――――

律「ムギ…さっきはからかったりして悪かったよ」

律「出てきてくれよ……」

中学生A「あれお前の姉ちゃんじゃね?」

聡「ホントだ。何か独り言つぶやいてる」




聡「ねえ…ちゃん?」

律「おう、聡」

聡「どうしたんだよ」

律「お前に言っても分かんねーよ」

聡「そんな言い方するなよ、教えてよ~」

律「…ほら、ムギって知ってる?前家に来た」

聡「ああ、あのおっとりしてる人?」

律「そうそう。そのムギがさ…」

聡「乳輪オバケとなって集落を襲ってる!?」

律「早く退治しないとやばいんだ!お前もムギを見つけたらすぐ知らせてくれ!っじゃあな!」

聡「分かったよ…ってもう行っちゃった」


中学生A「おい田井中!」

聡「なんだよ」

中学生A「俺たちが先に乳輪オバケ捕獲しちゃおうぜ!」

聡「えぇ?別にそこまでしないでもいいだろ」

中学生B「何言ってんだ!行くぞ」

聡「何でそんなに張り切ってんの?」

中学生A「だって、見たいじゃん …おっぱい」

聡「ですよねっ!」


――――

澪「ムギー!居たら返事してくれムギー!」


紬「……澪、ちゃん」

澪「ムギ!こんなところに隠れてたのか!」

紬「……」

澪「そんな格好で外に出たら襲われちゃうぞ」

紬「私みたいな巨乳輪女なんて誰も相手にしないもん!」

澪「拗ねるなよ」

澪「唯も律も反省してるみたいだから」

紬「もしかしてみんなで私を探してくれてたの?」

澪「まあね」

紬「ごめんなさい…私みんなに迷惑かけちゃったわ」

澪「ううん、悪いのは律たちだよ」

澪「あっそうだ。みんなにメールしなきゃ」

To 唯   [複]
Sub ムギ発見!
──────
ムギいたよ。
ファミレスの側です。
梓はムギの服と荷物
持って来てくれる?


澪「送信!」


――――

梓「あ、メール…澪先輩からだ」

梓「わぁ!ムギ先輩見つかったんだ!良かったぁ」

梓「あっそうだ、純に知らせなきゃ」

梓「『ムギ先輩ファミレスの側で見つかったって』…っと。送信」



律「澪からメール!…へぇ。ムギ見つかったのか」

律「良かった。聡にも一応報告しとくか」

律「……」

律「もしもし?聡か?」

律「ムギの奴無事見つかったそうだ」

律「うん澪が。ファミレスの近くだってさ」

律「じゃあそういうことだから。もし探してくれてたんならありがとな」


――――

中学生A「お姉さん、なんだって?」

聡「うん。ああ、乳輪オバケ捕獲されたらしいよ」

中学生B「マジで!?」

中学生A「見に行こうぜおっぱい!」

聡「おう!ファミレスのそばだってさ」



唯「澪ちゃんからメール来たよ。ムギちゃん見つかったって」

憂「ホントに!?よかったねぇ!」

唯「ファミレスの側にいるんだって。すぐ行こ!」

憂「そうだね!」


通行人A「ファミレスだって」

通行人B「琴吹の御嬢さんが乳丸出しで突っ立ってるのか…ゴクリ」


――――

律「ムギ……」

紬「あ、りっちゃん」

律「その、悪かったよ。本当にゴメン!」

紬「…もういいよ。心配かけてごめんね」

澪「あとは唯と梓が来るのを待とう」

律「うん」

律「こっちに猛スピードで駆けてくるの、アレ唯じゃない?」

澪「ホントだ。憂ちゃんもいる」


だだだだだっ

唯「ムギちゃん!」

紬「ゆ、唯ちゃん」

唯「良かった!もしムギちゃん(の乳輪を見た人)に何かあったら私……」 グスン

紬「私は大丈夫だから、泣かないで、ね」

唯「うん…ごめんなさい……」

憂「あの、」

紬「どうしたの憂ちゃん?」

憂「さっきからどんどん…人が増えてませんか?」

澪「えっ」

律「そう言えば…確かに」

紬「心なしか視線を感じるわね」




通行人A「あれが琴吹さんのおっぱいだよ」

通行人B「お金持ちって乳輪までゴージャスなんだね」

中学生A「おい、見ろよあれ」

聡「軽くトラウマになるわ」

中学生B「」 シュッシュッシュッ

ジャズ研部員A「あれが紬先輩のおっぱい・・・ゴクリ」

純「本当に乳輪おっきいね」

ジャズ研部員B「肖りたいね」

純「それはないかな」


唯「人だかりができてる!」

憂「(純ちゃん……)」

紬「恥ずかしいよぉ」

澪「ねえ、何で聡までいるの?」

律「私は知らない……」





    「乳輪でけぇ!」
「乳神様じゃ!」    「乳神様の祟りじゃあ!」
           「特殊メイクか何か?」
     「初めて見た生パイがこんなだなんて」
               「むしろ俺得」      「3.141592……」
 「シュッシュッシュッ」          「生きてて良かった」
     「日本四大がっかりおっぱい」


澪「梓ぁぁ!早く来てくれぇぇ!!」


紬「もうやだ……グスン」

梓「遅くなっちゃってごめんなさいホントに」

律「全部私たちが悪いんだ。ムギをこんなに傷つけることになるなんて…」

唯「全く馬鹿なことしちゃったよ」

紬「……」

澪「私はムギのおっぱい嫌いじゃないよ?」

紬「今更…気休めなんて…聞きたくないよぉ……」 ポロポロ

澪「……」

澪「ムギ、今からちょっと来てほしいところがあるんだ」

紬「どこも行きたくない!」

澪「いいから付いて来て。そんな遠くないから」

紬「……うん」






紬「ここは、美術館?」

澪「うん。たまに来るんだ」

紬「そうなんだ。私はあんまり…」

澪「そう?ムギってこういうとこ好きそうなイメージあったよ」

紬「ううん、嫌いじゃないんだけど」

澪「今私の好きな画家の個展やっててね」

紬「誰?」

澪「ギュスターヴ・クールベって人」

紬「知らないわ」

澪「そっか。まあとにかく入ろうよ」

紬「う…うん」

澪「この絵をムギに見せたかったんだ」

紬「『波の中の女』…?」

澪「うん。よく見てごらん」

紬「あっ」

澪「大きいだろ?乳輪」

紬「ええ、大きいわ。でも……」

紬「でも、とっても綺麗な女の人ね」

澪「私もそう思うよ。だからムギもな」

澪「もっと堂々としてていいんだよ」

紬「私も?」

澪「ムギは綺麗なんだから」

紬「そう…かな?」テレテレ

澪「そうだよ」

紬「でもやっぱり乳輪が大きいのはマイナスよね」

澪「そんなことない!」

紬「えっ?」

澪「知ってるか?ヤップ島で未だにデカい石のお金が使われているのは大きな乳輪に肖っているからなんだ」

紬「そうなんだ?」

澪「楊貴妃がどうして玄宗皇帝に溺愛されたか知ってるか?」

紬「知らないわ」

澪「乳輪が大きいからさ」

紬「そうなんだ?」

澪「どうして築山御前が夫・徳川家康に殺されたか知ってるか?」

紬「知らないわ」

澪「乳輪が小さかったからさ」

紬「澪ちゃんって博識なのね~」

澪「そ、そうでもないよ?」 テレテレ

澪「だからね、ムギも自分の乳輪に自信持っていいんだよ」

紬「うん」

澪「私は結構好きだぞ」

紬「ありがとう澪ちゃん。私元気出たわ!」

澪「そりゃ良かったよ。じゃ、帰ろうか?」

紬「うん!帰ろっ」 ぬぎぬぎ

澪「何で脱ぐの?」

紬「だってみんなに見てもらいたいもの!」 ぽよんっ

澪「」


こんばんは、澪です。
ムギが失踪したときはどうなるかと思ったけど
明日からもいつも通りのにぎやかな軽音部、平和なティータイムが続くのでほっとしてます。
でも何故か、ムギが服を着なくなりました。
何度着ろと言っても聞いてくれません。丸出しです。
最近本格的に寒くなったので風邪でもひかないか心配です。

おわり



10