……そうよね。解放されたのよね」

 和ちゃんは横髪を払いのけ、薄く笑う。

和「そのはず、なんだけど」

唯「……」

 喫茶店の冷房はすこし効きすぎている気がした。

 私はカップに口をつけ、熱いカフェラテをぐびぐび飲んだ。

唯「っふぅ……けどさ」

唯「和ちゃんはさ、どうして弟くんを受け入れたの?」

 俯いたままの和ちゃんに、そんなことを訊いた。

和「……ただ、怖かっただけよ」

和「あの子の姉として、年長者として注意できなかった。拒絶できなかった」

和「そうしなきゃ、距離が離れてしまうような気がして、ね。……子供ながら情けなかったわ」

唯「子供ながら、って……」

和「……」

 私は口をつぐんだ。

 和ちゃんは目を閉じて、静かにカップに口をつけただけだ。

唯「……軽音部の子の話なんだけどね」

和「あら、また何かあったの?」

 何事もなかったかのように、私たちはまったく関係のない話を始めた。

 和ちゃんの心の触れてはいけない部分に触れてしまった気がした。

 けれど私はそんなことをしでかしたにも関わらず、奇妙な高鳴りを感じていた。

――――

 私は和ちゃんを送った後、すぐに家へ帰った。

 洗濯物を取りこみ終えた憂が、重たそうに衣服の塊を運んでいた。

憂「あ、お姉ちゃんおかえり!」

 家事を任せてほったらかして、自分は友達と遊んでいた私に、憂はにっこり笑って迎えてくれる。

唯「ただいま、憂」

憂「今日暑かったね。のど渇いてない? お茶いれるよ」

 私が後ろめたさを感じながら答えると、憂はまた嬉しそうに笑って、

 抱えていた洗濯物をソファに置いて台所に向かおうとする。

唯「ねぇ、憂」

憂「なあに、お姉ちゃん。あ、和ちゃんどうしてた?」

唯「……憂。お茶はいいよ」

憂「そう?」

 憂は持っていたグラスを戸棚に戻して、私のほうに向きなおった。

唯「お話があるの。聞いてくれる?」

憂「お話? うん、聞かせて」

 私は憂の前にやってくると、ぐっと体ごと抱き寄せた。

 余計な言葉は言いたくなかった。

憂「お、お姉ちゃん?」

 きつく抱きしめれば、あとは一言だけで伝わるはずだから。

 私は憂の匂いを鼻腔に感じながら、そっと口を開いた。

唯「……すき」

憂「……」

 深い呼吸を一度。

唯「好きだよ、憂」

 そして、また言った。

 憂は小さく震えていた。その震えを止めてあげるように、さらに憂を近くに寄せる。


4