律「あはは~」

唯「あはは~」

紬「うふふ~」



澪「待てっ!私のマンコ返せ!世界でたった一つだけの私のマンコ返せっ!!」



あはは~あはは~あははのは~…


律「ぺたり」

澪「こらっ!私のマンコをデコにつけるなっ!!」

唯「そいやっ!」バシッ!!

澪「殴るなっ!」

紬「きえええええいっ!!」ゲシッ!!

澪「蹴るなっ!!」

梓「んっはぁっ!ぺろぺろっ!ぺろぺろおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!」

澪「舐めるなっ!」


律「…ぐすん」

澪「まったく!ちょっと気を抜いたらすぐ剥ぎ取るんだから…」

唯「澪ちゃん、クリトリス落としてるよ」

澪「あっ、ゴメン」ペタリ

紬「」

梓「先輩、いい加減練習したほうがいいと思いますよ」ペロペロ

澪「そうだな。なら私のマンコ舐めるのやめろ」

律「じゃあいくぞ~、ワンツースリーフォーワンツー 」


―――――――――――――――――


ジャジャ、ジャジャ、ジャィアン…



澪「…ふぅ、まぁこんなもんか」

唯「澪ちゃん、またクリトリス落としてるよ」

澪「あ、ゴメン」ペタリ

梓「先輩、そろそろ私のおマンコ舐めるべきだと思います」

澪「そうか、じゃあ自分で舐めてろ」

梓「そんな…っ!先輩!あんまりですっ!」ボロボロッ…

紬「わたし、」

律「そぉれっ!」ベリベリッ!

澪「ああああっ!また私のマンコ剥がしたなっ!?清潔かつ無味無臭の私の処女おまんこ剥がしたなっ!?待てバカ律っ!!!」

律「や~いや~い」



律「…ん?」


「…ぁ」


律「な…何だよ」


「…パ……ぁ……」



律「ひっ…!何だよコレ…。何なんだよコレっ!?」ガタガタ…






「ク・・・ぱ・・・・ぁ・・・」





「くぱぁ」


律「うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああっっ!!!!!!!」




バクンッ!!!!!



唯「いやああああああああああああああああああああああありっちゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああんっ!!!!」


―――――――――――――――――


律「あ~びっくりした」

澪「まったく…私のおマンコ剥がすからそんな目に合うんだぞ!」

律「ごめんごめん、もうしないってば」

唯「澪ちゃん、クリトリス剥けてるよ?」

澪「あ、ゴメン」モドシモドシ…

梓「じゃあそろそろ練習再開しましょうか」クチュクチュ

澪「そうだな、私のおマンコに指いれるのやめろ」

紬「じゃあ私、お茶の準備をするね」

澪「待て、それよりも練習だ」

律「え、ティータイムがいい」

澪「練習だ」

律「ティータイムだ」

澪「練習っ!!」

律「ティータイムっ!!」



ガラッ!!!!









和「そうなんだ じゃあわたし 生徒会いくね」





澪「……」

律「……」

唯「……」

紬「……」

梓「……」

――――――――――――――――――――


和「いやああああああああああああああああああああああっ!!!!やめてっ!はなしてっ!!生徒会いかせてええええええええええええええええええええええええええええええええっ!!!!!!」

唯「さぁ、お前の罪を数えろ」

和「死んじゃうっ!私生徒会行かないと死んじゃうううううううううううううううううううううううううっ!!!!!!」

澪「絶望こそが、お前のゴールだ」

和「ごめんなさいっ!もう生徒会行くなんて言いませんっ!だからっ!だから生徒会いかせてええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええっ!!!!!!」

律「私は、だぁれ?」

和「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!!!生徒会っ!ぜ い゛ど が い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛っ!!!!!!!!」

梓「我輩は猫である」

紬「名前はまだナインティーナイン」

和「セ……イ……ト・・・・・・」



―貴方がこれを読む頃には、私は消されているでしょう―


    ―誰かこの謎を解いてください。―


      ―それだけが私の望みです―


      ―それだけが私の望みです―









     ―大事な事なので二回書きました―


                   真鍋 和



終わり



4